東京大学基金ホーム > 寄付のしかた > 遺産の寄付 > 遺言によるご寄付(遺贈)

遺言によるご寄付

遺贈をお考えのかたへ

資産の遺贈を希望される方々のために、東京大学基金では信託銀行・銀行と提携しております。相続財産目録の作成から遺産分割手続きの実施まで、煩雑な相続手続きを信託銀行・銀行が代行いたします。ご寄付に対しては相続税法上の優遇措置(寄付金控除)が受けられます。

遺贈とは

「遺贈」とは、遺言書をつくり、遺す財産を相続人以外の特定の人や団体に贈ったり、寄付することをいいます。一部またはすべての財産の受取人として、東京大学基金を指定することによって、研究と教育という活動を通じ、時空を越えて知を継承し、ご遺産を役立てることができます。

相続税について

大学にご寄付頂いた財産について相続税はかかりません。
相続税申告期限内にご寄付いただければ、本学発行の寄付金領収書を申告の際に税務署に提出されることで相続税は免除されます。

遺言信託によるご寄付の流れ

1

【東京大学基金】事前のご相談

ご相談いただいた方でご希望があれば、東京大学基金の提携銀行をご紹介いたします。

◆ 相談窓口 東京大学基金事務局
Tel:03-5841-1217 E-mail:kikin@adm.u-tokyo.ac.jp

◆ 基金事務局を経由せず、直接下記提携銀行へご相談いただくことも可能です。
三井住友信託銀行  0120-977-641  ※平日 9:00~21:00 土・日・祝日 9:00~17:00
みずほ信託銀行   0120-087-555  ※9:00~17:00(土・日・祝日銀行休業日を除く)
三菱UFJ信託銀行   0120-349-250  ※平日・土・日9:00~17:00(祝日等を除く)
三井住友銀行     0120-338-518  ※平日9:00~17:00

2

【信託銀行・銀行】遺贈による寄付を含む遺言に関するご相談

信託銀行・銀行への遺言書内容のコンサルテーションおよび事前のご相談は無料です。
遺言書の作成・保管・遺言執行については各信託銀行・銀行の定める手数料・報酬が必要となります。

3

【信託銀行・銀行】遺贈書の作成

信託銀行・銀行の遺言信託業務に基づき遺言書を作成します。

4

【信託銀行・銀行】遺贈書の保管・管理

信託銀行・銀行が遺言書の保管を行い、遺言内容の変更に関わる管理を行います。

5

【信託銀行・銀行】遺言の執行

信託銀行・銀行が御逝去の連絡を受け、遺言内容の執行業務を行います。

6

【信託銀行・銀行】遺産分割の実施、および東京大学基金へのご寄付

信託銀行・銀行が、遺贈者のご遺志に従い、相続人等への遺産配分および東京大学基金への寄付を行います。

7

【東京大学基金】ご寄付の受入

教育研究活動の強化などに、大切に活用させていただきます。

資料請求について

さらに詳しくは、遺産寄付に関する資料にございます。東京大学基金では、日頃お問い合わせいただく遺産のご寄付の方法と、税金の取扱いをまとめた資料をご用意しています。
ご希望の方は、下記お申込みフォームよりお申し込み下さい。

資料請求はこちらから

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。