東京大学基金ホーム > プロジェクトカテゴリ一覧 > その他の寄付募集企画 > 新領域創立20周年記念基金

東京大学大学院新領域創成科学研究科 「新領域創立20周年記念基金」

ご挨拶とご寄付のお願い

誰も知らない未開拓領域に臨み、知の最前線を拓く。
その冒険に、あなたも参加してみませんか。

新領域創成科学研究科長 三谷 啓志 日頃より東京大学大学院新領域創成科学研究科の活動に対してご理解とご支援を賜り、篤く御礼申し上げます。

 新領域創成科学研究科は、「学融合」の理念を掲げて21世紀における新たな学問領域を創出することを目指し、東京大学の全学的支援のもとに多様なバックグラウンドを持つ教員研究者が全学および内外の研究・教育機関から結集して、1998年に創設されました。2000年には、本郷キャンパス、駒場キャンパスに続く東京大学の第三番目の極であり、豊かな緑と先進的な都市機能が融合された未来志向都市の中核をなす「柏キャンパス」(千葉県柏市)という拠点を得て、その名が示す通り、常に知のフロンティアを求めて挑戦してきました。

 「基盤科学研究系」、「生命科学研究系」、「環境学研究系」に属する11の専攻と研究科が実施する博士学位プログラムである「サステイナビリティ学グローバルリーダー養成大学院プログラム」、そして、それぞれに特徴ある5つの研究所センターから構成される本研究科には常時、各分野をリードする180名余の教員と1,370名余の学生が在籍し、ナノ、物質・材料、エネルギー、情報、複雑系、生命、医療、環境、国際協力などの専門性とそれらの相互刺激のもとに、伝統的な学問体系では扱いきれなくなった現代の様々な課題を俯瞰的に捉えた研究、教育を推進しています。

 この度、研究科の創立20周年を記念して、「新領域創成科学研究科20周年基金」を設けました。未知の分野を開拓し、研究と教育を高い水準で維持・発展させていくためには、安定的な財源を確保することが非常に重要となります。この資金を通じて次のような事業を強力かつ持続的に実施することによって、人類が直面する新しい課題に挑み続ける科学と、21世紀の地球社会を、担う次世代人材の育成を進めてまいります。

  • 領域横断型の高度人材育成プログラムの構築と実施
  • 日本人学生・留学生の修学支援、研究教育環境の整備
  • 未来の科学や産業の基礎となりうる学融合的シーズ調査・研究の推進
  • 大学の知を新しい社会構築につなげる地域連携プロジェクトの推進
  • SDGs (Sustainable Development Goals) の実現につながる各種プロジェクトの推進

 皆様の篤いご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

新領域創成科学研究科長
三谷 啓志

新領域創成科学研究科 環境棟新領域創成科学研究科 環境棟

「新領域創立20周年記念基金」の独自の特典

 柏キャンパス基盤科学研究棟にマイクロ銘板を掲示いたします。
 「新領域創立20周年記念基金」に一括で3万円以上のご寄付をいただいた方のお名前を刻印した銘板を、基盤科学研究棟に掲示し末永く顕彰させていただきます。銘板は微細加工技術を活用して研究科教員によりマイクロ銘板として製作され、展示されます。ご来学の折には顕微鏡でご覧いただけます。

※「東京大学基金」の特典税法上の優遇措置も適用されます。

ご寄付のお申込み

新領域創立20周年記念基金へのご寄付については、入力画面の寄付目的に「その他」が選択されていることをご確認のうえ、「その他」の欄に「新領域創立20周年記念基金」とご入力ください。

ご寄付のお申込みはこちらから↓(寄付目的はすでに選択されていますので変更不要です)

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧