東京大学基金ホーム > 寄付の特典 > 活動報告会 > 東京大学基金第7回総長主催パーティー

東京大学基金第7回総長主催パーティー

写真:東京大学基金第7回総長主催パーティー

「東京大学基金 感謝の集い」(第7回総長主催懇談会)開催
今季一番の暑さとなった2013年7月10日(水)、第7回目となる「東京大学基金 感謝の集い」が本郷キャンパスの伊藤国際学術研究センターで開催されました。当日は、「貢献会員」(累計30万円)以上の東京大学の学外個人寄付者をご招待し、全国各地から55名の方々がご来場されました。開会までの時間は、現在、伊藤国際学術研究センターに移設掲示中の銘板でご自身のお名前をご確認いただいたり、会場内に展示された国宝島津家文書「江戸大地震之図」の複写(パネル)や資料をご覧いただきながら、過ごしていただきました。午後4時30分に開始されました「感謝の集い」は、2012年度東京大学基金活動のご報告、大学院理学系研究科 須藤靖教授の講演会、そして総長主催懇談会と、あっという間に楽しい時間が過ぎていきました。

写真:会場内に展示された国宝島津家文書「江戸大地震之図」の複写(パネル)や資料

2012年度活動報告

写真:清水秀久渉外本部長

伊藤謝恩ホールにて渉外本部長の清水秀久より2012年度東京大学基金活動の報告がなされました。  当日お配りした「東京大学基金2012年度活動報告書」に基づき、昨年度の寄附申込総額、その内訳、主な目的指定の内容などについて報告いたしました。

講演会「もうひとつの地球の色:ペイルブルードットを超えて」

写真:須藤靖教授

今回は、東京大学大学院理学系研究科 須藤靖教授による「もうひとつの地球の色:ペイルブルードットを超えて」と題した講演を行いました。太陽系外惑星探査などの専門的な内容にとどまらず、身近なトピックスから文学の話題まで広がり、須藤教授のユーモアたっぷりの講演に寄付者の方々も引き込まれた様子で、最後まで大いに楽しんで頂きました。普段なかなか聞くことができない東京大学ならではの学術講演は聞き応えがあったといった感想を頂きました。

懇談会

写真:濱田純一総長

その後、伊藤謝恩ホール併設の多目的スペースに場所を移し、第二部として「総長主催懇談会」が総長、役員、部局長の出席のもと開催されました。冒頭の濱田純一総長からの挨拶では、寄付者の皆さまへの御礼に始まり、社会からの大学への期待、特にグローバル人材育成に対する大学への期待を受け止めて、現在、秋入学の提案に始まった総合的教育改革に大学を挙げて取り組んでいる現状を説明するとともに、活力となるようなイノベーション・創造的な技術開発への期待が高まっていることに応えるべく、これまで以上に研究面でも強化していく旨の発言がありました。最後に、東京大学が世界のリーディング大学と肩を並べ、さらに発展するためには、強固な財政基盤が不可欠であることから、皆さまからの更なるご支援をお願いいたしました。 江川雅子理事の乾杯の挨拶の後、会場では本学関係者と個人寄付者の方々との活発な交流が展開され、盛況の中、清水渉外本部長の謝辞で19時過ぎに閉会となりました。


「貢献会員」以上の学外個人寄付者様を対象にした「感謝の集い」は来年度も開催予定です。               今後とも、東京大学基金へのより一層の御理解、御協力の程よろしくお願いいたします。

※本学関係者所属、肩書きはすべて開催当時のものです。

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧