東京大学基金ホーム > 寄付の特典 > 活動報告会 > 東京大学基金第8回総長主催パーティー

東京大学基金第8回総長主催パーティー

「東京大学基金 感謝の集い」(第8回総長主催懇談会)開催

 関東も梅雨入りし、朝から雨が降り続いた2014年6月11日(水)、第8回目となる「東京大学基金 感謝の集い」が本郷キャンパスの小柴ホールおよび山上会館で開催されました。当日は、「貢献会員」(累計30万円)以上の東京大学の学外個人寄付者をご招待し、お足元が悪い中、全国各地、また今年はアメリカからの寄付者も含めて91名の方々にご来場いただきました。開会までの時間は、現在、伊藤国際学術研究センターに移設掲示中の銘板でご自身のお名前をご確認いただきながら過ごしていただきました。午後4時30分から開始されました「感謝の集い」は、2013年度東京大学基金活動のご報告、高齢社会総合研究機構の秋山弘子特任教授の講演会、そして総長主催懇談会と、あっという間に楽しい時間は過ぎていきました。

会場の様子
講演会の様子

2013年度活動報告

写真:山路一隆渉外本部長

 小柴ホールにて渉外本部長の山路一隆より2013年度東京大学基金活動の報告がなされました。当日お配りした「東京大学基金2013年度活動報告書」に基づき、昨年度の寄付申込総額、その内訳、主な目的指定の内容や活動成果などについてご報告・ご紹介いたしました。特に「総合的な教育改革」に連動した教育プログラムや奨学金制度について、昨年度は大きな成果があった旨の報告がありました。

講演会「長寿社会に生きる」

写真:秋山弘子特任教授

 今回は、東京大学高齢社会総合研究機構の秋山弘子特任教授による「長寿社会に生きる」と題した講演が行われました。超高齢社会で生きていくなかでの個人、そして社会構造やコミュニティのありかたの変化などについての講演に、寄付者の方々も熱心にお聞きになっていました。秋山特任教授のお話は軽快で、示唆に富んでおり、「長寿社会」という共通の課題に、大きくうなずかれている参加者の方も多くいらっしゃいました。

懇談会

写真:濱田純一総長

 その後、山上会館「ラウンジ・ハーモニー」に場所を移し、第二部として「総長主催懇談会」が総長、役員、部局基金設置部局の部局長等の出席のもと開催されました。冒頭の濱田純一総長からの挨拶では、寄付者の皆さまへの御礼に始まり、研究と教育の環境整備に向けた皆さまからの更なるご支援をお願いいたしました。江川雅子理事の乾杯の挨拶の後、会場では本学関係者と寄付者の方々との活発な交流が展開されました。特に今年は部局基金や特定基金プロジェクトの責任者である部局長や教員が出席したため、寄付者の方とプロジェクト関係者の教員の間で、教員から寄付のお礼やプロジェクトの進捗状況を報告する様子があちらこちらで見られました。また、報告会で講演をされた秋山特任教授の周りには、質問をされる寄付者の方が大勢集まっていました。さらに、会場に特別展示された現在改修工事中の安田講堂の椅子を見ながら「ここに名前が刻まれるのですね」と確認されている寄付者もいらっしゃいました。
 会の途中では、東京大学運動会応援部の演舞も披露され、「ただ一つ」を寄付者と学内関係者が一緒に歌い、大変盛り上がりました。そして、盛況の中、山路渉外本部長の謝辞で19時過ぎに閉会となりました。

応援部演舞
東京大学への力強いエール

安田パネル 安田椅子 安田レンガとランプ
改修工事中の安田講堂に関する特別展示。(左から)歴史を伝える写真パネル、安田講堂の椅子(現物)、新聞記事の切り抜き・レンガ・ランプ。


「貢献会員」以上の学外個人寄付者様を対象にした「感謝の集い」は来年度も開催予定です。               今後とも、東京大学基金へのより一層の御理解、御協力の程よろしくお願いいたします。

※本学関係者所属、肩書きはすべて開催当時のものです。

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧