東京大学基金ホーム > 寄付のご報告・成果

寄付のご報告・成果

東京大学基金 申込総額は23.9億円

東京大学基金2017年度の寄付金活動は、皆様からの温かいご支援により、総額23.9億円に達しました。東京大学基金に対しまして深いご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
皆様のご寄付は「東京大学基金」を柱として積立て、運用原資として活用させていただくとともに、寄付の目的に沿ってそれぞれの事業の支援に充てております。


ご寄付いただいた皆様へ

「知の協創の世界拠点」の形成に向けて

写真:東京大学総長 五神 真

東京大学は、多様な人々が集い、互いを尊重し合いながら知恵を出し合い協力する場を提供し、人類社会をより良い方向へ導くための、新たな社会の仕組みを提案していきたいと考えています。私たちは、昨年の指定国立大学法人への認定申請を期に、「地球と人類社会の未来に貢献する『知の協創の世界拠点』の形成」という構想を全学でまとめ、この指定国立大学法人の制度を生かして、東京大学がより良い社会への変革を駆動すると宣言しました。今後も全学の総力を結集し、社会と大学がこれまで以上に強い信頼関係を持って、一緒に力強く行動していきたいと思います。皆様の温かいご支援、ご協力をお願い申し上げます。

東京大学総長 五神 真

より自律的な経営基盤へ

昨年、東京大学は大きな節目を迎えました。2017年4 月に国立大学法人法が改正され、指定国立大学法人に指定された本学は、より経営力を高め、より自律的に運営することによって、高い水準の教育研究を行うことが求められています。この取組を着実に進めるために重要なことは、私たちが持っている資源を有効活用することに加え、財政基盤の多様化に取り組むことです。東京大学は、2004年の法人化を機に「東京大学基金」を設立し、様々な取組を推進してまいりましたが、今後も大切な資源を効果的に活用しながら、新たな発想をもって改革に取り組んでまいります。今後ともより一層のご支援を賜りたくお願い申し上げます。

東京大学 大学執行役・副学長 社会連携本部長 藤井 輝夫

活動報告書PDF版はこちら


奨学生の声

東京大学では、28,000人を超える学生に教育の機会均等を保証し、志高い学生に学びの機会を提供するため、経済的支援や奨学金制度を各種実施しております。しかしながら、学生の学問への熱意とは裏腹に、未だ一部の学生は経済的に困難な状況にあり、また、多くの留学生の生活上の様々な問題は依然として十分な解決をみておりません。
国際的な大学間競争の中、欧米の大学に劣後しない充実した奨学金制度や生活支援の充実は喫緊の課題となっております。
東京大学基金は、社会の皆様とともに各種奨学プログラムを充実させ、魅力ある教育研究環境を学生に提供してまいります。ぜひ次世代を担う学生をご支援ください。

  • Go Global奨学生(派遣学生)の声
  • 外国人留学生の声
  • PEAK奨学生の声
  • さつき会奨学生(女子学生)の声

基金の成果

皆様からいただいた寄付の成果をご紹介

御礼 山上会館リノベーション事業完了

2017年10月に工事が始まった山上会館のリノベーションが無事完了し、2018年10月11日より営業を再開しています。本事業に多くのご寄附をお寄せいただきました...

2018.10.18更新

平成30年度「東京大学 長島雅則奨学基金奨学生との交流会」

平成30年度「東京大学 長島雅則奨学基金奨学生との交流会」

平成30年度「東京大学 長島雅則奨学基金奨学生との交流会」 長島雅則様  7月26日(木)に「東京大学 長島雅則奨学基金奨学生との交流会」が、理学部1号棟「Go...

2018.07.30更新


「平成30年度 東京大学さつき会奨学金受給者証書授与式」を開催しました。

 平成30年5月30日(水)に、「東京大学さつき会奨学金受給者証書授与式」が、駒場キャンパスファカルティハウスにて開催されました。  本奨学金は、本学へ入学する...

2018.06.29更新

活動報告会

貢献会員の方々を招待し、開催しております活動報告会のレポートです。

東京大学基金第12回総長主催パーティー

「東京大学基金 感謝の集い」開催

2018.07更新

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧