銘板 in 安田講堂

東大のシンボル、「安田講堂」
伝統の大講堂にあなたのお名前を

東京大学基金に30万円以上のご寄付をいただいた方(貢献会員以上)には感謝のしるしとして、お名前を銘板に刻印し、東京大学のシンボルである安田講堂に末永く顕彰させていただきます。

myn_pic01.jpg

東京大学大講堂(安田講堂)の建設は、1921年、合名会社安田保善社の創設者である安田善次郎氏による110万円の寄附を受けて計画されました。工学部の内田祥三教授が基本設計を行い、岸田日出刀技師の参画も得て、合資会社清水組の施工により1925年に竣工しました。安田講堂は1996年に国の登録有形文化財に指定されましたが、2011年の東日本大震災により一部被害を受けました。それを受けて行われた2013年から2015年にかけての改修工事では、耐震補強・バリアフリー化に加え、建設当初の計画案に近づけることを目指しました。

安田講堂は本郷キャンパスのほぼ中央、正門の正面に位置し、完成以来各種式典の会場であることはもとより、東京大学の象徴としての役割を担っています。

 

 銘板の種類 

安田講堂銘板の種類

 
 銘板の設置場所 

銘板風景(R6.5).PNG
 

 銘板について 

・銘板はご寄付の累計額に応じて作成いたします。
・銘板には原則寄付の「領収書名義」を掲載いたします。
*本学のルールに則り、掲載名のご希望に添えないこともございますので、ご了承ください。
・最大文字数の目安は、14文字×2行=28文字(貢献会員の場合)です。(姓名間の空白を含む)
 

 銘板見学について 

・安田講堂内は通常開放されていないため、いつでもご覧いただけるわけではございません。そのため、銘板見学会を年に2回程度開催し、ご覧いただける機会を設けております。
・見学会については、該当の方にハガキもしくはメールでご案内を差し上げます。また、メールマガジン・東京大学基金ページでもお知らせいたします。

 

 銘板作成までの流れについて 

・ご入金確認後、最長8ヶ月程度で銘板を作成いたします。
・掲示名のご希望などを確認するメールをお申込者様あてに別途お送りいたします。作成不要の場合もこのタイミングでお知らせください。
・銘板は年3回ほど新規作成・ランクアップの方のものを設置しております。