自転車部支援基金

誰よりも速く、誰よりも強く。

PJ画像

プロジェクト設置責任者

運動会 自転車部

今年度寄付総額
0円
今年度寄付件数
0件
現在の継続寄付会員人数
0人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

誰よりも速く、誰よりも強く。

東京大学自転車部は1956年創部、約400名のOB組織を持つ伝統ある運動部です。主に自転車競技を行う競技班と自転車旅行を中心活動とする旅行班に分かれています。
競技班は、100km~200kmの長距離のレースから競技場でのトラック競技まで参加しています。高校時代に自転車競技をやっていた者は1人もいませんが、2009年インカレロード優勝・2012年全日本学生ロードタイムトライアルではチーム4位、個人1位。全日本選手権ロード出場3名など多数の部員が優勝や入賞し、スポーツ推薦のある強豪校を凌駕する結果を出しています。
旅行班は、自分と向き合い仲間と助け合って世界を旅しています。どんなに苦しくてもペダルをこぎ続ければ必ず越えられること、辿り着いた達成感と自然との一体感が合わさる事により日常世界の中にも思わず見とれてしまう風景があることに気づかされます。

after_1.jpg

s_3.jpg
 

基金の趣旨

競技班は試合の遠征・機材運搬にワゴン車が不可欠です。旅行班も五月祭、駒場祭のノンストップランに伴走車としてその部車を使用しています。現在の部車(レジアス)の走行距離が20万キロに迫っており、基金で更新出来るよう願いしたいと思います。
また、競技班は今年のインカレが鹿児島開催なのを始め、毎週のように全国規模での遠征があり遠征費の負担が多額になっています。機材も全日本レベル相応のものは高額です。それらに対しての補助も予定しています。

after2.JPG

関連URL

このプロジェクトに寄付をする

自転車部4年浦佑樹君が全日本学生選手権個人ロードレースで優勝

2015年06月19日(金)

PJ画像0
ゴールの瞬間 (撮影:深井文浩)

6月14日に長野県木祖村の奥木曽湖周回コースで行なわれた第27回全日本学生選手権個人ロードレース(主催:日本学生自転車競技連盟)で、自転車部4年浦佑樹君が優勝しました。

コースは、奥木曽湖周回コース(9km)を20周し、最後に柳沢尾根公園まで8%の上り1kmでゴールする全長181kmでした。日本強化指定選手を中心とした前半の攻防から、ラスト37kmで抜けだし、ラスト25kmを独走した浦選手が4時間34分16秒でゴールしました。空気抵抗の影響が大きい自転車競技では独走は圧倒的に不利な状況であり、残り1周では5秒差まで詰められました。しかし、鍛えた体力と精神力で、最終5kmからのワインディング区間で驚異的なペースアップをして一気に1分近くまで差を広げ、最終的には2位に32秒差をつけてゴールするという見事な優勝でした。
 東京大学自転車部の全国制覇は3人目です。西薗良太君が2009年に学生個人タイムトライアルとインカレロードを、安井雅彦君が2012年に学生個人タイムトライアルを制し、今回の学生選手権個人ロードの優勝は浦佑樹君が東京大学として初めて遂げたものです。
2.jpg
独走する浦選手 (撮影:深井文浩)

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
******** 2015年09月02日 10,000円 ツールド北海道 出場おめでとうございます!
ささやかですが、自転車部活動の足しにしていただければ幸いです。
<自転車部支援基金>
木原 久隆 2013年06月27日 50,000円 自転車部は海外で活躍する様なプロ選手が続出しています。現役選手も文武両道で頑張って下さい。
<自転車部支援基金>
笹岡 達男 2012年11月24日 66,000円 自転車部の新しい部車に出会えることと、部員諸君の更なる活躍を期待します。
<自転車部支援基金>
谷川 政雄 2012年07月27日 10,000円 自転車部の活躍に期待します。
<自転車部支援基金>
1

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

運動会
自転車部

今年度寄付総額
0円
今年度寄付件数
0件
現在の継続寄付会員人数
0人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の特典

「東京大学基金」の特典が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

さらなる競技力向上で世界に翔けB&W

ボディビル アンド ウエイトリフティング部

PJ画像

インカレ1部昇格、国立九大学戦優勝を目指して

スキー部活動支援・留学生スキー講習会支援基金