東京大学基金ホーム > プロジェクトカテゴリ一覧 > 東大スポーツ振興基金 > 自転車部支援基金

自転車部支援基金

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

誰よりも速く、誰よりも強く。

 東京大学自転車部は1956年創部、約400名のOB組織を持つ伝統ある運動部です。主に自転車競技を行う競技班と自転車旅行を中心活動とする旅行班に分かれています。
 競技班は、100km~200kmの長距離のレースから競技場でのトラック競技まで参加しています。高校時代に自転車競技をやっていた者は1人もいませんが、2009年インカレロード優勝・2012年全日本学生ロードタイムトライアルではチーム4位、個人1位。全日本選手権ロード出場3名など多数の部員が優勝や入賞し、スポーツ推薦のある強豪校を凌駕する結果を出しています。
 旅行班は、自分と向き合い仲間と助け合って世界を旅しています。どんなに苦しくてもペダルをこぎ続ければ必ず越えられること、辿り着いた達成感と自然との一体感が合わさる事により日常世界の中にも思わず見とれてしまう風景があることに気づかされます。

写真  写真

基金の趣旨

 競技班は試合の遠征・機材運搬にワゴン車が不可欠です。旅行班も五月祭、駒場祭のノンストップランに伴走車としてその部車を使用しています。現在の部車(レジアス)の走行距離が20万キロに迫っており、基金で更新出来るよう願いしたいと思います。
 また、競技班は今年のインカレが鹿児島開催なのを始め、毎週のように全国規模での遠征があり遠征費の負担が多額になっています。機材も全日本レベル相応のものは高額です。それらに対しての補助も予定しています。

写真

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧