東大土木・社会基盤研究教育環境整備基金

次代の社会基盤を創る志と力を養うために

PJ画像

プロジェクト設置責任者

工学系研究科社会基盤学専攻 専攻長・教授
布施孝志

このプロジェクトに寄付をする

次世代の技術者育成に向けた教育研究環境整備への支援のお願い

 1873年、工部省工学寮において、近代日本最初の土木工学科として産声をあげて以来、わたくしたち東京大学社会基盤学科・社会基盤学専攻から、数多の素晴らしい先輩技術者たちが国内外に巣立ち、それぞれの時代の基盤をなすインフラストラクチャーの構築に貢献してきました。
 当学科専攻にとって、社会の要請にこたえながら未来を創ってゆく技術者をどう育てるか、その教育の形の追求は、いつの時代も最重要テーマであり続けています。現代の技術者教育の現場をあずかるわたくしたちも、従来の講義を工夫しつつ、各種演習・現場実習などの実践型教育プログラムの充実を図るなど、未来が求めるものを探りながら、理想的な技術者教育のありかたを日々模索し追求しています。

菴ソ逕ィ逕サ蜒・IMGP7672.jpeg
菴ソ逕ィ逕サ蜒・IMG_5146.jpeg


 近年、学術分野の高度化と学際化、社会的課題の複合化や国際化、学問の社会還元すなわち実践力強化への需要の一層の高まり、高度情報化に伴う各種教育ツールの進歩や教育方法論の多様化など、教育研究環境をとりまく社会の変化は、ますます急速でダイナミックです。未来のインフラストラクチャーは、ますます多様で、かつ先鋭的で革新的なものになっていきます。技術者の資質も、単なる高度専門化を超えて、さらにより深くより広い視野や知識・洞察が求められています。
 未来への技術者教育に向けて、これまで以上に、各自の能動的主体的な学びを動機づけるとともに、多様な相互コミュニケーションをいざない、個々人の個性や長所を伸ばすとともにチームとしての多様性や幅広さを醸成する能力を養う教育環境が必要であると、わたくしたちは考えています。そのために、これまで続けてきたカリキュラムや各プログラムの改良だけで実現できることには限界があり、教育研究環境のハード面の再構築が必要であると痛感しています。

菴ソ逕ィ逕サ蜒・IMGP2357.jpeg


 具体的には、演習室、セミナー室、図書室など工学部1号館内の公共的な教育研究空間のあり方を総合的かつ発展的に見直し、従来機能の充実に加えて、次世代の技術者教育に必要なコミュニケーションベースの学びの空間へと改修する計画を進めています。従来の講義や演習の進化と充実、教員と学生間の相互コミュニケーションをベースとするワークショップ型の演習や実習、オンラインと対面のハイブリッド型講義やセミナー、オンラインの特性を用いた遠隔型の実習や国際研究交流、外部講師を招いてのセミナーやシンポジウムなど、多様な教育プログラムの実践や研究交流を活性化する環境を実現することが目標です。さらに、民間企業や行政など現場の方々との交流をも促進し、総合的にコミュニケーション能力を鍛える環境を整備することで、実社会の諸課題に真摯に取り組みその能力を社会還元する志と力をもつ技術者を、いっそう輩出していきたいと考えています。

菴ソ逕ィ逕サ蜒・211127_繧サ繝溘リ繝シA雉・侭.jpeg

 しかし現在の大学をとりまく状況から、自力で確保できる資金のみで上記目標に到達することはきわめて難しい状況にあります。そこで、上記の趣旨にご賛同いただける個人・法人の皆様にご寄附をお願いするため、次世代の技術者育成のための教育研究環境の再構築を理念に掲げ、「東大土木・社会基盤研究教育環境整備基金」を設置することにいたしました。土木はじめ各界でご活躍のみなさま、東大土木同窓生のみなさまにご理解とご支援を賜りたく、ここに心よりお願い申し上げる次第です。次世代の技術者教育の形を、ご協力くださるみなさまとともに創りあげていきたいと願っております。どうかよろしくお願い申し上げます。

いただいた寄付金の使途

・図書室、演習室、セミナー室・講義室(一部)、学生コミュニティスペースの総合的空間再編にともなう整備費や改修費
・講義・演習のためのワークテーブル、椅子等の設備整備費
・教育のオンライン化、デジタル化に必要な設備整備費

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
王 海龍 2022年03月22日 10,000円 微力ながらお役に立ちたいと存じます.
<東大土木・社会基盤研究教育環境整備基金>
野呂 高樹 2022年02月24日 10,000円 次世代を担う技術者の育成に寄与できれば光栄です
<東大土木・社会基盤研究教育環境整備基金>
1

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

工学系研究科社会基盤学専攻
専攻長・教授
布施孝志

このプロジェクトに寄付をする

ご寄付の特典

「東京大学基金」の特典が適用されます。

このプロジェクトの特典

ご寄付いただいたすべての個人の方

社会基盤図書室で保管しております貴重な史料をスマートフォン待受画面用に加工した画像データを贈呈いたします。

一括3万円以上のご寄付をいただいた個人の方

社会基盤図書室で保管しております貴重な史料を意匠にあしらった社会基盤学科のオリジナル記念品を贈呈いたします。

一括10万円以上のご寄付をいただいた個人の方と法人の方

工学部一号館二階の公共スペースにお名前を刻印した銘板を設置いたします。

一括30万円以上のご寄付をいただいた個人の方と法人の方

工学部一号館二階の公共スペースにお名前を刻印した銘板を設置いたします。
また、東大基金の特典として安田講堂へ銘板を設置いたします。
安田講堂の銘板に関する詳細はこちら

一括50万円以上のご寄付をいただいた個人の方

工学部一号館二階の公共スペースにお名前を刻印した特別仕様の銘板を設置いたします。
また、東大基金の特典として安田講堂へ銘板を設置いたします。
安田講堂の銘板に関する詳細はこちら

一括100万円以上のご寄付をいただいた法人の方

工学部一号館二階の公共スペースにお名前を刻印した特別仕様の銘板を設置いたします。
また、東大基金の特典として安田講堂へ銘板を設置いたします。
安田講堂の銘板に関する詳細はこちら

銘板作成について

お申込みの際のお名前で作成いたします。
お申込時のお名前と異なる名義の銘板やご家族での連名をご希望の場合は、東京大学基金事務局に次の方法でご連絡ください。
・ウェブサイトからのご寄付の場合:「その他」欄にご記入ください。
・払込取扱票(振込用紙)によるご寄付の場合:お電話でご連絡ください。
 (電話: 03-5841-1217)
・ご寄付申込書によるご寄付の場合:「特記事項」欄にご記入ください。

「東京大学基金」の特典が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

― 環境に優しいクリーンな資源 ―

南鳥島レアアース泥を開発して日本の未来を拓く

PJ画像

最先端の物理、天文、数学の連携で宇宙の謎に迫る

日本発アインシュタイン:カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)

PJ画像

動物にも人にもやさしい世界一の動物病院を目指して

東京大学動物医療センター140周年記念基金(東大VMC基金)

PJ画像

難治性がんの克服を目指して

スキルス胃癌、膵癌、大腸癌に対する腹腔内化学療法の研究開発

PJ画像

三陸の水産業の復興をめざして

沿岸センター活動支援プロジェクト(大気海洋研究所)

PJ画像

教育から社会をかえる ~100年後の地球のために~

One Earth Guardians(地球医)育成プログラム支援基金

PJ画像

イノベーションを産む奇跡の海

マリン・フロンティア・サイエンス・プロジェクト

PJ画像

変革を駆動する大学へ

未来構想ビヨンド2020プロジェクト

PJ画像

ヒトの知性はどのように生じるか?

ニューロインテリジェンス国際研究機構(IRCN)基金

PJ画像

国際舞台で活躍する優秀な人材を社会へ輩出

PEAK奨学金制度(東京大学総合文化研究科・教養学部基金)

PJ画像

東京大学から世界へ 飛び立つ学生を応援する

Go Global 奨学基金(東京大学在学学生留学支援・海外派遣事業)

PJ画像

卓越性、多様性、包摂性を大切にした教育学研究をリードし、社会に貢献する

教育学部・教育学研究科教育研究創発基金「教育学部創立70周年記念基金」

PJ画像

東京大学創設140周年記念

中央食堂リニューアル事業

詳細をみる

募集終了

PJ画像

東京大学創設140周年記念

山上会館リノベーション事業

詳細をみる

募集終了