下賀茂寮開寮50周年支援基金

本プロジェクトは2019年12月2日をもって寄付募集を終了いたしました。
温かいご支援を賜り、心より御礼申し上げます。

なお、これまでの成果報告および基金残高の今後の活用方針につきましては、後日改めて「活動報告」ページにてご報告・ご説明させていただく予定です。

プロジェクト設置責任者

農学部 准教授
鴨田 重裕

今年度寄付総額
0円
今年度寄付件数
0件
現在の継続寄付会員人数
0人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

お知らせ(2020年4月1日)

旧下賀茂寮は2020年4月1日から本学農学生命科学研究科の「樹芸研究所下賀茂寮宿泊施設」として運営します。

本施設は樹芸研究所での教育・研究活動の基盤となり、また東京大学運動会とも連携して地域との交流イベント等も積極的に開催して参ります。

樹芸研究所の活動へご理解いただき、引き続き同施設の維持・発展を使途指定したご支援をいただける場合は、”「東京大学の森」育成資金”よりご寄付のほどお願い申しあげます。

 

下賀茂寮とは

東京大学下賀茂寮は風光明媚な南伊豆の海と森林に囲まれた歴史ある下賀茂温泉街に佇み、日本の四季と天然温泉を堪能できる保養施設として多くの利用者に親しまれています。

shimogamo1.jpgshimogamo2.jpg

海まで10分ほどの場所にありながら、伊豆半島独特の深い森林に佇む寮

また、下賀茂寮では夏季開寮中、各運動部からボランティアの部員が寮委員として運営に参加し、この中で寮利用者に奉仕し、地元の方々と交流し、団体生活の中で苦労を分かち合い、部の垣根を超えた人間関係をはぐくみ、豊かな人格を形成することができます。下賀茂寮は、この通常の授業だけでは体験できない人格を涵養する場としても長年機能してきました。東京大学が将来の日本そして世界をリードする人材を輩出し続けていくために下賀茂寮が必要であるということは、当寮に親しんできた本学卒業生をはじめとし、当寮に愛着をもつ関係者の多くが強く実感しております。

shimogamo3.jpgshimogamo4.jpg

寮には毎年、学生や大学関係者、OB、地元の方々が集まって盛り上がります

基金の趣旨

東京大学下賀茂寮は2017年に開寮50周年を迎えます。下賀茂寮のこれまでの50年を振り返り、今後の50年に寄与することを目的として、以下の事業を行うために本基金を設置して財源の拡充を目指します。

1.将来に向けた寮設備の改善・備品支援
2.開寮50周年記念事業

shimogamo5.jpg

長年の使用や経年劣化により修繕が必要な寮設備例:
テニスコートのネット張り替え、コートのクリーニング等

関連URL

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
八十川 紀夫 2019年03月13日 300,000円 AIはデータベースが領域に偏りなく充実するほど適切な結果を出し始めると聞く。人間も同じことで、生まれてから今までの体験(遊びや喧嘩、病気怪我、読書、教え、友人の獲得、称賛叱責など)のデータベースによって判断をしている。データ量の少なさと領域の偏りが誤った判断を招く。
<下賀茂寮>
吉田 稔 2019年02月17日 2,000円 運動部間や先輩後輩の垣根を越えた幅広いネットワーク作り、奉仕・社会貢献の精神の育成、地元との交流・融和など、保健体育寮は学内には存在しない貴重な人材育成の道場です。下賀茂寮は豊かな自然と地元の暖かい友情に恵まれた保健体育寮であり、是非発展させていただきたいと思います。
<下賀茂寮>
川島 千裕 2018年12月13日 1,000円 下賀茂寮(スポーティア下賀茂)という掛け替えのない財産が次の世代に引き継がれるよう、微力ながらお役に立つことができれば幸いです。
<下賀茂寮>
橋場 巌夫 2018年11月19日 1,000円 保健体育寮の持つ傑出した教育的意義が決して失われることの無いよう、願っての寄付です。
廉価な保養施設が必要な学生は今の時代でもたくさんいますし、寮委員学生やゼミ受講生等にとっても他の施設では代替のきかない特色が各保健体育寮にはあります。
<下賀茂寮>
新井 健資 2017年08月01日 50,000円 下賀茂寮よ永遠なれ
<下賀茂寮>
小幡 篤志 2017年07月18日 30,000円 下賀茂寮が貴重な人間教育の場として維持されますように。
<下賀茂寮>
******** 2017年07月09日 50,000円 下賀茂寮50周年おめでとうございます。末永い発展を祈念申し上げます。
<下賀茂寮>
槙本 良二 2017年04月12日 150,000円 学生時代に下賀茂寮委員を経験。下賀茂寮開寮50周年を記念しての寄付。今後の寮の存続、運営に少しでも寄与できればと。
<下賀茂寮>
秋山 英俊 2017年01月24日 100,000円 下賀茂寮の永続の一助としてご活用願えれば有難く思います。
設備面だけでなく、講演会の開催等、ソフト面での利用もご検討願えれば幸いです。
<下賀茂寮>
長谷部 修 2016年08月15日 20,000円 下賀茂寮開寮50周年、誠におめでとうございます。大学の保健体育寮として、今後益々発展されますことを切に祈願いたします。
<下賀茂寮>
太田 康晴 2016年08月02日 50,000円 学生、卒業生の皆様、下賀茂寮は大変楽しいところです。私も家族ぐるみで、もう40年以上利用しております。ぜひ行ってみてください。
<下賀茂寮>
******** 2016年07月31日 20,000円 下賀茂寮には現役学生時代に大変お世話になりました。是非、今後とも研鑽と交流の場としての有意義な寮であることを祈っております。少林寺(92)
<下賀茂寮>
******** 2016年07月31日 20,000円 寄付は小額でも良いので、より多くの卒業生が継続的に実施していただくのが、今後の東大の発展、日本の活力維持のために非常に良いと思います。卒業生の皆さま、ご協力よろしくお願いします。
<下賀茂寮>
島田 久弥 2016年07月28日 50,000円 基金開設おめでとうございます。
下賀茂寮の今後の更なる発展を心より祈ります。
<下賀茂寮>
1

プロジェクト設置責任者

農学部
准教授
鴨田 重裕

今年度寄付総額
0円
今年度寄付件数
0件
現在の継続寄付会員人数
0人

このプロジェクトは終了いたしました

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の特典

「東京大学基金」の特典が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

動物にも人にもやさしい世界一の動物病院を目指して

東京大学動物医療センター140周年記念基金(東大VMC基金)

PJ画像

目指せリーグ優勝!頑張れ洋弓部!!

東京大学運動会洋弓部支援プロジェクト

PJ画像

ヒトの知性はどのように生じるか?

ニューロインテリジェンス国際研究機構(IRCN)基金

PJ画像

インカレ1部昇格、国立九大学戦優勝を目指して

スキー部活動支援・留学生スキー講習会支援基金

PJ画像

変革を駆動する大学へ

未来構想ビヨンド2020プロジェクト

PJ画像

さらなる競技力向上で世界に翔けB&W

ボディビル アンド ウエイトリフティング部

PJ画像

東京大学創設140周年記念

中央食堂リニューアル事業

詳細をみる

募集終了

PJ画像

東京大学創設140周年記念

山上会館リノベーション事業

詳細をみる

募集終了