東京大学医科学研究所創立125周年・改組50周年記念事業「IMSUT One to Gogo基金」

本プロジェクトは令和2年3月31日をもって寄付募集を終了いたしました。
ご支援ありがとうございました。

これまでの成果報告および基金残高の今後の活用方針につきましては、「活動報告」ページをご覧ください。

PJ画像

プロジェクト設置責任者

東京大学医科学研究所長
山梨 裕司

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

プロジェクトの寄付終了のご報告とご支援へのお礼

 本プロジェクトは、医科学研究所の前身である伝染病研究所が創立された1892年から125周年、医科学研究所へと改組された1967年から50周年の節目にあたる2017年を記念し、医科学研究所における研究活動、人材育成活動、および社会貢献活動をさらに活性化し、豊かな健康・長寿社会を実現することを目指して2014年1月に活動を開始いたしました。
 昨年3月末の活動終了までに多くの方々からご寄付をいただき、その総額は43,115,153円になりました。いただきました貴重なご寄付は、東京大学および医科研における研究活動の支援や若手人材の育成、研究施設・附属病院の整備等に活用させていただいております。
 これまでの成果報告および基金残高の今後の活用方針につきましては、後日改めて本プロジェクト「活動報告」のページに掲載し、ご報告させていただきます。
 尚、10万円以上のご寄付をいただきました方々のご芳名は、医科学研究所1号館講堂前の銘板に掲示させていただいております。
 本プロジェクトへの寄付を終了するにあたり、改めてご支援をいただいた方々に心より御礼申し上げます。

医科学研究所 所長 山梨裕司
同 前所長 村上善則
同 元所長 清野 宏(基金設立時、所長)


お知らせ(2021年3月12日)
 医科学研究所では、ウィズコロナ・ポストコロナ時代の医療へ向けて新たなプロジェクト「未来医療開発」基金を立ち上げました。本プロジェクトにもご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

プロジェクト成果のご報告

2021年04月23日(金)

One to Gogoプロジェクトでは、人々の豊かな健康と長寿社会の実現を目指して、様々な研究・社会貢献活動を推進してまいりました。支援者の皆様から頂いたご寄付は、以下の活動支援などに活用させていただいております。

支援内容
(1)次代を担う若手人材の育成
当研究所に在籍する若手研究者の基礎・臨床研究及び社会貢献活動を奨励するため、若手研究者の中から特に優れた研究成果を挙げた、若しくは優れた社会貢献活動を行った研究者を表彰する「医科学研究所奨励賞」を創設いたしました。2021年度より毎年2名の研究者を表彰し、受賞者には副賞として研究奨励金を贈呈して、更なる研究及び社会貢献活動の支援をいたします。(本賞での支援は、今後23年間行う予定です。)

(2)先導的基礎・臨床研究の推進支援
所内の研究室で共通に利用する先端的解析機器の整備を行い、基礎から臨床研究に至る多くの研究室の活動を支援いたしました。

2.1.png
2.2.png

(3)海外拠点の体制強化
医科学研究所が感染症研究のために設けたアジア感染症研究拠点では、北京拠点を中心に、新興・再興感染症制御に向けた基盤研究を行ってまいりました。本プロジェクトの経費にて研究環境を整備し、感染症の予防・診断・治療のための国際共同研究推進を強化いたしました。

3.1.png
3.2.png

(4)スーパーコンピューターの医療活用支援
2017年よりがんゲノム情報を治療薬選択に取り入れる臨床研究を開始し、医科研附属病院において、がん患者さんのゲノム情報を解析いたしました。がん組織の全ゲノム解析やエキソーム解析を行い、そのデータを解析するために、ヒトゲノム解析センターのスーパーコンピューター(SHIROKANE) 内にインターネットとは隔離された領域を整備し、セキュアな環境で解析する体制を整えました。

4.1.png
4.2.png

(5)未来型病棟の開設に向けた病院の活動支援
医科学研究所附属病院において、医療スタッフが病院内・病院間の遠隔会議への参加や、最新の医療情報データベースの活用を容易にできる環境を整備いたしました。

5.1.png
5.2.png

(6)社会連携部門や企業研究部門の誘致
プロジェクト実施期間内に、以下の7つの社会連携研究部門と1つの寄付研究部門を誘致・設置して、それぞれの研究活動を推進いたしました。
 1.  システム免疫学社会連携研究部門
 2.  ALA先端医療学社会連携研究部門
 3.  がん生体分子治療社会連携研究部門
 4.  国際先端医療社会連携研究部門
 5.  先進的バイオ医薬品学社会連携研究部門
 6.  先端的再生医療社会連携研究部門
 7.  ゲノム予防医学社会連携研究部門
 8.  先端ゲノム医療の基盤研究寄附研究部門

なお、これらの活動で得られた成果については、今後も当研究所ホームページにて公表いたします。

基金残高の今後の活用方針と新たな支援活動
2020年度末におけるOne to Gogo基金の残金は、2021年度以降も若手研究者の育成と研究支援を中心に活用していく方針です。ご理解いただきますようお願いいたします。

また、医科学研究所では、ウィズコロナ・ポストコロナ時代の医療へ向けて新たなプロジェクト「未来医療開発基金」(https://utf.u-tokyo.ac.jp/project/pjt129)を立ち上げました。こちらのプロジェクトにも皆様の温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2019年活動報告
-創設以来の理念の実現をめざしております。-

2020年03月26日(木)

 本研究所は2017年に北里柴三郎博士による伝染病研究所の設立から125周年、医科学研究所への改組から50年周年の節目を迎えるにあたり、創設以来の理念の実現を、人材育成、施設整備、などによって加速化させることをめざして「IMSUT One To Gogo基金」を設定し広く寄附を募ってまいりました。
 本年は寄附者の皆様の期待に応えるべく、基金の趣旨に相応しい使途となるよう所内からも意見を募り具体化に向けた検討を進めております。

 基金設立後、幅広い層の皆様に、ご賛同いただきご支援を賜りましたことは、大変有り難い限りでございます。
 

2018年活動報告

IMSUT One to Gogo基金は、我が国の新たな医学・医療のパラダイムシフトを発信し、産官学民からより広く支持される研究所・病院を目指して体制を改革し、社会との連携強化を図ることを目的とした基金です。本研究所が2017年に北里柴三郎博士による伝染病研究所の設立から125周年、医科学研究所への改組から50年周年の節目を迎えるにあたり、創設以来の理念の実現を、人材育成、施設整備、などによって加速化させることをめざして設置されました。

寄付金の使途
現時点での支出はありませんが、2020年度に基金の有効活用を図るべく執行計画を決定する予定です。

継続支援のお願い
幅広い層の方々からのご支援ありがとうございます。白金台キャンパスを、大学と社会との新しい形のインターフェイスとして発展させる本事業を完遂できますよう、今後とも格別のご支援、ご高配を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
竹内 一良 2019年10月04日 50,000円 なし
<医科研125周年IMSUT125-50>
井澤 佑斗 2019年08月29日 100,000円 医科研の先生方の研究は、素晴らしいと思います。
北村先生と合山先生と川畑先生に、私は、教育をしていただきました。今でも、私の物事の考え方の基礎になっています。感謝しております。また、医科研の環境は快適でした。
今後のご発展を、楽しみにしております。
<医科研125周年IMSUT125-50>
******** 2018年07月29日 20,000円 元医科学研究所所長の新井賢一先生のご葬儀の際、香典を辞退されましたので、代わりに医科学研究所に寄付させていただきます。今後の医科学研究所の益々のご発展を祈念しております。
<医科研125周年IMSUT125-50>
竹内 一良 2018年05月17日 100,000円 なし
<医科研125周年IMSUT125-50>
末竹 貴生 2017年12月07日 100,000円 医学の発展のために
<医科研125周年IMSUT125-50>
竹中 透 2017年11月19日 5,000円 北里柴三郎博士が伝染病研究所を設立なさってから125年、誠におめでとうございます。
益々のご発展をお祈りいたしまして、設立されました11月19日に寄付をさせていただきます。
<医科研125周年IMSUT125-50>
平野 裕士 2017年11月02日 30,000円 医科学研究所のますますのご発展をお祈り致します。
<医科研125周年IMSUT125-50>
鈴木 三紀子 2017年10月03日 10,000円 医科研125周年おめでとうございます。
医科学研究所のさらなる発展を祈念いたします。
<医科研125周年IMSUT125-50>
安井 寛 2017年09月17日 50,000円 医科研125周年おめでとうございます。医科学研究所のますますの発展と医療への貢献を祈念いたします。
<医科研125周年IMSUT125-50>
吉川 賢忠 2017年07月09日 100,000円 医科学研究所の益々の発展を祈念いたします。
<医科研125周年IMSUT125-50>
五研の会 現世話人代表吉田孝人 2017年07月03日 100,000円 昭和24年田宮猛雄第五研究部教授退官、伝研所長も退任。
当時山本正制癌部教授の発案で川村明義免疫部教授が関係者をリストアップ。
先輩、物故者の研究話等をする五研同窓会が家族や孫達も加わり続く、参加者の希望で平成28年より「五研の会」と改名、高津聖志名誉教授と共に至る。感謝の心で寄附。
<医科研125周年IMSUT125-50>
五研の会 現世話人代表吉田孝人 2017年07月03日 100,000円 昭和24年田宮猛雄第五研究部教授退官、伝研所長も退任。
当時山本正制癌部教授の発案で川村明義免疫部教授が関係者をリストアップ。
先輩、物故者の研究話等をする五研同窓会が家族や孫達も加わり続く、参加者の希望で平成28年より「五研の会」と改名、高津聖志名誉教授と共に至る。感謝の心で寄附。
<医科研125周年IMSUT125-50>
宮野 悟 2017年05月31日 1,000,000円 素晴らしい研究環境と人材クラスターに感謝!
<医科研125周年IMSUT125-50>
久保田 裕二 2017年05月21日 100,000円 日々医科学研究所で学び、研究できる事を光栄に思います。
微力ながら、私も研究所の発展に貢献できるよう努めます。
今後益々の発展を祈念致します。
<医科研125周年IMSUT125-50>
長村 登紀子 2017年02月23日 100,000円 医科研125周年を記念し、更なる発展を願って!
<医科研125周年IMSUT125-50>
加藤 直也 2017年02月21日 50,000円 医科研125周年おめでとうございます。ますますのご発展をお祈りします。
<医科研125周年IMSUT125-50>
井上 純一郎 2017年01月27日 100,000円 125周年にあたり医科研のますますの発展を祈念します。
<医科研125周年IMSUT125-50>
今井 浩三 2017年01月27日 300,000円 医科研125周年おめでとうございます。医科学研究所のさらなる発展と世界への貢献を祈念いたします。
<医科研125周年IMSUT125-50>
12次へ »
PJ画像

プロジェクト設置責任者

東京大学医科学研究所長
山梨 裕司

このプロジェクトは終了いたしました

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の特典

「東京大学基金」の特典が適用されます。

このプロジェクトの特典

PJ画像0
PJ画像0

10万円以上ご寄付いただいた方のご芳名を医科学研究所1号館1階講堂前の銘板に掲示させていただきます。

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

最先端の物理、天文、数学の連携で宇宙の謎に迫る

日本発アインシュタイン:カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)

PJ画像

動物にも人にもやさしい世界一の動物病院を目指して

東京大学動物医療センター140周年記念基金(東大VMC基金)

PJ画像

イノベーションを産む奇跡の海

マリン・フロンティア・サイエンス・プロジェクト

PJ画像

ヒトの知性はどのように生じるか?

ニューロインテリジェンス国際研究機構(IRCN)基金

PJ画像

教育から社会をかえる ~100年後の地球のために~

One Earth Guardians(地球医)育成プログラム支援基金

PJ画像

難治性がんの克服を目指して

スキルス胃癌、膵癌、大腸癌に対する腹腔内化学療法の研究開発

PJ画像

変革を駆動する大学へ

未来構想ビヨンド2020プロジェクト

PJ画像

東京大学のシンクタンク ~大学と社会を結ぶ新しい回路

未来ビジョン研究センター(※2019年4月1日をもちまして、政策ビジョン研究センター(PARI)は未来ビジョン研究センター(IFI)に組織統合いたしました。)

PJ画像

卓越性、多様性、包摂性を大切にした教育学研究をリードし、社会に貢献する

教育学部・教育学研究科教育研究創発基金「教育学部創立70周年記念基金」