東京大学基金ホーム > プロジェクトカテゴリ一覧 > その他の寄付募集企画 > 音楽部管弦楽団活動支援基金

音楽部管弦楽団活動支援基金

東京大学音楽部管弦楽団(東大オケ)の歩み

 東京大学音楽部管弦楽団は1920年、東京帝国大学音楽部として発足しました。 当時はオーケストラといえば、宮内省や上野の音楽学校の他には九州大・慶應大などいくつかの大学があるに過ぎず、プロのオケはまだ誕生していませんでした。 その後楽器や楽譜の調達に苦労しながらも発展し、大正から昭和初期にかけては本邦初演の曲も少なくなかったとのことです。

 第二次世界大戦後、昭和30年代(1955年以降)に入ってから著しい発展を遂げ、特に1959年に早川正昭氏が常任指揮者に就任して以来近代曲なども意欲的に取り上げるようになり、部員も増え昭和30年代末までには100人を越えるようになりました。 そして1966年にはヨーロッパ演奏旅行を行い好評を博しました。

 その後東大紛争下の新入生の募集停止による部員減少などを始めとする数多くの困難に直面しましたが、現在では約130人の部員を擁する大規模なオーケストラへと発展しています。創立以来近衛秀麿・柴田南雄・別宮貞雄・早川正昭の各氏をはじめ音楽界に数多くの人材を送り出しており、また100回以上の定期演奏会をはじめ演奏旅行も多数行い、国内でも最高水準の学生オケのひとつとして認知されています。

東大オケを取り巻く状況

 オーケストラの運営には多額の費用と労力が必要です。東大オケでは、ティンパニなどの打楽器、コントラバスなどの大型弦楽器、チューバやバスクラリネットなど高価または特殊な管楽器など多数の団器(団所有の楽器)を所持していますが、これらを維持・更新していくだけでも多額の費用がかかります。また、楽譜代、演奏会のためのホール練習の会場代、楽器運搬費用、指揮者やトレーナーへの謝礼、合宿費用なども必要で、さらに個人でレッスンに通っている団員も多く、団員一人当たりの負担は年間十数万円におよびます。こうした中、従来は、前述の団器の維持・更新もままならないという状況でした。

 2012年に東京大学音楽部管弦楽団OB・OG会(通称「オケとも会」)が発足して以来、楽器の寄贈や楽器の修理代の補助などを行っていますが、継続的な援助を行うためには安定的な原資が必要です。

百周年に向けて

 東大オケは2020年に百周年を迎えます。それに向けてオケとも会では下記の記念事業を計画しており、そのための募金を行います。

  • ティンパニ一式のほか、楽器の寄贈
  • 百周年の歴史のデジタルアーカイブ作成と百周年誌の編纂
  • 記念式典および演奏会の開催

 募金の目標金額は1,000万円です。

募金の使途

 募金の主な使途は下記の通りです。

  • 楽器および付属品の購入、修理
  • デジタルアーカイブ作成のための取材費、機材費、労務費(アルバイト)などの諸経費
  • 百周年誌出版費用の一部
  • 記念式典関係費用の一部
  • 記念演奏会関係費用の一部
  • その他現役に対する援助

ご寄付への感謝 (寄付特典)

 税法上の優遇措置等の東京大学基金としての特典を受けられます。その他、東大オケとしての特典も検討中です。

 皆様のご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

チューバとロータリートランペット贈呈式(2017年1月27日)
チューバとロータリートランペット贈呈式(2017年1月27日)

ご寄付のお申込み

 音楽部管弦楽団活動支援基金へのご寄付については、入力画面の寄付目的に「その他」が選択されていることをご確認のうえ、「その他」の欄に「音楽部管弦楽団活動支援基金」とご入力ください。

 ご寄付のお申込みはこちらから↓

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧