東京大学附属図書館支援プロジェクト

世界水準の教育・研究を支える 充実した資料と快適な環境を

PJ画像

プロジェクト設置責任者

東京大学附属図書館長
熊野 純彦

今年度寄付総額
611,000円
今年度寄付件数
6件
現在の継続寄付会員人数
0人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

館長からのメッセージ

東京大学附属図書館長  熊野 純彦


 東京大学附属図書館支援プロジェクトは、新しい時代の要請に応えて、図書館機能を高度化し広く学内外に活用していただくこと、貴重な学術資料を保存し次世代に継承していくことを目的としたプロジェクトです。
 東京大学附属図書館は、総合図書館、駒場図書館、柏図書館の拠点図書館と、様々な学問分野を基礎とする27の部局図書館から構成されており、全学における学習、教育および研究を支援すべく、日々「協働する一つのシステム」として活動しています。
 新しい時代の要請に応え、図書館機能を高度化して広く学内外に活用していただくこと、貴重な学術資料を保存し次世代に継承していくことは、附属図書館の大きな使命です。
 大学への運営交付金は減少し続けており、図書館をめぐる状況は厳しさを増しています。電子ジャーナル費用の高騰といった従来からの問題に加え、2020年のコロナ禍によって加速された、非来館型サービスへの要望にも対応が求められています。
 本プロジェクトでは、2012年から2020年9月まで実施した「新図書館計画アカデミックコモンズ」を継承し、教育・研究を支える環境の整備を行います。また、非来館型サービスとして、学習用の電子書籍資料の充実、東京大学が所蔵する学術資産のデジタル化と発信を推進します。2020年10月に開館したアジア研究図書館では研究機能を備えた図書館という特色を生かした新しい研究や教育を展開していきます。
 世界水準の研究・教育を支える附属図書館を発展させていくために、ぜひ温かいご支援をお願いいたします。

プロジェクトがめざすもの

伝統の継承と最先端の学習環境の融合
 快適な学習空間を提供するために、創建当時から使用する大机の修復と改修などの整備を行います。また、附属図書館が所蔵する重要文化財を含む多数の貴重な資料は長年にわたって教育・学術研究に活用されてきました。これを永く後世に伝えるために、良好な保存環境の維持や劣化した資料の修復を進めます。

伝統の継承.jpg
 
最先端の学習環境の融合.jpg
 

伝統の継承jpeg.jpeg

重要文化財 東京帝国大学五十年史料


所蔵資料のデジタル化の促進
 附属図書館が所蔵する「南葵文庫」(紀州徳川家当主徳川頼倫より寄贈された紀州徳川家の旧蔵書を中心としたコレクション)、「鷗外文庫」(森鷗外の旧蔵書)等のさらなるデジタル化・公開をすすめていきます。時と場所を選ばずに資料にアクセスできる環境を整備することで、利用の促進、研究の発展が期待されます。

扁額.jpg
第15代将軍徳川慶喜が揮毫した南葵文庫の額


電子書籍資料の充実
 紙の書籍を図書館で閲覧するだけではなく、自宅や研究室から資料を利用できる非来館型のサービスを充実させる必要性が一層高まっています。学習用の電子書籍をより充実させ、学生や教員がいつでも・どこからでも資料にアクセスできる環境を拡大していきます。

アジア研究図書館の整備によるアジア研究の進展
 2020年10月に開館したアジア研究図書館は、アジア研究のための第一級の学術資料、貴重な蔵書やコレクションを集め、研究機能を備えた図書館です。研究部門を備えることで、内外のアジア研究者が集う世界最高水準のアジア研究環境が実現します。また、セミナー・シンポジウム等の開催によって、収蔵した資料を活用し、研究活動を推進・支援します。

アジア研究図書館の整備1.jpg

このプロジェクトに寄付をする

お問い合わせ先

【事業内容のお問い合わせ】
東京大学附属図書館
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
電話:03-5841-2615
FAX:03-5841-2636
E-mail:ac-info@lib.u-tokyo.ac.jp
(※電子メール送信の際は、@を半角に直してください)

【ご寄付のお問い合わせ】
東京大学基金事務局
〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1
電話:03-5841-1217
FAX:03-5841-1219

関連ウェブサイト

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
******** 2020年11月07日 100,000円 コロナの大変な時代、学生さん達も対面授業が出来ずで大変だと思いますが頑張ってください。青春時代に沢山本を読んでください。
<東京大学附属図書館支援プロジェクト>
1

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

東京大学附属図書館長
熊野 純彦

今年度寄付総額
611,000円
今年度寄付件数
6件
現在の継続寄付会員人数
0人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の特典

「東京大学基金」の特典が適用されます。

このプロジェクトの特典

一括10万円以上のご寄付

総合図書館玄関への銘板設置

一括10万円以上ご寄付いただいたすべての個人・法人の方は、総合図書館玄関の銘板にお名前を記して末永く掲示いたします。詳細はこちら

玄関銘板

一括30万円以上のご寄付

玄関への銘板設置に加え、次の特典がお選びいただけます。

大閲覧室大机への銘板設置

個人・法人の方のお名前を記した銘板プレートを、大机前面の仕切り板に設置いたします。詳細はこちら

写真5_3F大机.JPG
創建当時から使われている大机

大閲覧室書架への銘板設置

個人・法人の方のお名前を記した銘板プレートを、書架両側にある側板上部に設置いたします。詳細はこちら

写真6_3F大閲覧室書架-1.jpg

総合図書館特別利用証 3年間有効

総合図書館の書庫入庫や開架図書の貸出ができる「総合図書館特別利用証」を発行いたします。(個人のみ)詳細はこちら

※有効期間中、改修工事等の事情で長期にわたりご利用が制限された場合は、有効期間を延長します。

一括100万円以上のご寄附

玄関への銘板設置に加え、特別利用証(10年間有効)の発行と、大机と書架への銘板設置をいたします。詳細はこちら

※特別利用証の有効期間中、改修工事等の事情で長期にわたりご利用が制限された場合は、有効期間を延長します。

写真5_3F大机.JPG

写真6_3F大閲覧室書架-1.jpg

一括300万円以上のご寄付

総合図書館特別利用証 終身有効

玄関への銘板設置に加え、総合図書館の書庫入庫や開架図書の貸出ができる「総合図書館特別利用証」(終身有効)を発行します。(個人のみ)詳細はこちら

特別利用証ゴールド画像.jpg

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

最先端の物理、天文、数学の連携で宇宙の謎に迫る

日本発アインシュタイン:カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)

PJ画像

難治性がんの克服を目指して

スキルス胃癌、膵癌、大腸癌に対する腹腔内化学療法の研究開発

PJ画像

動物にも人にもやさしい世界一の動物病院を目指して

東京大学動物医療センター140周年記念基金(東大VMC基金)

PJ画像

イノベーションを産む奇跡の海

マリン・フロンティア・サイエンス・プロジェクト

PJ画像

教育から社会をかえる ~100年後の地球のために~

One Earth Guardians(地球医)育成プログラム支援基金

PJ画像

ヒトの知性はどのように生じるか?

ニューロインテリジェンス国際研究機構(IRCN)基金

PJ画像

東京大学のシンクタンク ~大学と社会を結ぶ新しい回路

未来ビジョン研究センター(※2019年4月1日をもちまして、政策ビジョン研究センター(PARI)は未来ビジョン研究センター(IFI)に組織統合いたしました。)

PJ画像

卓越性、多様性、包摂性を大切にした教育学研究をリードし、社会に貢献する

教育学部・教育学研究科教育研究創発基金「教育学部創立70周年記念基金」

PJ画像

変革を駆動する大学へ

未来構想ビヨンド2020プロジェクト

PJ画像

東京大学創設140周年記念

中央食堂リニューアル事業

詳細をみる

募集終了

PJ画像

東京大学創設140周年記念

山上会館リノベーション事業

詳細をみる

募集終了