東京大学コレクション未来基金

誰もが最前線を体験できる大学博物館を目指して

PJ画像

プロジェクト設置責任者

東京大学総合研究博物館 館長
西秋 良宏

今年度寄付総額
15,000円
今年度寄付件数
3件
現在の継続寄付会員人数
0人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

東京大学には1877年の開学以来、研究や教育のために集められた学術標本資料(=東京大学コレクション)が大量に蓄積され、今も絶え間なく増加を続けています。それらは、太陽系の起源を物語る隕石、自然の神秘を示す動植物、世界最古の文明や文字記録のない日本の歴史を伝える遺物などが含まれ、総数は400万点以上にのぼります。​

この貴重なコレクションは、人類が宇宙を、地球を、そして自らを理解するために不可欠な物的証拠であり、日本が誇る最先端の研究教育をささえる基盤となってきました。総合研究博物館は、これを守り、発展させ、未来の学術を導くと同時に、広く展示公開して社会に役立てる使命を担っています。

ところが国立大学予算が削減される昨今の状況下で、その安定的維持が課題となってきています。そこで、上記の使命を果たし、充実した博物館活動を通じて豊かな社会を実現していくために、本基金を設立することとしました。皆様の温かいご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げる次第です。

東京大学総合研究博物館とは​

1996年に発足した国内初の大学博物館です。東京大学コレクションを創造的な手法で展示公開するとともに、これを維持・発展・継承し、世界最高水準の研究と、次世代人材を育成する役割を担っています。​

02.jpg

東京大学コレクション
地学(鉱物、岩石・鉱床、鉱山、地史古生物、地理)、生物(植物、森林植物、薬学、動物、水産動物、人類先史、医学)、文化史(考古、建築史、考古美術、美術史、文化人類)に関わる、400万点以上の学術標本を主体としています。その内容は、「かつて日本列島にゾウがいた」ことや、「縄文時代という時代があった」ことなどを解き明かした明治期の歴史的資料から、生物の種を決めるタイプ標本(数万点)、自然環境や文化の変遷および人類進化などを探る最先端研究に供される資料など、多種多様です。こうしたコレクションは、研究活動の進展に伴い、今も絶え間なく追加・拡充されています。​
03new_1.jpg

左)大森貝塚の土器。1877 年にE・モースにより発掘され、「縄文時代」の存在が明らかになった。重要文化財。
​中)1881年にH. E. ナウマンが記載したナウマンゾウの最初の化石。東京駅に近い江戸橋で発見された標本。   
右)世界最後の「幻の大蝶」と呼ばれるブータンシボリアゲハの標本。2011年にブータン国王より寄贈された。 

こちらから展示案内をご覧になれます​

知的好奇心を社会と共有する「多館体制」と「入場無料」
社会と広い接点を持ち、多くの方にコレクションに触れていただけるよう、学内外に複数の拠点を持つユニークな体制をとっています。​展示はどなたにもご覧いただけるよう、入館無料の運営を続けてきました*。​
* 商業施設が運営する宇宙ミュージアムTeNQを除く​
06.jpg

新発見を求め、最先端を切り開く博物館
私たちは大学コレクション・センターとしての立場にとどまらず、「大学博物館」の潜在力を最大化する模索を続けてきました。これまでの活動は多岐にわたっています。​

1996年 国内初の「教育研究型」大学博物館として誕生​
1997年 未来型「デジタルミュージアム」の構想を披露​
2000年 世界に先駆けて高精度CT撮影装置を導入し、人類の起源解明などに貢献。​
2001年 小石川分館「建築ミュージアム」開館​
2006年 先駆的な「モバイルミュージアム」の構想を披露​
2013年 東京駅前にインターメディアテク(IMT)誕生(日本郵便株式会社との協働施設)​
2014年 後楽園の宇宙ミュージアムTeNQ内に「太陽系博物学リサーチセンター」開館​
2016年 最先端の放射性炭素年代測定装置を導入しその運用現場を展示​
2020年 東京大学の学際融合研究施設として改組

05new.jpg本館で公開している放射性炭素年代測定現場

博物館のホームページはこちらをご覧ください。
​博物館のスタッフについてはこちらをご覧ください。​


このプロジェクトに寄付をする

 

東京大学コレクション未来基金

コレクション保管機能の改善
博物標本は情報(真実)の源泉であり、その価値は時代を越えて不変です。近年では、DNA解析や元素分析による古環境復元など新たな分析手法が続々と開発され、それらを適用する対象としての標本の重要性がますます高まっています。しかし当館の収蔵施設は1966年当時から抜本的に改修されておらず、スペース不足のほか、雨漏りや移動棚の故障にも悩まされています。コレクションを未来へ継承するため、貴重標本室の改修や、収蔵施設の拡充を行います。

06new2.jpg
コレクション収蔵室

展示機能の改善
誰もが感動を味わい好奇心を共有できる場とするため、私たちはコレクションを無料で公開しています。しかし本郷本館の展示室は築40年ほどを数え、老朽化が進んでいるだけでなく、セキュリティや外気遮断が担保できる構造になっていません。そのため、展示可能な標本が限られているのが現状です。施設を改修し、皆様に最前線を体験いただける、より魅力的な展示環境をつくっていきます。​

09 (1).jpg
博物館玄関(左)と展示室の様子(右)​

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
菅生 陽太 2022年06月28日 2,000円 先進的で多角的な、従来の博物館にない展示に期待しています。
<東京大学コレクション未来基金>
1

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

東京大学総合研究博物館 館長
西秋 良宏

今年度寄付総額
15,000円
今年度寄付件数
3件
現在の継続寄付会員人数
0人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の特典

本基金へのご寄付には、以下の①②の特典がございます。

特典① 総合研究博物館から​

総合研究博物館より感謝を込めて、ご寄付から3年の期間、下記を提供させていただきます。​
定期支援の場合は、累積額で達した時点より特典を付与させていただきます。

 


ご寄付くださった全ての皆様​

・当館イベント等のご案内を差し上げます。


1万円以上のご寄付

・サポーターズクラブ会員証発行
・講演会、バックヤードツアー等(オンラ
 イン)ご招待


30万円以上のご寄付

・サポーターズクラブ会員証発行​
・講演会、バックヤードツアー等の対面イ
 ベントご招待​
・展覧会式典(図録つき)ご招待


100万円以上のご寄付

・サポーターズクラブ会員証発行​
・講演会、バックヤードツアー等の対面イ
 ベントご招待​​
・展覧会式典(図録つき)ご招待​
・研究者がアテンドする博物館内プライベー
 トツアーご招待(日程ご相談、同伴者可)

特典② 東京大学基金から

内容は以下にてご覧いただけます。​
https://utf.u-tokyo.ac.jp/privilege

 


累計30万円以上のご寄付

安田講堂にお名前を刻印した銘板を顕彰させていただきます。
貢献会員銘板:横145mm×縦20mm×幅2mm(全体の左右どちらか半分に掲載) 銅/ブロンズ仕上


累計100万円以上のご寄付

安田講堂にお名前を刻印した銘板を顕彰させていただきます。
功労貢献会員銘板:横145mm×縦20mm×幅2mm 銅/ブロンズ仕上


累計500万円以上のご寄付

安田講堂にお名前を刻印した銘板を顕彰させていただきます。
特別貢献会員銘板:横145mm×縦27mm×幅2mm ステンレスHL仕上


累計1,000万円以上のご寄付

安田講堂にお名前を刻印した銘板を顕彰させていただきます。
栄誉会員銘板:横145mm×縦27mm×幅2mm カラーステンレス/ゴールドHL仕上

お名前入りの記念プレート(ゴールド色)を贈呈させていただきます。


累計1億円以上のご寄付

安田講堂にお名前を刻印した銘板を顕彰させていただきます。
特別栄誉会員銘板:横145mm×縦54mm×幅2mm カラーステンレス/ゴールドHL仕上

お名前入りの記念プレート(プラチナ色)を贈呈させていただきます。

関連プロジェクト