東京大学基金ホーム > プロジェクトカテゴリ一覧 > 教育・研究の支援 > ソンマ・ヴェスビアーナ発掘調査プロジェクト

ソンマ・ヴェスビアーナ発掘調査プロジェクト

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

ソンマ・ヴェスビアーナ発掘調査プロジェクトについて

「ソンマ・ヴェスビアーナ発掘調査」は、2002年より東京大学で実施している学際研究プロジェクトの一つで、イタリア共和国カンパーニァ州ソンマ・ヴェスビアーナ市のスタルツァ・デッラ・レジーナ地区にあるローマ時代遺跡の発掘調査です。

写真:ソンマ・ヴェスビアーナ発掘調査プロジェクトについて

発掘調査団責任者からのメッセージ

写真:青柳 正規

東京大学を中心とする発掘調査団が2002年からヴェスヴィオ山の山麓で発掘を行っています。場所は北山麓に位置するソンマ・ヴェスビアーナ市で発見されたローマ時代の遺跡です。ヴェスヴィオ山を挟んで反対側にあるポンペイと比較することによって、ローマ時代の歴史と文化をいっそう深く広く理解できることでしょう。

東京大学名誉教授、文学博士
青柳 正規

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧