東京大学基金ホーム > プロジェクトカテゴリ一覧 > 奨学金給付制度の充実 > さつき会奨学金基金

さつき会奨学金基金(東京大学女子学生支援)

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)


➤English(英語版はこちら)

さつき会奨学金基金

 東京大学女子卒業生同窓会の「さつき会」は2011年に発足50周年を迎えました。東京大学に初めて女性が入学したのは1946年のこと。それから約70年が経過しても、なお女子学生比率が20%に満たない状況が続いております。

 特に、経済的負担が多いと推測される地方出身の女子学生の東大受験を促し、入学後の経済的・精神的なサポートを行うことで、次世代を担う女性をより多く輩出することを目的とした「さつき会奨学金」制度が、2013年度からスタートしました。

 この「さつき会奨学金」制度が、様々な理由で、東京大学への進学をあきらめざるを得ない優秀な女子学生にとっての希望の光となることを願ってやみません。
 皆様のあたたかいご支援をよろしく御願いいたします。

 また、本基金は、2016年8月からスタートした修学支援事業として位置づけられているため、確定申告時における税額控除の対象となっております。

さつき会奨学金の概要

 自宅外から通学せざるを得ず、経済的支援を必要としている東京大学を受験する女子学生を対象に、広く募集・選考を行う。入学後4年間(学部学生の標準修業年限の間。6年制の課程では 6年間)にわたり、若干名に月額3万円を給付する。(返済の必要はない)
 実施期間としては、2013年度から約10年間を予定。
 寄附の状況、奨学金給付の効果等を評価し、必要な時期に本制度の継続や内容を検討する。 

奨学生の声

 多方面に活躍しつつある在学中の奨学生の声をご覧下さい。

 

※「さつき会奨学金」の主旨に賛同いただき、ご寄附をお申し込みいただく際は、入力画面の寄附目的に「支援プロジェクトを指定する」、支援プロジェクトに「さつき会奨学金」が選択されているか必ずご確認下さい。

理事・副学長からのメッセージ

松木 則夫

 2017年4月に理事・副学長就任後、財務、渉外、奨学厚生に加え、男女共同参画も担当しております。東京大学では、世界最高水準の研究・教育のさらなる向上のために、多様な学生が活躍することのできる支援体制の整備の一環として、本学に入学する自宅からの通学が困難な女子学生への支援を推進しています。その意味でさつき会奨学金は、非常に重要な女子学生支援の一つとなっています。

 2012年に寄附募集を開始したさつき会奨学金は、皆様から多大なるご支援を頂いたおかげで、従来の入学前予約型の募集に加え、昨年度から本学在学中の学生を対象とする募集も開始いたしました。これまでさつき会奨学金基金にご支援いただいた皆様に、心より御礼申し上げます。

 さらに多くの女子学生の進学・修学を後押しし、これまで以上に女性が活躍できるよう、今後も引き続きご支援とご協力のほどお願い申し上げます。

2017年6月
東京大学 理事・副学長
松木 則夫

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

「平成29年度 東京大学さつき会奨学金受給者証書授与式」の様子はこちら

「平成28年度 東京大学さつき会奨学金受給者証書授与式」の様子はこちら

「平成27年度 東京大学さつき会奨学金受給者証書授与式」の様子はこちら

「平成26年度 東京大学さつき会奨学金受給者証書授与式」の様子はこちら

「平成25年度 東京大学さつき会奨学金受給者証書授与式」の様子はこちら

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧