貴金属研究・若手育成支援基金

環境調和型リサイクルの実現

PJ画像

プロジェクト設置責任者

生産技術研究所 教授
岡部 徹

今年度寄付総額
1,013,000円
今年度寄付件数
5件
現在の継続寄付会員人数
2人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

私たちの豊かな生活には欠かせない金属

貴金属とは、化合物をつくりにくく、希少性のある金属という条件を満たす元素の総称で、金 (Au)、銀 (Ag)、白金 (Pt)、パラジウム (Pd)、ロジウム (Rh)、イリジウム (Ir)、ルテニウム (Ru)、オスミウム (Os) の8種類の元素を指します。

貴金属は資産としての価値を有するため、今後も人類は採掘と精錬、リサイクルを続けるでしょう。一般的に貴金属は、その美しさや希少性から工芸品や宝飾品に用いられると思われますが、一部の貴金属は、耐熱性、耐蝕性に優れ、特異な触媒特性を有することから、電子部品、自動車用排ガス触媒をはじめとする様々な分野で用いられています。スマートフォンや環境対応自動車など、貴金属は現代の私たちの豊かな生活には欠かせない金属です。

資源セキュリティ・安定供給という課題

金および銀を除く貴金属の元素群は、白金族金属 (Platinum Group Metals: PGM) とよばれています。白金やパラジウム、ロジウムなどは、融点が高く、耐熱性、耐蝕性に優れ、特異な触媒特性を有することから、今では自動車用排ガス触媒、窯業の坩堝、電子部品などの様々な分野で用いられています。しかし、白金族金属の中で抜きん出て生産量が多い白金(Pt)やパラジウム(Pd)でさえ、世界生産量は年200トン程度と寡少です。白金族金属は稀少な元素で生産量に制限があるだけでなく、鉱石の供給源となる鉱山が南アフリカおよびロシアのごく限られた国の特定地域に偏っています。このため、資源セキュリティ・安定供給の面からも使用済みの製品(スクラップ)からのリサイクルによる信頼性の高い資源バッファを築き、長期的に循環利用できる供給ルートを確立することは緊急かつ重要な課題です。

環境調和型リサイクルプロセスの実現に向けて

現在も、高価な貴金属をスクラップから回収することは精力的に行われています。今後は、新たな用途や需要が増えれば、スクラップの特性に応じた多様な新しいリサイクル技術を開発する必要があります。日本には工業製品という形で多量の貴金属が蓄積されているため、資源の有効利用・安定供給の面からも、スクラップを効率良く、かつ環境を害さずに循環利用するルートが注目されています。

意外と知られていないことですが、日本は、世界中から多量の電子材料のスクラップや自動車排ガス浄化触媒のスクラップなど、貴金属を含むスクラップ(廃棄物)を輸入して処理し、貴金属をリサイクルしています。貴金属スクラップのリサイクルを推進する国の中では、日本は、技術的には世界のトップランナーです。

しかし、この貴金属のリサイクルは環境負荷を伴うため、環境調和型リサイクルプロセスの確立は極めて重要な課題です。

画像(提供:田中貴金属工業株式会社)

このプロジェクトに寄付をする

次世代を育てる

今の日本では、貴金属の精錬やリサイクルの研究を行う研究者や技術者が大幅に不足しています。

実のところ、貴金属の精錬・リサイクルプロセスは、研究に必要な最低限のインフラを整備するのに多大な手間とコストを要します。また、実験の難易度が高いため、費やす時間や努力の割には研究成果が上がりません。即効性が高い研究成果が求められる昨今、「貴金属精錬・リサイクルの研究」に取り組む人材は減っています。しかし、貴金属の精錬・リサイクル技術の開発は、困難な分、深みがあり、とても重要な研究分野です。貴金属に関する研究の重要性、将来性に魅了された若手は、研究者・技術者として大きく成長する可能性を秘めています。

若手研究者の実験の様子

ご寄付のお願い

若い世代が貴金属研究を長期的に続けるためには、新しいアイディアと高い使命感をもって、大きく変化する社会に柔軟に対応しつつ、研究や技術開発を推進できる安定した研究・教育環境が不可欠です。新しいアイディアは、多様な交流や経験によって生まれます。当基金は、シンポジウムや学生・若手研究者の海外派遣の実施など質の高い安定した環境の整備によって、研究者・技術者としての視野を広げるとともに、貴金属の研究と教育の進展、貴金属産業の飛躍的な発展を目指します。さらに、日本の貴金属生産の世界生産シェアをさらに向上させ、今後も、貴金属のリサイクル技術の圧倒的な大国として、全世界に貢献しつづけることを目的とします。

このような活動には、多額の経費がかかりますが、現状では、資金は恒常的に不足しております。貴金属の研究や教育の重要性や将来性に共感して頂ける皆さまのご理解、ご協力を賜り、どうか温かいご寄付を賜りますようお願い申し上げます。

使途

・シンポジウム等の開催
・学生・若手研究者の海外派遣
・情報発信・啓発活動

いただいたご寄付は大切にご活用いたします。

このプロジェクトに寄付をする

「貴金属研究・若手育成支援基金」活動報告

2020年05月01日(金)

皆様方の心温まるご支援により、東大基金「貴金属研究・若手育成支援基金」は、多くのご寄付が集まりました。心より感謝申し上げます。東大基金「貴金属研究・若手育成支援基金」の立ち上げから、まだ 1 年も経過しておりませんが、貴金属をはじめとするレアメタルに関係する私どもの活動をここにご報告させていただきます。

活動内容はこちらをご覧ください。
活動報告書PDF(6MB)

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
上田 智延 2020年04月10日 10,000円 現在はレアメタル研究会など思うように活動できない状況ですが、それに代わる有用なメール配信をありがとうございます。引き続き、本基金の活動を支援いたします。
<貴金属研究・若手育成支援基金>
上田 智延 2020年01月13日 5,000円 レアメタル研究会へのご招待をありがとうございました。先進的な講演と参加者の活発な意見交換を拝聴し、日本の貴金属製錬技術力の高さと将来性を確信しました。貴金属研究のさらなる発展のためにお役立て下さい。
<貴金属研究・若手育成支援基金>
上田 智延 2019年12月08日 20,000円 11月27日のセミナーで、社会連携を推進するお立場での岡部教授のスピーチに感銘を受けました。レアメタルの研究と若手研究者の育成にお役立て下さい。
<貴金属研究・若手育成支援基金>
1

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

生産技術研究所
教授
岡部 徹

今年度寄付総額
1,013,000円
今年度寄付件数
5件
現在の継続寄付会員人数
2人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の特典

「東京大学基金」の特典が適用されます。

このプロジェクトの特典

レアメタル研究会+懇親会への無料ご招待

累計2万円以上のご寄付をいただいた個人の方をご招待いたします(メールでご案内いたします)。

チタン製のスプーン

PJ画像1

累計10万円以上のご寄付をいただいた方に、チタン製のスプーンを贈呈いたします。

チタン製のカップ

PJ画像2
PJ画像2

累計20万円以上のご寄付をいただいた方に、チタン製のカップを贈呈いたします。

チタン製のボトルキーパー

PJ画像3
PJ画像3

累計50万円以上のご寄付をいただいた方に、チタン製のボトルキーパーを贈呈いたします。

特製感謝プレート

累計100万円以上のご寄付をいただいた方に、特製感謝プレートを贈呈いたします。

1.特典の金額は累計となります。
(例)初回10万円、その後追加で10万円のご寄付をいただいた場合:初回で2万円以上の特典(無料ご招待)と10万円以上の特典(スプーン)、追加のご寄付で累計20万円となった時点で20万円以上の特典(カップ)の対象となります。
2.年度末集計の累計額に基づき、ご寄付の翌年度にご招待または発送いたします。

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

難治性がんの克服を目指して

スキルス胃癌、膵癌、大腸癌に対する腹腔内化学療法の研究開発

PJ画像

最先端の物理、天文、数学の連携で宇宙の謎に迫る

日本発アインシュタイン:カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)

PJ画像

動物にも人にもやさしい世界一の動物病院を目指して

東京大学動物医療センター140周年記念基金(東大VMC基金)

PJ画像

イノベーションを産む奇跡の海

マリン・フロンティア・サイエンス・プロジェクト

PJ画像

教育から社会をかえる ~100年後の地球のために~

One Earth Guardians(地球医)育成プログラム支援基金

PJ画像

三陸の水産業の復興をめざして

沿岸センター活動支援プロジェクト(大気海洋研究所)

PJ画像

国際舞台で活躍する優秀な人材を社会へ輩出

PEAK奨学金制度(東京大学総合文化研究科・教養学部基金)

PJ画像

東京大学のシンクタンク ~大学と社会を結ぶ新しい回路

未来ビジョン研究センター(※2019年4月1日をもちまして、政策ビジョン研究センター(PARI)は未来ビジョン研究センター(IFI)に組織統合いたしました。)

PJ画像

卓越性、多様性、包摂性を大切にした教育学研究をリードし、社会に貢献する

教育学部・教育学研究科教育研究創発基金「教育学部創立70周年記念基金」

PJ画像

ヒトの知性はどのように生じるか?

ニューロインテリジェンス国際研究機構(IRCN)基金

PJ画像

東京大学から世界へ 飛び立つ学生を応援する

Go Global 奨学基金(東京大学在学学生留学支援・海外派遣事業)

PJ画像

誰も知らない未開拓領域に臨み、知の最前線を拓く冒険

東京大学大学院新領域創成科学研究科 「新領域創立20周年記念基金」