山上会館リノベーション事業

東京大学創設140周年記念

プロジェクト設置責任者

資産管理部長

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

心より御礼申し上げます

本事業は、2018年9月末日をもって募集期間を満了いたしました。
多方面から温かいご支援を賜り、心より御礼申し上げます。
おかげさまで素晴らしい会議室が完成しました。ぜひご来学ください。
※2018年10月11日(木)にリニューアルオープンしました。
※銘板設置完了しました。

ご挨拶

トップ画像.jpg


山上会館の歴史を辿れば江戸時代までさかのぼります。関東大震災による焼失等々を経て、現在の形になりましたのが1986年です。東京大学創設100周年事業の一環として建設されました。

国立国会図書館(1961年)や国立西洋美術館新館(1979年)などを設計した本学の卒業生でもある著名な建築家、前川國男氏の設計による山上会館は、前川氏の最晩年の作品のひとつです。近年の老朽化は隠し切れず、2017年の東京大学創設140周年事業のひとつとしてリノベーションすることが決定しました。

山上会館は、学会ができる大きな会議室、分科会用の小会議室、懇親会ができるレストランの各機能がひとつにまとまった貴重な建物です。昨今のグローバル化に対応し、「知の協創の場」として国際会議や学会を開催し、東京大学の発信力を強化するために、国際基準の会議場に生まれ変わります。

山上会館リノベーション事業にご支援を賜りますようお願い申し上げます。

東京大学理事・副学長 小関 敏彦

 

山上会館の歴史


東京大学は「赤門」に象徴されますように、加賀藩とその支藩である富山藩と大聖寺藩の跡地に設立されました。明治維新後の1873(明治6)年に文部省用地となり、1874(明治7)年には東京大学の前身のひとつであります東京医学校がこの地に移転し、富山藩の表御殿が医学校の教場(教室)となり「別課医学教場」と呼ばれました。

1893(明治26)年に別課医学教場が現在の山上会館のある三四郎池(正式名称:心字池)を見下ろす高台に移築されました。御殿が山の上に移築されたことから、「山上御殿」と呼ばれ、総長室などが入る本部や会議所として使われました。
現在は人工芝化されている御殿下グラウンドは文字通り、「御殿」の足下に位置していたのです。

山上御殿は、1923(大正12)年の関東大震災で焼失しました。震災後、山上会議所が設置され、数度の増改築を経て、1986(昭和61)年に東京大学創設100周年記念事業の一環とし現在の山上会館にその歴史を引き継ぎました。1977(昭和52)年に創設100周年を迎えた東京大学は各種の記念事業を行いましたが、山上会館は計画案の策定、資金集め、歴史的な背景による発掘調査に時間がかかり、実際の完成は1986年まで待つことになりました。

2015年、梶田隆章教授がノーベル物理学賞を受賞した際の記者会見を行ったのも山上会館でした。

この歴史的ルーツをもつ山上会館が国際基準の会議場として生まれ変わりました。



 

リノベーションの特徴

2階会議室のリノベーション

  • 会議室面積を270㎡から360㎡に拡大
  • 多彩な座席レイアウトが可
  • 最大定員を99席から約120席に増設
  • 音響映像設備を最新機器に更新
  • 会議マイクシステムの更新
  • 高窓の設置による明るい室内
  • 大会議室の天井及び設備機器の非構造部材の耐震化を行い、安全性を向上
  • エレベータ増設
改修後写真11.jpg


改修後写真22.jpg
 

 

 山上会館リノベーション事業に係る費用の一部についてご支援をお願いいたします。
 寄付募集金額  1億円
 寄付募集期間  2017年10月~2018年9月

山上会館2-2.png
 
 

お問い合わせ

【事業内容に関するお問い合わせ】
東京大学施設部管理課
〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1
電話:03-5841-1064
FAX:03-5841-2229
E-mail:pmsuishin.adm@gs.mail.u-tokyo.ac.jp
(※電子メール送信の際は、@を半角に直してください)

【ご寄付に関するお問い合わせ】
東京大学基金事務局
〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1
電話:03-5841-1217
FAX:03-5841-1219
お問い合わせフォーム

2018年活動報告

山上会館リノベーション事業は、2017年の東京大学創設140周年事業の一環として、老朽化した山上会館を、昨今のグローバル化に対応した国際基準の会議場にリノベーションした事業です。

本事業は、20189月末日をもって募集期間を満了し、20181011日にリニューアルオープンいたしました。

 

寄付金の使途

いただいたご寄付は、大会議室改修工事費用と大会議室内什器購入の一部として活用させていただきました。

 

寄附の成果

リノベーション内容が学内広報で特集されました。詳細はこちら

 

改修前の大会議室

山上会館 活動報告11.png

改修後の大会議室

山上会館 活動報告2.png

 

銘板が設置されました

2018年12月05日(木)

PJ画像1
2階の御殿下グラウンド側、新設されたエレベーター脇に設置されました。

東京大学創設140周年記念として実施された山上会館リニューアル事業の銘板が設置されました。新設されたエレベーターの近く、御殿下グラウンド側に位置します。一括で3万円以上のご寄附をくださった方々のお名前を掲示させていただいております。

2018年10月11日に営業を再開して以降、すでに多くの学会やシンポジウムが2階大会議室で開催され、東京大学の「知の協創の場」として活用されています。

今の時期、1階および2階のレストランでは三四郎池を囲む紅葉を愛でながらお食事をする人々が多く見受けられます。

本事業には462件、2,200万円を超えるご寄附をお寄せいただきました。
ご支援くださった皆様にあらためて御礼申し上げます。

御礼 山上会館リノベーション事業完了

2018年10月18日(木)

PJ画像2
地下1階のレストラン

2017年10月に工事が始まった山上会館のリノベーションが無事完了し、2018年10月11日より営業を再開しています。本事業に多くのご寄附をお寄せいただきましたことに心から感謝申し上げます。ご寄附の特設銘板は11月末~12月初の設置を予定しております。

新しくなった会議室およびレストランをぜひご利用ください。

山上会館 完成1.jpg
自然光が明るくなった2階大会議室
 
山上会館完成2.jpg
2階大会議室に併設された小会議室
 
山上会館完成3.jpg
新設されたエレベーター
 

プロジェクト設置責任者

資産管理部長

このプロジェクトは終了いたしました

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

「東京大学基金」の特典が適用されます。

3万円以上のご寄付

山上会館リノベーション事業に一定額以上のご寄付を賜りました方へ特典をご用意しております。
一括で3万円以上のご寄付をくださった方のお名前を2階ホワイエ内特設銘板に残し、末永く顕彰させていただきます。

 ※ 銘板設置は11月末から12月始め頃を予定しております。

 ※ 2階ホワイエ特設銘板に掲載されるお名前はご寄付のお申込者様のお名前になります。
   お名前の掲載は、原則「五十音順」となりますので予めご了承ください。
   掲載を希望されない方は、以下の東京大学基金事務局へご連絡くださいますようお願いいたします。

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

東京大学創設140周年記念

中央食堂リニューアル事業

詳細をみる

募集終了