東京大学動物医療センター140周年記念基金(東大VMC基金)

動物にも人にもやさしい世界一の動物病院を目指して

PJ画像

プロジェクト設置責任者

農学生命科学研究科 附属動物医療センター長
中山 裕之

今年度寄付総額
710,000円
今年度寄付件数
12件
現在の継続寄付会員人数
1人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

オーナーと獣医 - コピー.jpg

東京大学動物医療センターの歴史

東京大学動物医療センターは駒場農学校家畜病院として1880年11月に開設されました。同年にドイツから来日したヨハネス・ルードヴィッヒ・ヤンソン教師の指導のもと獣医臨床教育の場として活動を開始しました。2020年11月に開設140周年を迎える、日本最古の獣医教育病院です。
現在は弥生(農学部)キャンパスに立地しています。2019年時点で獣医師66名・看護師8名・事務職員8名が所属し、臨床系研究室の大学院・学部生76名を加えると総勢160名の大所帯です。
年間のべ2万頭の動物を診療し、症例を用いた教育・研究を行っています。また、広く一般の見学も受け入れています。

動物医療センターは農学部弥生キャンパスにあります
動物医療センターは農学部弥生キャンパスにあります
動物医療センター正面玄関 ヤンソン先生銅像
正面玄関 ヤンソン先生銅像

東京大学動物医療センター140周年記念基金の趣旨

犬や猫、さらにエキゾチック動物など、伴侶動物は人の暮らしに潤いを与えてくれます。また動物との触れ合いは人の心を豊かにし、人間ばかりでなく地球上のすべての生き物、そして環境をも思いやる気持ちを育みます。

写真:猫
写真:プードル

動物医療センターは伴侶動物の高度診療を通じて、人と動物の幸せなよりよい関係を構築し、人々の社会生活の平穏と健康を支援しています。
また①優れた技能と②豊かな人間性を兼ね備えた次世代を担う獣医師の教育・育成機関として、日本はもとより世界の獣医臨床のトップリーダーとして大きく期待されています。

写真:犬
写真:ボルゾイ

しかしながら、現在の動物医療センターの建物は、竣工からすでに約30年が経過し、老朽化が目立っています。施設の改装・環境整備が早急に必要な状況ですが、昨今の国立大学法人の経費削減のあおりを受け、医療機器の更新さえも困難な状況です。

コスト削減などの、様々な経営努力を行ってきましたが、抜本的な解決には及ばない状況です。
獣医療の未来を支える人材の育成・教育の推進には、診療施設・設備の充実と職員体制の拡充・待遇向上が必要です。
以上のような状況から、東京大学動物医療センター140周年記念基金を立ち上げました。

写真:診察中の獣医師
診察中の獣医師
臨床教育を行う教員
臨床教育を行う教員

開設140周年を迎えて

2020年、開設から140周年を迎えるにあたり、次の10年・100年先を見据えた病院づくりを行いたいと考えています。140年前、はるか遠いドイツの地から日本へ赴き、日本の獣医学教育の基礎を築き上げたのはヤンソン先生でした。ヤンソン先生は獣医学教育だけでなく、鹿鳴館で社交ダンスのレッスンを行うなど、日本の文化の近代化にも貢献され、奥様と過ごされた鹿児島の地で永眠しました。
動物医療センターは、ヤンソン先生が目指した国際的な獣医師の養成を実現したいと考えています。そして、これからの10年・100年先の未来のために人と動物が幸せに暮らし、ともに共生できる社会の実現に貢献したいと考えています。高度診療と教育・研究という三本の柱の基に、まずは来院するすべての動物と人、そして働くスタッフ全てにやさしい動物病院づくりを行ってまいります。

1912年(明治45年)の農科大学獣医学科卒業生
1912年(明治45年)の農科大学獣医学科卒業生。ヤンソン像前での記念撮影です。 当時、農科大学は駒場にありました(枠内はヤンソン先生の写真)。 東京大学獣医病理学研究室所蔵。
写真
2016年(平成28年)の東京大学農学部獣医学専修の卒業生。 同じく、ヤンソン像前での記念撮影です。 現在、ヤンソン像はセンター正面玄関前に移設されています。 100年前と比べ学生数も教員数も増えています。

寄付者の皆様へのメッセージ

動物医療センターは、これからも永続的に、病気を抱えた動物たちの治療を通して動物とそのご家族を支えていきたいと考えております。140年前、ドイツから来日し、我が国の獣医療の礎を築いたヤンソン先生は、当時から国際的な獣医師の養成を視野に入れ、英語による教育を行っていました。
ヤンソン先生が、我が東京大学に託した夢と未来像を実現することが教職員一同の願いです。また、センターを訪れる全ての人にとって、安心して未来を託すことのできる「動物にも人にもやさしい世界一の動物病院」を目指します。
世界に羽ばたく有為な人材を育成するというトップリーダーとしての使命を果たすには、多くの方々の支援が必要です。
皆様の温かいご支援をお待ちしております。

動物医療センター2F 待合での受付スタッフと飼い主
2F 待合での受付スタッフと飼い主様
動物医療センター待合室の様子
待合室の様子

ご寄付の活用方法

皆様からのご寄付は、下記のために大切に活用させていただきます。

  1. 診療施設の整備:院内施設のバリアフリー化など動物と飼い主様にやさしい動物病院環境を目指します
  2. 低侵襲治療の導入:最新の医療機器の導入により、的確で動物の体への負担が少ない診断・治療を実現します
  3. 獣医師の教育と育成:夜間診療の充実や適切な獣医療サービスの実現を目指します

皆様の温かいご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます
皆様の温かいご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

企画内容に関するお問い合わせ

東京大学大学院農学生命科学研究科附属動物医療センター事務室
〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1 東京大学動物医療センター1階事務室
電話:03-5841-5421
FAX:03-5841-8012
E-mail:vmc-jimu@ofc.a-u-tokyo.ac.jp(※電子メール送信の際は@を半角に直してください)

関連URL

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
天尾 美花 2019年11月21日 10,000円 目指せ!動物にも人にもやさしい世界一の動物病院!!
<東京大学動物医療センター140周年記念基金(東大VMC基金)>
1

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

農学生命科学研究科
附属動物医療センター長
中山 裕之

今年度寄付総額
710,000円
今年度寄付件数
12件
現在の継続寄付会員人数
1人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の特典

「東京大学基金」の特典が適用されます。

このプロジェクトの特典(140周年記念限定)

動物医療センターは、2020年に開設から140周年を迎えます。これを記念して、140周年基金へのご寄付に対する限定の特典をご用意しました。ご寄付は任意の金額から受け付けておりますが、継続寄付または3万円以上のご寄付をいただいた方には金額に応じた特典をお贈りいたします。

140周年記念基金限定会員証

PJ画像1
PJ画像1

継続的なご支援をいただいた方には140周年記念基金限定会員証をお送りします。どの絵柄が届くかはお楽しみとなります(画像はイメージです)。

継続寄付(アニュアルギフト)についてはこちら

東京大学動物医療センターWebサイトへのお名前掲載

累計3万円以上のご寄付をいただいた方のお名前を、当センターWebサイトに掲載いたします。
※ ご入金時のお名前で掲載されます。
※ 掲載を希望されない場合、またはご入金時と異なるお名前での掲載をご希望の場合は、お申込み時に東京大学基金事務局(03-5841-1217)へお知らせください。

オリジナルグッズ進呈&寄付者限定動物医療センター見学ツアーへのご招待

PJ画像3
お散歩バッグ(イメージ)
PJ画像3
タオル(イメージ)

累計10万円以上のご寄付をいただいた方に、オリジナルグッズを進呈いたします。

写真:獣医師 佐藤先生

また、獣医師が寄付者様限定の当センター見学ツアーのご案内をいたします。

動物医療センター内に銘板設置

累計30万円以上のご寄付をいただいた方のお名前を記した銘板を、本プロジェクト終了後、動物医療センター1Fロビーに設置いたします。

※ 銘板はご入金時のお名前で作成いたします。作成を希望されない場合、またはご入金時と異なるお名前での銘板掲示をご希望の場合は、お申込み時に東京大学基金事務局(03-5841-1217)へお知らせください。

ペット健康相談会へのご招待(年1回)

PJ画像5

累計100万円以上のご寄付をいただいた方を、寄付者様限定のペット健康相談会にご招待いたします(年1回)。
またはプレミアムオリジナルグッズを進呈いたします。

ペット健康相談会へのご招待(年2回)

累計500万円以上のご寄付をいただいた方を、寄付者様限定のペット健康相談会にご招待いたします(年2回)。
またはプレミアムオリジナルグッズを進呈いたします。

特別記念品

累計1,000万円以上のご寄付をいただいた方に、特別記念品(内容検討中)を贈呈いたします。

  1. 特典の金額は累計となります。(例)初回10万円、その後追加で20万円のご寄付をいただいた場合:初回で3万円以上の特典(センターWebサイトへお名前掲載)と10万円以上の特典(オリジナルグッズ&センター見学ツアー)、追加のご寄付で累計30万円となった時点で30万円以上の特典(銘板)の対象となります。

  2. 年度末集計の累計額に基づき、以下の時期にご招待または発送いたします。
    第1期:2019年12月1日~2020年3月31日のご寄付→2020年6月頃
    第2期:2020年 4月1日~2021年3月31日のご寄付 →2021年6月頃
    第3期:2021年 4月1日~2022年3月31日のご寄付→2022年6月頃
    第4期:2022年 4月1日~2022年9月30日のご寄付→2023年1月頃

  3. ペット健康相談会の実施時期
    ご希望者(累計100万円以上のご寄付をいただいた方)にはご寄付の翌年度以降、個別に日程調整いたします。

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

最先端の物理、天文、数学の連携で宇宙の謎に迫る

日本発アインシュタイン:カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)

PJ画像

卓越性、多様性、包摂性を大切にした教育学研究をリードし、社会に貢献する

教育学部・教育学研究科教育研究創発基金「教育学部創立70周年記念基金」

PJ画像

イノベーションを産む奇跡の海

マリン・フロンティア・サイエンス・プロジェクト

PJ画像

我が国の新たな医学・医療のパラダイムシフトを発信

東京大学医科学研究所創立125周年・改組50周年記念事業「IMSUT One to Gogo基金」

PJ画像

教育から社会をかえる ~100年後の地球のために~

One Earth Guardians(地球医)育成プログラム支援基金

PJ画像

東京大学から世界へ 飛び立つ学生を応援する

Go Global 奨学基金(東京大学在学学生留学支援・海外派遣事業)

PJ画像

国際舞台で活躍する優秀な人材を社会へ輩出

PEAK奨学金制度(東京大学総合文化研究科・教養学部基金)

PJ画像

東京大学のシンクタンク ~大学と社会を結ぶ新しい回路

未来ビジョン研究センター(※2019年4月1日をもちまして、政策ビジョン研究センター(PARI)は未来ビジョン研究センター(IFI)に組織統合いたしました。)

PJ画像

誰も知らない未開拓領域に臨み、知の最前線を拓く冒険

東京大学大学院新領域創成科学研究科 「新領域創立20周年記念基金」

PJ画像

東京大学創設140周年記念

山上会館リノベーション事業

詳細をみる

募集終了

PJ画像

東京大学創設140周年記念

中央食堂リニューアル事業

詳細をみる

募集終了