東京大学基金ホーム > プロジェクトカテゴリ一覧 > 東大スポーツ振興基金 > ホッケー部支援基金

ホッケー部支援基金

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

ホッケー部支援基金とは

写真:ホッケー部第2グラウンド

東京大学運動会ホッケー部は1924年創部、500名を超えるOB・OG組織を持つ伝統ある運動部です。

部員は「日本代表クラスの選手が在籍する関東1部リーグに定着し、1部校相手に勝利する」という目標を掲げて日々努力しています。

2010年、この東大ホッケー部に創部以来ともいうべき大きな変化がありました。

OB・OGからの募金と教養学部のご支援を得て、駒場キャンパス第2グラウンドが人工芝に生まれ変わったのです。

これを契機に部員数も着実に増加し、部の強化はもちろんのこと、公認ホッケー場の認可を得て各種公式戦の開催や、地元小・中学生を対象としたジュニア教室を開くなど、「駒場を新たなホッケーの発信地に」との思いで、活動の幅を広げており、東京大学運動会をけん引する存在でもありたいと願っています。

本基金は東大ホッケー部の活躍の場である第2グラウンド周辺の施設整備や、10年に一度必要といわれる人工芝の張り替えを実現するなど、幅広くホッケー部を支援していきたいとの趣旨で設立されました。

学内・学外を問わず、ご賛同いただける皆さまからのご支援を心よりお願い申し上げます。

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧