剣道部活動支援基金

学業と両立しながら七大戦(七帝戦)優勝を目指す

PJ画像

プロジェクト設置責任者

運動会 剣道部

今年度寄付総額
0円
今年度寄付件数
0件
現在の継続寄付会員人数
0人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

わが国で最も伝統ある大学運動部の一つ、東京大学運動会剣道部。

東京大学運動会剣道部は、1887年創部、約700名の先輩組織(赤門剣友会)を持つ、わが国で最も伝統ある大学運動部の一つです。
現在60名を超える部員は、団体・個人の全国大会出場、七大戦(七帝戦)優勝、その他対抗戦の勝利等の目標を掲げ、学業と両立しながら日々練習に励んでいます。
しかしながら、剣道は、剣道具の購入・修理、竹刀や稽古着・袴(はかま)の消耗品購入等、他のスポーツに比し学生は重い経済負担を余儀なくされています。
また、剣道部が使用する武道場「七徳堂」は、竣工後75年を経て老朽化が目立ってきており、良好な稽古環境の維持のためその改修は、他部ともども喫緊の課題となっております。
こうした諸課題に対応するため、赤門剣友会から経済的援助を受けていますが、本基金を設置し、さらなる財源の拡充を目指します。

photo_5.jpg
 

基金の趣旨

このような諸課題に対応するため、基金を設立いたしました。
使途については、具体的には以下を想定しています。
1.七徳堂改修に関する支出
2.剣道具、及び竹刀等消耗品等購入
3.七大戦(七帝戦)などへの部員の遠征費用

photo_2.jpg

uid000001_201906061239251a334696.jpg

関連URL

このプロジェクトに寄付をする

応援メッセージ(剣道部トレーニングコーチ 井上 友綱 様)

2014年03月12日(水)

PJ画像0

「強い東京大学に」
プロフィール┃1986年大阪府生まれ。高校でアメフトを始め早稲田大学へ進学。卒業後の2008年から2012年9月まで日本人初のNFL選手を目指し挑戦。挑戦中に得たオンリーワンの経験を還元する為にTOMOTSUNA ACADEMYを設立。今後は自らが得た経験を生かして様々な世界に挑戦すると同時に、次世代の挑戦者や違う世界で闘っている方々の育成、サポートに力を入れる。
 

剣道部を指導するに至った経緯

皆様。初めまして。現在剣道部の筋力トレーニング指導をさせて頂いております井上友綱と申します。私は東京大学卒でも無ければ剣道の竹刀も握った事がありません。 ではなぜそんな私が剣道部の学生達の指導をしているのかをお伝えさせて頂きます。

きっかけは、剣道部OBの東京大学医科学研究所教授の上昌広先生です。上先生には日本人初のNFL選手に挑戦中、大変お世話になりました。帰国してからご挨拶にお伺いすると剣道部のOBの方や部員に皆様と食事をご一緒させて頂き、そこで筋力トレーニングの指導を依頼されました。 私は二つ返事で引き受けました。

「強い東京大学」をみる為に

私の心の中ではお世話になった方への恩返しの気持ちの他に「強い東大をみたい」といった気持ちがあったからです。私はアメリカンフットボール選手ですのでアメリカンフットボールで例えさせて頂きますと、ハーバード大学とイェール大学の試合は138年続く伝統のある試合であると共に両校とも強豪校です。
さらに両校とも世界大学ランキングトップ11に入る、まさに文武両道の学校です。

アメリカでは文武両道が徹底されており、あるアメリカンフットボールのチームでは授業中に寝ていたり欠席したりすると練習に参加できないだけでなく厳しい罰が待っています。(と言いましても心肺的に辛い走るトレーニングなどです)

私が指導させて頂いております剣道部の選手達は勉強が出来ると思います。(そう願っています!)
なので自らの意思で入部した部活動も全力で取り組んで頂き、他の学生とは違った学生生活を過ごして頂きたいです。特に日常では経験する事の出来ない緊張感がある試合やその為の準備は、今後の人生においても非常に素晴らしい経験になる事は間違いありません。

強い東京大学をみる為に今後も可能な限りご協力させて頂きます。
最後になりましたが部外者である私にこの様な機会を頂けました皆様に心より感謝申し上げます。

写真2.jpg


写真3.jpg

七徳堂におけるトレーニング指導

応援メッセージ(剣道部OB 藤井 健志 様)

2013年03月18日(月)

PJ画像1

「未来に花咲く若き力のために」
プロフィール┃1969年生まれ。岡山県岡山市出身。宗治道場で剣道をはじめ、小学生時代に全国大会優勝。中学時代は全国個人三位。教育学部教育行政学科(当時)卒。
 

教育の未来の力を福島で実感

東京大学医科学研究所特任教授の上昌広先生は私の東京大学運動会剣道部時代の一期上の先輩。福島の生んだ昭和の剣聖、故小沼宏至先生(元警視庁剣道部主席師範)を師範にお迎えし、本郷キャンパス剣道場「七徳堂」でともに汗を流した仲です。偉大な先人、そして人材育成のために投資を惜しまなかった日本の伝統の生み出した環境で、我々は本当に充実した学生時代を過ごすことができました。

そんな上先生が東日本大震災による原発事故後すぐに福島浜通りに乗り込み、研究室スタッフを指揮し、命がけで現場の医療を支えているという話はすぐに私の耳にも入ってきましたが、それから間もなく、上先生ご本人から「医療で命、健康の不安を落ち着かせたら次は教育。藤井、頼む。」と声をかけられたとき、私は「はい」と答える一方で、正直予備校講師に被災地で何ができるか全く見当もつきませんでした。

とにかく上教授から教えていただいたtwitterアカウントで情報収集を開始。それから程なく東大経済学部松井彰彦教授による福島県立相馬高校への教育支援に関する「つぶやき」が目に入り、私も加わりたいと上先輩を通じて申し出て、松井教授の快諾をいただきました。それ以降、東大内外の協力者、そして東大剣道部OB,現役部員によって、相馬の教育現場の中核を担う相馬高校を拠点にした支援が続き、今では運動部の全国レベルでの活躍と同時に、2013年度入試においては43年間で3人目、12年ぶりの東大現役合格者が生まれるに至っています。
 

現在七徳堂で剣に打ち込む後輩たちにこの伝統を引き継いでゆきたい

そんな中で私が学び、気付かされたのは、被災地の子どもたちへの教育の重要性であると同時に、私自身の子ども時代、学生時代に与えられた教育の力でした。我々を育てるため先人達、当時のおとなたちが投資し、与えてくれた環境。福島出身で、世界に名をとどろかせていた指導者である小沼宏至先生による、東京の、しかも大学剣道では必ずしも強豪とは呼ばれていなかった我々に対する無償の指導。そして、損得勘定抜きで無心に剣に打ち込む中でともに泣き、ともに笑った仲間…。

我々の福島での活動は、若い時期に当時のおとなたちから与えられたこのような学習、運動の環境なしにはありえませんでした。中でも1888年に創部し、GHQによる武道禁止措置を乗り越えて存続する東大剣道部の伝統は、「きょうのおまんま」を後まわしにしてでも若い世代の教育に投資した日本近代の歴史抜きには成立しなかったでしょう。我々は間違いなく日本の子ども、みんなの子どもでした。


写真5.jpg
七徳堂で開催された相馬高校vs剣道部の招待試合


微力ながらも後進を指導する立場、今現在おとなとなった私も、現在七徳堂で剣に打ち込む後輩たちにこの伝統を引き継ぐべく、OBとして彼らを支え、また彼らの力を借りて社会貢献を続ける所存でございますし、皆様にご協力をいただいたスポーツ振興基金によって育てられた若者たちが、この美しい日本の未来にさらなる輝きをもたらすよう応援し続けようと思います。皆様のご協力に心から感謝申し上げます。

写真6.jpg
相馬高校剣道部との一枚

写真7.jpg
東京大学運動会剣道部との一枚


※福島での活動の詳細については「復興は現場から動き出す」(東洋経済新報社)、朝日新聞「プロメテウスの罠」26シリーズ・生徒はどこだ、月刊剣道時代2013年3月号等をご参照ください。

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
1

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

運動会
剣道部

今年度寄付総額
0円
今年度寄付件数
0件
現在の継続寄付会員人数
0人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の特典

「東京大学基金」の特典が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

さらなる競技力向上で世界に翔けB&W

ボディビル アンド ウエイトリフティング部

PJ画像

インカレ1部昇格、国立九大学戦優勝を目指して

スキー部活動支援・留学生スキー講習会支援基金