陸上運動部支援基金

関東インカレ一部校復帰、箱根駅伝出場を目指して

プロジェクト設置責任者

陸上運動部 部長

今年度寄付総額
1,560,000円
今年度寄付件数
3件
現在の継続寄付会員人数
1人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

関東インカレ一部校復帰、箱根駅伝出場を目指して

 東京大学陸上運動部は、1887年には活動を開始していた伝統のある運動部です。部の創設から120年を超え、オリンピック選手の輩出、箱根駅伝出場などの歴史を誇っています。近年でも、2000年以降に、関東インカレ一部校昇格、箱根駅伝学連選抜出場を果たすなど成果を挙げています。

 100人を超える部員は、日頃より努力を続け競技力が向上しており、2019年には近藤選手が箱根駅伝関東学生連合チームで1区を走るなどの成果が出ています。さらに関東学生陸上での1部昇格を目指して練習を続けています。

陸上部.png

基金の趣旨

 本基金は、陸上運動部OBOGはじめ、幅広い方々からの寄附を募り、陸上運動部の強化や運営、駒場第一グラウンドの改修の支援に役立てたいとの趣旨で設立します。

1.陸上運動部の活動支援のため
 使途については、具体的には以下を想定しています。
    ①七大戦、京大戦等の遠征費
    ②練習設備・備品の購入

2.駒場第一グランド保全のため
 駒場第一グランドはグランド表面の摩耗がひどくなり、2015年より「駒場第一グランド改修プロジェクト」を開始しました。その結果、OBOGや部員の両親関係者から8000万円近い寄附が集まり、大学からも資金を出していただけることになり、2018年度中に改修工事を行い、2019年4月に日本陸連第4種競技場の検定を受けて、改修工事が完成しました。


陸上部式典ー全体写真1.jpg

 これまで曲走路は6レーンまでしか使えなかったのが、7レーンまで公認競技会で使用可能になりました。またハンマー投げと円盤投げを国際規格で行うことができるようになりました。皆様のご支援のおかげで基金設立当初の目標であった改修を達成することができました。皆様のご支援に改めて御礼を申し上げます 。

 しかし、グランドは使用していけば、傷も付き劣化していきます。陸連規則により5年ごとに改修して陸連の検定を受ける必要があります。陸上運動部の実力向上のためにも公認グランドの維持は不可欠です。
 
 上記の状況並びに次回のグランド検定を鑑み、引き続き陸上運動倶楽部支援基金を継続させていただきます。今後とも何卒温かいご支援をよろしくお願いします。

このプロジェクトに寄付をする

2018年度活動報告

2018年 陸上運動部活動報告

主な活動

 東京大学陸上運動部は、1887年には活動を開始していた伝統のある運動部です。100人を超える現役部員は、日頃より努力を続け競技力が向上しており、関東インカレ一部校復帰、箱根駅伝出場の可能性も十分出てきています。

寄付金の使途

 陸上運動部の活動のための支援として、七大戦・京大戦・ロンドン遠征・合宿等の交通費、投擲ネット等設備・用具費に活用させていただきました。2019年度に、全天候型トラックに改装されて20年以上経過した駒場第一グラウンド改修工事費の支出を予定しています。

継続支援のお願い

 毎年安定的に寄付をいただいていることが陸上運動部の活動の支えとなっております。また、駒場グラウンド改修は、2019年の改修工事の完了で目処がついていますが、次の改修を見据えて基金による寄付の募集を継続する予定です。何卒、温かいご支援をよろしくお願いいたします。


 

棒高跳び用のポールを新調!(陸上運動部支援基金)

2017年03月15日(水)

 


gra ac4.jpg
試合風景
gra ac5.jpg
試合風景

gra ac6.jpg

学生の声  (陸上運動部 3年  寳田雅治さん)


「東大陸上部3年の寳田と申します。早速購入した14フィート150ポンドのポールで試合をさせていただきました。新品の状態なので全力で助走して使用しても折れたりする心配がなく、安心して使用することが出来ております。15フィートの残りの2本も国体優勝経験の1年生が入部したこともあり、元々部に適切な堅さのポールがなかったので、有効に使用させていただいております。」

 

投擲用のやりを購入!(陸上運動部支援基金)

2017年03月08日(水)

 


gra ac1.jpg
寄附の成果:投擲用のやり

gra ac2.jpg
試合の様子

gra ac3.jpg

学生の声  (陸上運動部 投擲1年  八木澤光大さん)


「この度はスポーツ基金を利用して競技用やりを購入して頂き、誠にありがとうございました。新しい槍を使い、京都大学との対校戦も行うことができ、また練習も性能のいいやりで行うことができるようになりました。この恵まれた環境に感謝を忘れず、日々精進していきたいと思っております。」

 

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
******** 2019年02月24日 100,000円 駒場第一グラウンドの改修工事にお役立て下さい。
今、工事の真っ只中ですね。
新しいグラウンドのお披露目を楽しみにしています。
<陸上運動部>
上田 裕一 2018年10月22日 2,000,000円 春先の温かい沖縄合宿でシーズンを開始してほしい。
<陸上運動部>
田上 静之 2018年03月25日 350,000円 陸上運動部現役学生の皆さん、しっかり練習して強くなってください。
<陸上運動部>
******** 2018年02月24日 100,000円 グラウンド改修プロジェクトに活用して下さい。陸上運動部の活躍を祈念しています。
<陸上運動部>
上田 裕一 2017年10月16日 1,500,000円 南北に長い日本の温かい沖縄で、シーズンに先駆けセットアップしてもらいたい。
<陸上運動部>
岩田 要 2017年08月27日 30,000円 自分が現役時代、駒場第一グラウンドが今のように全天候になった時には感動しました。陸上運動部の現役のみなさん、特に中距離パートのみなさん、活躍を期待しています。
<陸上運動部>
******** 2017年06月04日 50,000円 卒業生です。陸上運動部のますますのご活躍を祈念しています。頑張ってください!
<陸上運動部>
西村 邦裕 2017年03月23日 50,000円 学生のころ、たくさん走り、お世話になった駒場第一グラウンド。グラウンドの改修に向けて寄付させていただきます。
<陸上運動部>
石川 淳 2017年01月12日 60,000円 駒場グラウンドは授業および陸上運動部はじめ各運動部の活動のために、ぜひ改修するべきです。
<陸上運動部>
******** 2016年12月20日 10,000円 駒場第一グラウンドの改修のため僅かながらですが貢献したいと思います
<陸上運動部>
上田 裕一 2016年12月19日 1,000,000円 南北に長い日本、沖縄が亜熱帯であることを実感出来るでしょう。
桜は正月に咲きます。花と散らないのも特徴です。
のろのろ台風の被害でも何回もあるからナンクルナイサーです。
<陸上運動部>
上田 裕一 2016年11月29日 1,500,000円 初めての国外親睦対校試合(ケンブリッジ)に賛同します。
<陸上運動部>
溝口 勝 2016年09月07日 123,456円 駒場グラウンドの整備のための第2ラウンド。
<陸上運動部>
高松 信彦 2016年08月09日 300,000円 陸上運動部の益々の発展、活躍を期待しています。
<陸上運動部>
******** 2016年05月11日 50,000円 陸上運動部のグラウンド改修のために寄付します。今後も文武両道を目指して頑張ってください!
<陸上運動部>
******** 2016年03月26日 50,000円 陸上運動部のグラウンド改修のために寄付します。今後も文武両道を目指して頑張ってください!
<陸上運動部>
******** 2016年02月23日 300,000円 全天候グラウンドが新装されたら、競技のためでもよし、健康のためでもよし、皆で走りましょう。東大関係者で陸上のオリンピック代表が出たら尚更よし。
<陸上運動部>
渡邉 拓也 2016年02月23日 50,000円
<陸上運動部>
12次へ »

このプロジェクトに寄付をする

プロジェクト設置責任者

陸上運動部
部長

今年度寄付総額
1,560,000円
今年度寄付件数
3件
現在の継続寄付会員人数
1人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の特典

「東京大学基金」の特典が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

さらなる競技力向上で世界に翔けB&W

ボディビル アンド ウエイトリフティング部

PJ画像

インカレ1部昇格、国立九大学戦優勝を目指して

スキー部活動支援・留学生スキー講習会支援基金