ア式蹴球部(サッカー部)支援基金

関東大学サッカーリーグ復帰を目指して

PJ画像

プロジェクト設置責任者

運動会 ア式蹴球部(サッカー部)

今年度寄付総額
18,776円
今年度寄付件数
2件
現在の継続寄付会員人数
0人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

関東大学サッカーリーグ復帰を目指して

東京大学運動会ア式蹴球(サッカー)部は1918年創部、約600名のOB組織(一般社団法人東大LB会)を持つ伝統ある運動部です。日本代表選手も輩出し、日本サッカー殿堂に掲額されたOBは10名(故人を含む)になります。

現在100名を超える部員は、東京都1部リーグにて、関東リーグ復帰という目標を掲げて日々練習に精を出しています。2011年東京都1部リーグで優勝しましたが、関東大会で敗れ夢は果たせませんでした。東京都1部リーグの公式戦は御殿下グラウンドで行われています。御殿下グラウンドは戦前戦後の時代には全国大会やクラマーコーチが指導した日本代表の練習場にもなった歴史的な場所です。由緒ある御殿下グラウンドを取り巻く環境を整備して、学内外の人々に胸を張って自慢できるグラウンドにしたいというOBの願いを訴え続けてきました。


dsc_0081_3.jpg

dsc_0088_2.jpg

 

基金の趣旨

近年部員数も着実に増加し、部の運営資金は増大傾向にあります。今年にも関東復帰の見通しですが、関東リーグに昇格すれば、リーグ加盟料や交通費などさらに大きな資金が必要になります。

本基金は東大サッカー部のOBをはじめ幅広いサポーターの皆様から寄付を募り、御殿下グラウンドの付帯施設、部室施設の整備ばかりでなく東大サッカー部の運営資金の支援に役立てたいとの趣旨で設立されます。

imgp3167_2.jpg

関連URL

このプロジェクトに寄付をする

農学部グラウンドの照明を交換!(アメフト部・ア式蹴球部・ラクロス部支援基金)

2017年03月15日(水)

PJ画像0
夜間の練習に励む学生

 アメリカンフットボール部・ア式蹴球部・ラクロス部の3部が連携してご寄附を活用し、2016年6月、農学部グラウンドの照明を改修することができました。部員からの感謝の声をお届けします。

la ac2.jpg

(左から)アメフト部加藤主将、ア式蹴球部沢登主将、ラクロス部菊地主将

学生の声

(左)アメリカンフットボール部 主将 農学部4年  加藤快さん

「この度はスポーツ振興基金より農学部グラウンドの照明を交換して頂き誠にありがとうございます。僕らアメフト部は基本的に毎日17時から21時まで練習しています。以前は農学部グラウンドは御殿下グラウンドに比べてかなり暗く、日が沈むとボールが見えにくい状態でした。この度交換していただいた新しい照明はとても明るく、部員一同練習の環境がとても良くなり感謝しております。これからも変わらぬご支援、ご声援をよろしくお願い致します。」

 

(中央)ア式蹴球部 主将 文学部3年  沢登孝介さん

「日頃よりご声援ありがとうございます。僕たち東大ア式蹴球部は夜に練習をすることが多く、今まで農学部グラウンドの隅の方ではボールがよく見えないこともあったのですが、今回照明を新しくしていただき、夜の練習でも質の高いものができるようになりました。みなさまのご支援に結果という形で応えられるよう、部員一同日々精進してまいります。この度は本当にありがとうございました。今後ともご支援のほどよろしくお願い致します。」

 

(右)ラクロス部 主将 教育学部3年  菊地哲朗さん

「この度はスポーツ振興基金を通じて農学部グラウンドの照明を交換していただき誠にありがとうございます。ラクロス部は日頃から農学部グラウンドを夜間の練習場所として使わせていただいているのですが、今回の照明交換のおかげで、以前多発していた照明の陰に隠れてラクロスボールが見えないという事態がほとんどなくなり、練習の質を非常に上げることができました。ラクロス部を代表してお礼を申し上げたいと思います。感謝を忘れずにこれからも精進していきますのでこれからもご支援よろしくお願いいたします。」

アメフト部支援基金とは

ア式蹴球部支援基金とは

ラクロス部支援基金とは

 

データ分析用PCと移動式ゴールを購入!

2014年06月01日(日)

PJ画像1

皆様からのご寄附により、2014年6月に移動式ゴール、2015年3月にデータ分析用のPC4台を購入し、活動環境をより充実したものにすることができました。学生からの声を報告いたします。
1.jpg
2.jpg

学生の声 (テクニカルスタッフ 経済学部3年 中間雅之さん)

「日頃よりご声援ありがとうございます。僕たち東大ア式(サッカー部)は、PCを利用したサッカーの「データ分析」を取り入れ、チーム強化に繋げるチャレンジを行っております。この度は、皆様のご支援により、PCを新たに4台購入することができました。
僕たちの活動を発展させることはもちろん、必ずや勝利という結果に繋げたいと思います。
この度は本当にありがとうございました。今後ともご支援のほどよろしくお願い致します。」

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
樋口 一也 2019年08月19日 3,776円 日蓮正宗正継寺法華講員
希望と幸せに満ちた日々を送っています。
人類の救済と真の世界平和の実現の為に。
<ア式蹴球部(サッカー部)>
狩野 基浩 2017年12月29日 25,000円 今後もご活躍を期待しております。
<ア式蹴球部(サッカー部)>
早田 洋平 2014年02月03日 50,000円 ア式の部室には大変お世話になりました。
少ないですが部室建て替え費用の足しになればと思います。
<ア式蹴球部(サッカー部)支援基金>
伊藤 洋 2014年01月29日 100,000円 サッカー部の活躍を祈ります。
<ア式蹴球部(サッカー部)支援基金>
手島 直幸 2013年12月23日 100,000円 東大ア式蹴球部は、わが青春の拠り所です。日本のサッカー創成期から選手、指導者を輩出してきた伝統ある運動部の活動拠点である部室が撤去されると聞きました。何たることか。新部室建設のために寄附します。
<ア式蹴球部(サッカー部)支援基金>
小泉 泰郎 2013年12月17日 100,000円 関東リーグ復帰目指して頑張ってください。
<ア式蹴球部(サッカー部)支援基金>
******** 2013年12月06日 1,000,000円 現役の活躍を通じて、東大ア式蹴球部(サッカー部)ファミリーが更に充実していくことを願ってやみません。その一助になれば幸いです。
<ア式蹴球部(サッカー部)支援基金>
中野 誠 28歳 2013年10月27日 300,000円 後輩の活躍は、卒業生の誇りでもあります。他大学では輩出できない、優れた(タフな)人材が数多く育つことを切に願います。
<ア式蹴球部(サッカー部)支援基金>
1

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

運動会
ア式蹴球部(サッカー部)

今年度寄付総額
18,776円
今年度寄付件数
2件
現在の継続寄付会員人数
0人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の特典

「東京大学基金」の特典が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

さらなる競技力向上で世界に翔けB&W

ボディビル アンド ウエイトリフティング部

PJ画像

インカレ1部昇格、国立九大学戦優勝を目指して

スキー部活動支援・留学生スキー講習会支援基金