ヨット部支援基金

「強い東大ヨット部」復活へ

PJ画像

プロジェクト設置責任者

ヨット部 部長

今年度寄付総額
70,000円
今年度寄付件数
2件
現在の継続寄付会員人数
2人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

「強い東大ヨット部」復活へ

 東京大学運動会ヨット部は、19345月に発足し、かつては全日本インカレ優勝も遂げた伝統ある部活です。一時期は部員の減少で存続の危機に立たされましたが、現役・OBが一丸となって新入部員勧誘に力を入れた結果、今では従来の合宿所に収まりきらない60名の現役部員を有するまでになり、東大内で勢いのある部活として注目されています。

ヨット1.png

 部に活気が戻ることに加え、プロコーチを招聘し強豪校とも練習を共にすることにより、2017年にはディンギー班は実に33年ぶりに470級とスナイプ級の両階級で全日本インカレに出場、2018年にはクルーザー班もイタリアで開催された世界選手権に出場するまでの実力をつけています。

ヨット2.png

 

基金の趣旨

 勢いにのるヨット部ですが、セレクションで経験者を集める強豪私学との熾烈な競争はますます激しさを増している中、定期的な艇やセール、マストといったハード面の入れ替えや、安全面を確保するためにも避けられないヨット用品の整備等にかかる費用は、現役部員の活動にとって負担となっています。そこで、本基金によって安定的な資金的援助を行うことをつうじて、ヨット部の活動における安全面、技術面、生活面を向上させ、現役ヨット部が意欲的に目標として掲げる悲願の全日本インカレ総合入賞の達成に向けた支援をしたいと考えています。

 本基金の一部を活用させていただきスナイプ級の新艇の購入が実現した2017年は、ディンギー班が33年ぶりの両階級全日本インカレ出場という快挙を果たすことができました。強い東大ヨット部の復活に向けて、引き続き本基金へのご協力を賜ることが出来れば幸甚です。

ヨット3.png

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
******** 2019年02月14日 150,000円 東京大学運動会ヨット部を応援します。
<ヨット部>
望月 宣武 2018年06月14日 2,500,000円 東京大学三四郎会(若手卒業生の会)の代表として、卒業生ネットワークの充実に期待しています。今回の寄付は、特に運動会ヨット部の強化のためです。関東秋インカレで好成績を残し、全日本インカレに出場されることを願っています。
<ヨット部>
島田 保之 2018年05月21日 60,000円 東大ヨット部はここ数年で部員数も大きく回復し、2017年度は33年ぶりに全日本インカレに470級、スナイプ級の両クラス出場、クルーザー部門では全日本学生外洋ヨット選手権優勝といった戦績を挙げています。TOP会2.0の活動により、この流れが加速されることを期待しています。
<ヨット部>
植地 卓郎 2016年06月11日 300,000円 部員も34名と充実し、プロコーチも参画し、関東で決勝を走るようになり、「強い東大ヨット部」が復活しつつあることを、嬉しく思っています。東大ヨット部の更なる進化に貢献したく、寄付をさせていただきました。現役の皆さん、応援しています!
<ヨット部>
******** 2012年08月09日 5,000円 ヨットで多くのことを学んでください。
<ヨット部支援基金>
1

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

ヨット部
部長

今年度寄付総額
70,000円
今年度寄付件数
2件
現在の継続寄付会員人数
2人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の特典

「東京大学基金」の特典が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

さらなる競技力向上で世界に翔けB&W

ボディビル アンド ウエイトリフティング部

PJ画像

インカレ1部昇格、国立九大学戦優勝を目指して

スキー部活動支援・留学生スキー講習会支援基金