東京大学基金ホーム > プロジェクトカテゴリ一覧 > 東大スポーツ振興基金 > 東大スポーツ振興基金の成果 > 農学部グラウンドの照明を交換!(アメフト部・ア式蹴球部・ラクロス部支援基金)

農学部グラウンドの照明を交換!(アメフト部・ア式蹴球部・ラクロス部支援基金)

夜間の練習に励む学生
夜間の練習に励む学生

アメリカンフットボール部・ア式蹴球部・ラクロス部の3部が連携してご寄附を活用し、2016年6月、農学部グラウンドの照明を改修することができました。部員からの感謝の声をお届けします。



部員写真
(左から)アメフト部加藤主将、ア式蹴球部沢登主将、ラクロス部菊地主将

学生の声

(左)アメリカンフットボール部 主将 農学部4年  加藤快さん

「この度はスポーツ振興基金より農学部グラウンドの照明を交換して頂き誠にありがとうございます。僕らアメフト部は基本的に毎日17時から21時まで練習しています。以前は農学部グラウンドは御殿下グラウンドに比べてかなり暗く、日が沈むとボールが見えにくい状態でした。この度交換していただいた新しい照明はとても明るく、部員一同練習の環境がとても良くなり感謝しております。これからも変わらぬご支援、ご声援をよろしくお願い致します。」


(中央)ア式蹴球部 主将 文学部3年  沢登孝介さん

「日頃よりご声援ありがとうございます。僕たち東大ア式蹴球部は夜に練習をすることが多く、今まで農学部グラウンドの隅の方ではボールがよく見えないこともあったのですが、今回照明を新しくしていただき、夜の練習でも質の高いものができるようになりました。みなさまのご支援に結果という形で応えられるよう、部員一同日々精進してまいります。この度は本当にありがとうございました。今後ともご支援のほどよろしくお願い致します。」


(右)ラクロス部 主将 教育学部3年  菊地哲朗さん

「この度はスポーツ振興基金を通じて農学部グラウンドの照明を交換していただき誠にありがとうございます。ラクロス部は日頃から農学部グラウンドを夜間の練習場所として使わせていただいているのですが、今回の照明交換のおかげで、以前多発していた照明の陰に隠れてラクロスボールが見えないという事態がほとんどなくなり、練習の質を非常に上げることができました。ラクロス部を代表してお礼を申し上げたいと思います。感謝を忘れずにこれからも精進していきますのでこれからもご支援よろしくお願いいたします。」

アメフト部支援基金とは

ア式蹴球部支援基金とは

ラクロス部支援基金とは

※肩書きはすべて2016年11月時点のものです。

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧