東京大学基金ホーム > プロジェクトカテゴリ一覧 > 東大スポーツ振興基金 > スキー部支援基金

スキー部活動支援・留学生スキー講習会支援基金

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

インカレ1部昇格、国立十大学戦(七帝戦)優勝を目指して

➤English(英語版はこちら)
 
  運動会スキー部は競技スキーをしている運動部です。今年設立52周年を迎えました。現在インカレ2部(4部制)に位置しており、現在はそのインカレをはじめとして、国立十大学スキー選手権大会(七帝戦+一橋・神戸・東工大)、全日本国公立大学スキー選手権大会での優勝を目指して練習に取り組んでいます。
 スキー部では、大会で結果を残すために冬だけでなくオフシーズンのトレーニングにも励んでいます。基礎体力・筋力を高めるための筋トレ・ランニングをはじめとして、技術練習としてローラースキー・インライン・サマージャンプ等も行っています。週末や長期休暇には、東京より練習環境の整っている北海道や長野に練習をしに行っています。特に白馬栂池高原にあるスキー部の合宿所「白嶺荘」で合宿を行うことが多くなります。冬の練習では11月頃から北海道に行き雪上練習を行っています。
 また、1年間を通してインカレ1部校のコーチやオリンピック出場経験のある方にご指導をいただき、合理的かつ効率的なトレーニングを組み、チーム一丸となって目標に向かって切磋琢磨しています。このようなトレーニングにより、雪国でもなく、セレクション入学もない環境ではありますが、ジャンプ競技では優勝者を出す等の成果を挙げております。  
 

写真  写真

  
 さらに運動会スキー部では、2000年より白嶺荘において、世界各国から東京大学へ集まってくる留学生へのボランティアとして留学生スキー講習会を行っております。
 この活動では、雪を見たこともない留学生がスキーをマスターしていくことだけでなく、共通体験を通じて日本におけるコミュニケーションの輪を広げ、眼を輝かせる姿を見ることができ、支援しているスキー部員・OB・OGも大きな喜びを感じています。また、この活動は、留学生個人へのサポートだけではなく、グローバルに門戸を開く東大にも、ボランティアでこの活動をサポートしている部員やOB・OG個人に対しても、大きな刺激があります。自分の進路をグローバルに軸を変え、海外の大学院へ進学した部員もいます。東京大学基金の支援を頂いて、全て手作りの、東大留学生スキー講習会は、今年も「日本に来て良かった!」という留学生の感想と笑顔を生み出しています。
 

写真

 

設置の目的

1.遠征費用等補助
2.競技用具及び消耗品費用の補助
3.留学生スキー講習会費用補助
 
 スキー部では競技の性質上、遠征費や合宿費、用具にお金がかかります。スキー部所有のロッジを活用して費用負担の軽減と練習量確保の両立に努めておりますが、本基金によってさらに競技に集中できる環境作りを目指します。
 また、ロッジはスキー部だけでなく全学的、対外的な活動を行う場としてもさらに活用していただけるように発展させていきたいと考えており、留学生スキー講習会等を行っております。本基金によって、この活動を継続、充実させていきたいと考えております。
 

写真

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧