ヨット部支援基金

「強い東大ヨット部」復活へ

PJ画像

プロジェクト設置責任者

ヨット部 部長

今年度寄付総額
160,000円
今年度寄付件数
3件
現在の継続寄付会員人数
3人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

「強い東大ヨット部」復活へ

 東京大学運動会ヨット部は、1934年5月に発足し、かつては全日本インカレ優勝も遂げた伝統ある部活です。一時期は部員の減少で存続の危機に立たされましたが、現役・OBが一丸となって新入部員勧誘に力を入れた結果、今では従来の合宿所に収まりきらない60名の現役部員を有するまでになり、東大内で勢いのある部活として注目されています。

夏合宿2 - コピー.jpg

 部に活気が戻ることに加え、プロコーチを招聘し強豪校とも練習を共にすることにより、2017 年にはディンギー班は実に33 年ぶりに470 級とスナイプ級の両階級で全⽇本インカレに出場しました。それ以降2019 年にも両クラス出場を果たし、今や全国⼤会の常連校として名を連ねています。クルーザー班も2018 年にイタリアで開催された世界選⼿権に出場するまでの実⼒をつけています。

ヨット2.png

 

基金の趣旨

 勢いにのるヨット部ですが、セレクションで経験者を集める強豪私学との熾烈な競争はますます激しさを増している中、定期的な艇やセール、マストといったハード面の入れ替えや、安全面を確保するためにも避けられないヨット用品の整備等にかかる費用は、現役部員の活動にとって負担となっています。そこで、本基金によって安定的な資金的援助を行うことをつうじて、ヨット部の活動における安全面、技術面、生活面を向上させ、現役ヨット部が意欲的に目標として掲げる悲願の全日本インカレ総合入賞の達成に向けた支援をしたいと考えています。

 本基金の一部を活用させていただきスナイプ級の新艇の購入が実現した2017年は、ディンギー班が33年ぶりの両階級全日本インカレ出場という快挙を果たすことができました。強い東大ヨット部の復活に向けて、引き続き本基金へのご協力を賜ることが出来れば幸甚です。

ヨット3.png

このプロジェクトに寄付をする

2020年活動報告
-ウィズコロナの激動の1年間-

2021年01月12日(火)

活動報告
<ディンギー班>
・ 2019年11~12月
全⽇本学⽣ヨット選⼿権に出場後、吉武主将のもとスローガンは”高みへ”として新チームを⽴ち上げ。インカレ至上主義ではなく、各々の主体的な目標に向かって人間的成長をしていく、という東大ヨット部特有の信念を胸に新体制の活動が開始しました。

古橋(3年)・大橋(4年)ペア
古橋(3年)・大橋(4年)ペア
 

新体制発足後、初めてのレースとなった八景レースでは、強風で1レースが行われたが沈艇が続出。課題が浮き彫りとなるレースとなりました。

・ 2020 年 2〜3⽉上旬
ヨット部が主たる練習場所の拠点としている神奈川県・⼋景島にて週5⽇の春合宿を実施。セーリングにおけるスキッパー・クルーそれぞれの基本動作やヨットのスピード感覚を磨き、基礎を作りあげることを中⼼に取り組みました。

海の写真.jpg

2020年の冬は、常に風に悩まされました。2月の中旬までは微風が多かったかと思えば、下旬になると強風が吹き赤旗があがることが多く、練習機会に恵まれない日々が続きました。

座学の様子

悪天候時の出艇禁止を意味する赤旗が上がった際は、コーチの小松さんに座学を行っていただくこともありました。

・ 2020年3月中旬
COVID-19感染拡大のため、2週間にわたり活動自粛。この時点では、すぐに通常の活動が再開できると思い、オフが増えたような気分でいました。

・2020年3月下旬
1度目の活動自粛を終え合宿を再開。2クールを行った後に再び活動自粛となり、束の間の活動再開となってしまいました。

学生の写真
今は懐かしい光景になってしまった肩を寄せ合ってマネージャーに用意してもらった食事(通称「マネ飯」)をとる様子。マネ飯が食べられなくなってしまうとは思いもよりませんでした。
 
整備の様子
長期活動自粛前の最後の練習日も赤旗が揚げられ、整備を行いました。


・ 2020年4月
世界的なCOVID-19の感染拡大のため、2度目の活動自粛。4月7日には、緊急事態宣言が発令され1度目の活動自粛とは異なり先が見えないなかで、大会が次々に中止となり、またヨット部にとって最重要である新歓活動も行えないなど、不安ばかりが募っていきました。

・ 2020年5月〜7月
活動自粛が長期に渡ると判断し、オンラインで行える活動を開始。動画を視聴しての動作研究や、ケースブックの通読してのRRS学習などを定期的に行いヨットに関する知識が格段に増えました。また、新人勧誘のために、オンラインでの新歓活動を継続して行いました。

オンライン筋トレの画面
オンラインで行った筋トレ。体重が増える部員もいれば、減る部員もいて体力を維持することも非常に難しかったです。
 
FaceBookの画面
470チームは専用のFacebookアカウントを作成し、動画研究やセールシェイプ研究などを行いました。


COVID-19により日程が変更となった主な大会(カッコ内は予定されていたレース実施日)
中止:関東学生ヨット春季選手権(5月2日〜3日、5日〜6日)
延期:関東学生ヨット個人選手権( 5月9日〜10日 、16日〜17日 → 9月19日〜22日)
延期:全日本学生ヨット個人選手権(9月4日〜6日 → 11月28日29日)
短縮:全日本学生ヨット選手権(10月31日〜11月3日 → 11月1日〜3日)

・ 2020年8月
3ヶ月に渡る活動自粛が明け、合宿の禁止や練習人数の制限、オンラインでのミーティングといった多くの制約がある中ではあるが活動を再開。少ない練習機会を活かすため、効率化を図りながら失った感覚を取り戻しました。8月下旬からは、練習と並行して仮入部した新入生を迎えた試乗会を開始しました。

ヨットの写真
久しぶりの練習で乗れるだけでとても楽しかったです。
試乗会の写真
人数制限のもとで仮入部の新入生に対して試乗会を行いました。
部員の写真
最終的に、プレイヤー9人マネージャー3人の計12人の新入生が入部してくれました。ヨット経験者も多く、今後の活躍が大いに期待されます。
 

・ 2020年9月
活動拠点を葉山に移し、関東インカレに向けより一層心を引き締めて練習に取り組みました。合宿ができない中で、週5日を葉山に通って練習に励みました。

ヨットに乗っている写真
永田(4年)・阿部(4年)ペア。六大学戦などの定期戦も感染対策を徹底した中で行われました。
青い帆がはためく写真
松前(4年)・下重(3年)ペア。フリートレースなどでは満足のいく結果が残せず、日々追いつくために必死でした。

関東インカレに先立って行われた、関東学生ヨット個人選手権(関東個選)にて、スナイプ級の吉武(4年)・長岡(3年)ペアが5位入賞、戸沢(4年)・野村(4年)ペアが14位に入り全日本学生ヨット個人選手権の出場権を手に入れました。

ヨットにのりこちらを見ている2人
全日本出場を決めた直後の吉武・長岡ペア
ヨットにのりこちらを見ている2人
戸沢・野村ペア
 

・ 2020年10月
COVID-19の影響が懸念されたが、予定通りの日程で葉山沖にて関東学生ヨット選手権が開催されました。東大は昨年の結果を踏まえてシード校であったため、決勝から出場。レース当日は、台風の接近により1日目、2日目ともにレースができず、3日目に470級のみ2レースが行われました。東大470チームは、奮闘するものの8位と6点差の9位となり惜しくも全日本進出を逃しました。
翌週に延期されたスナイプ級は強風の中で3レースが行われ、東大スナイプチームは実力を発揮するものの力及ばず11位となり全日本進出を逃しました。

雲がかった空に虹がかかった写真
470級のレースは、台風一過の虹がかかる空の下行われました。
ヨットを操縦している写真
フィニッシュ流しこみをする天木(4年)・廣瀬(3年)ペア。天木は、クルーからスキッパーに転向し、陸上でも海上でもリーダーシップを発揮して470チームを率いました。

部員8人が肩を組んでこちらを見ている写真
ウィズコロナの激動の1年間を引っ張ってきた4年生

 

・ 2020年11月
蒲郡にて全日本学生個人選手権が開催。スナイプ級に吉武(4年)・長岡(3年)ペア、戸沢(4年)・野村(4年)ペアが、レーザーラジアル級に西尾(1年)がそれぞれ出場しました。

賞状をもって旗の前でほほえむ

レーザーラジアル級に出場した西尾は、1年生ながらオールトップで総合1位となる快挙を達成してくれました。

部員ら23人の集合写真
2020年度ヨット 部ディンギー班の集合写真

<クルーザー班>
・ 2019年10月
春日主将のもと新チーム発足
新トリマー斎藤(4年)の練習を軸にPRE ANIORU’s CUP(12月中旬)に向けて練習。

ヨットの上でお弁当と食べる5人
マネさんの美味しいお昼ご飯を食べながら

・ 2019年12月
PRE ANIOUR’s CUP出場・優勝 新体制になって初めての大会。他大学と戦う数少ない機会で、優勝することができました。

大きく傾きながら進むヨット
レース風景
部員9人の集合写真
賞状と一緒に

・ 2020年2-3月 
小網代にて週5日の春合宿。

海上に浮かぶ複数のヨット
フリートレース風景

・ 2020年3月 
ANIORU’s CUP 開催1週間前にコロナにより中止
→以降、活動の自粛期間に突入。

・ 2020年4-7月    
自粛期間においてヨット力を少しでも向上させるため、オンラインで毎週動画ミーティングを行いました。タクティクスと走りの両方の動画を1-3年全員で見てコメントしていくことで、ヨットの知識・考え方を共有していきました。

コメントのスクリーンショット

自粛期間中の勉強の例です。オススメの動画をOB会の方から頂き、社会人チームの方からコメントまでいただきました。

・ 2020年8-9月
COVID-19によりクルーザー班にとって最も大きな二つの大会である世界選手権(9月上旬)と全日本選手権(11月下旬)の両方の中止が決まりました。中止された全日本選手権の代わりとして関東フリートによるオープンレースの開催(11月下旬)が決まり、現体制の最終目標・4年生の最終レースとしました。

3ヶ月の自粛期間が終わり、練習を再開しました。合宿や社会人チームへの現役の派遣、OB会の方をお呼びすることが禁止されました。著しく減少した練習機会を最大限活かすべく効率化を図りました。

ヨット上の4人がこちらに微笑む
練習の一風景。いい笑顔です。

・ 2020年10月
クルーザーでも新入生の試乗会開始。

脚を船から出してくつろぐ3人
楽しんでくれました。この3人は全員入部してくれました!

フリートレース3位。

ヨット上でピースサインをする6人
3位で喜んでいます!

・ 2020年11月
4年生の引退レースである関東オープンレースがコロナの感染再拡大により直前で中止になってしまいました。4年生は引退。

寄付⾦の使途
皆さまにいただきましたご支援は、主にレースセールの購⼊およびヨットの整備のために大切に活用いたしました。

ヨットの写真
ニューセールを張った4692。4692も納艇から早2年が経過しましたが、レース前にハルコートをかけたこともあって艇体はピカピカです。
 
 

皆さまのご支援に、部員一同心より感謝申し上げます。
毎年多くのインターハイ選⼿やヨット経験者の入部がある強豪他大学と比べると、ヨットやセール、マストといったハード面の入れ替えが十分ではない状況です。
全日本インカレに出場し上位⼊賞を狙える数少ない東大の運動会活動であるヨット部にとって、強豪校との厳しい競争の中で、継続的かつ確実なハード面の充実は極めて重要であり、皆さまのご支援はその購入費用への援助となっております。
引き続きヨット部へのご支援をいただけますと幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

 

2019年活動報告
-レースで使用するセールやヨットの整備にご支援を活用させていただきました-

2020年12月24日(木)

主な活動について

<ディンギー班>
・2018年11月
全日本学生ヨット選手権に出場後、小野主将のもとスローガンは”ブレイクスルー”として新チームを立ち上げ。小野主将はヨット部設立依頼初の女性主将です。

・2019年2〜3月
ヨット部が主たる練習場所の拠点としている神奈川県・八景島にて週5日の春合宿を実施。セーリングにおけるスキッパー・クルーそれぞれの基本動作やヨットのスピード感覚を磨くことを中心に取り組みました。

1.jpg
2019年の冬は特に寒さが厳しく、雪の降る中練習する日もあり。
2.jpg
小野主将(左)
3.jpg
合宿中は夜遅くまで陸でヨットの操船や基本動作のシュミレーションをし、海上に出るまでにイメージトレーニングを行います。

・2019年4月
強いチーム作りのためには新入生に多数入部してもらうことは、ヨット部の最重要事項の一つであり、毎年現役部員・ヨット部OB一丸となって新人勧誘を行っています。2019年はプレイヤー、マネージャー合わせて計22人が入部しました。

4.jpg
レスキューで使用するモーターボートに体験試乗する新入生。なぜか今年はヨットよりも好評でした。
5.jpg
新入生がヨット・モーターボートに試乗する順番を待つ陸では、ヨット部に関するクイズ大会などで盛り上げます。

  ・2019年4月末から5月初旬
神奈川県葉山町で開催された関東学生ヨット春季選手権大会(関東春インカレ)でスナイプ級は6位入賞、470級も8位と健闘。関東春インカレでの6位以内入賞は実に22年ぶりであり、全日本学生ヨット選手権大会(全日本インカレ)の前哨戦も兼ねる秋の関東インカレに向けて幸先の良い滑り出しとなりました。

6.jpg

22年ぶりに入賞を果たしたスナイプチーム

・2019年5月
上級生を中心としたレースメンバーが、関東インカレ個人選手権や出場艇数の多いフリートレースへの参加をつうじてレース経験を積む一方、1年生も本格的にヨットの練習を開始しました。

7.jpg
1年生の練習ではまずヨットの基礎を学ぶために1人乗りのホッパーというタイプのヨットに乗ります。慣れない最初のうちはヨットがひっくりかえるばかりで悪戦苦闘でした。
8.jpg

  
・2019年7月
北海道の小樽で開催された全国七大学総合体育大会(七帝戦)ではスナイプ級5位、470級3位で総合3位入賞しました。

・2019年8〜9月
ファミリーデーを開催。毎年部員のご家族を八景島に招き、海でのヨットの試乗や、バーベキューを囲んで部員やOBと懇親をつうじて、実際のヨット部の活動を知っていただく機会としています。

 9.jpg
現役ヨット部員のご家族に向けてエールを行なっている様子


 1年生を中心に当番で東大運動会が所有する山中寮の運営のお手伝いを実施しました。下級生にとっては山中寮の利用者にヨット体験をしていただくことに加え、早朝の自主練でヨットの腕を磨く良い機会になっています。静かな湖畔と自然に囲まれた環境で参加部員は日頃の練習とは解き放たれて皆癒されて東京に戻って来ます。
    

10.jpg
 
11.jpg

 八景島、葉山にて週6日の夏合宿
レースメンバーや上級生は、本拠地の八景島や関東インカレが開催される葉山にて、週6日練習・1日休みのサイクルで行われる夏合宿に参加しました。この期間、どれだけ技術を磨くか、ヨットを速く走らせることができるかが、秋の本番シーズンでの成果に直接結びつくため、部員は時間を惜しんで皆真剣に練習に取り組みます。

12.jpg
 
13.jpg
 

 

15.jpg
みんなで練習終わりにスイカを食べた日もありました
14.jpg
マネージャーが作ってくれるご飯をみんなで食べている様子。1人1人名前を書いてくれるようなこともあります。毎日3食ありがたくいただいています。

・2019年9月
愛知の蒲郡で開催された全日本学生女子ヨット選手権大会に470級の小野・下重ペアが出場し、強風コンディションの中で全国から強い選手が集まる中、10位に入る健闘をみせる。全日本インカレでの目標達成への兆しが見えるレースとなる。


・2019年10月
全日本インカレの予選も兼ねた秋季関東インカレでは、スナイプ級7位、470級8位となり2年ぶりに両クラスとも全日本インカレ出場権を獲得。両クラスそろって全日本出場を果たす大学は全国でも限定的であり、東大が実力校であることの証左でもあり。

・2019年11月
兵庫県・西宮で開催された全日本インカレでは、総合10位を目標に臨みましたが、 スナイプ級12位、470級13位、総合12位と悔しさが残る結果となる。
しかし、スナイプ級の吉武(3年)・長岡(2年)の下級生ペアが4位に入るレースを見せるなど、十分全日本レベルで戦える実力も見せ来年にもつながる手ごたえを得る。

16.jpg
今年の470レギュラー陣
17.jpg
スナイプレギュラー陣
18.jpg
秋インカレの様子
19.jpg
今年の西宮全日本インカレにおいて4位フィニッシュを果たした3年吉武(左)と2年長岡(右)のペア。
1年前に比べ堂々としたエースとしての成長が伺えます。
20.jpg
全日本の積み込みの様子

<クルーザー班>
2018年10月 磯野主将のもと新チーム発足
2019年2〜3月 小網代にて週5日の春合宿
2019年3月 ANIORU’s CUP 準優勝
 

21.jpg
レース風景
22.jpg
準優勝!来年こそは優勝するとリベンジを誓いました。
23.jpg
悪天候で極寒の日もある中、頑張りました。


2019年4〜6月 新歓、通常練習

24.jpg
クルーザーの試乗会。たくさんの新入生が来てくれました。
25.jpg
通常練習の風景。知り合いの社会人チームと一緒に練習することも。

 2019年8〜9月
・小網代で週5日合宿

26.jpg
夏の週五練。あっという間でした。

・ファミリーデー

 27.jpg
親族・0Bの方々に乗っていただきました。


 2019年9月 全日本選手権 9位

 29.jpg
レース前。気合いに満ち溢れています。年に一度の日本一を決める大会。レース結果はU25部門準優勝。ライバルの神戸大に逆転負けしてしまいました。

・World Championship 2019

 30.jpg
上級生の二人はクルーザー班が今年度出場するWorld Championship 2020の下見も兼ねて社会人チームの一員としてマイアミで開かれたWorld Championship 2019に参加しました。

寄付金の主な使途について
本番のレースとなる秋季関東インカレの前に、レース艇6艇がレースで使用するセール購入費用やヨットの整備にかかる費用に大切に活用させていただきました。

31.jpg
新艇4692 やはり他の船よりもボートスピードが格段に速いように思えます
32.png
おろしたてのニューセイル 初めはパリパリです。

皆さまのご支援に感謝申し上げます。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

「新型コロナウイルスと大学スポーツ」特集 第2弾にヨット部が取り上げられました

2020年06月02日(火)

PJ画像2

新型コロナウイルスの流行により、試合や練習が中止になるなど、大学スポーツにも影響が表れています。このイレギュラーな状況下で、東大運動部員たちがどのような思いでどのような活動に取り組んでいるのかをインタビュー形式でまとめた運動会企画「新型コロナウイルスと大学スポーツ」特集の第2弾として、ヨット部が掲載されています。
ぜひご覧ください!

「新型コロナウイルスと大学スポーツ」特集 第2弾 ヨット部のページはこちら

http://www.undou-kai.com/2020/05/26/covid19_yacht/

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
島田 保之 2020年10月23日 60,000円 ヨット部を支援するTop会2.0の活動に寄付します。2020年度は新型コロナの影響で練習環境が厳しく制約される中、期待通りの成績は達成できませんでしたが、その悔しい思いは後輩たちに受け継がれ、21年度には花開くことを信じております。艇やセールを整備して頑張ってください。
<ヨット部>
川辺 俊 2019年12月31日 40,000円 全国大会6位目指して頑張ってください!
<ヨット部>
中野 信義 2019年12月04日 352,942円 現役時代、ヨット部諸先輩後輩、三ヶ月先生、運動会/山中寮職員の方々には大変お世話になりました。ありがとうございました。
<ヨット部>
島田 保之 2019年10月11日 60,000円 東大ヨット部は2019年度も470級、スナイプ級ともに全日本インカレ出場を果たしました。クルーザー部門も成果を出しています。部員数も安定してきており、更なる飛躍を祈念してTop会2.0の活動に寄付させていただきます。
<ヨット部>
******** 2019年02月14日 150,000円 東京大学運動会ヨット部を応援します。
<ヨット部>
望月 宣武 2018年06月14日 2,500,000円 東京大学三四郎会(若手卒業生の会)の代表として、卒業生ネットワークの充実に期待しています。今回の寄付は、特に運動会ヨット部の強化のためです。関東秋インカレで好成績を残し、全日本インカレに出場されることを願っています。
<ヨット部>
島田 保之 2018年05月21日 60,000円 東大ヨット部はここ数年で部員数も大きく回復し、2017年度は33年ぶりに全日本インカレに470級、スナイプ級の両クラス出場、クルーザー部門では全日本学生外洋ヨット選手権優勝といった戦績を挙げています。TOP会2.0の活動により、この流れが加速されることを期待しています。
<ヨット部>
植地 卓郎 2016年06月11日 300,000円 部員も34名と充実し、プロコーチも参画し、関東で決勝を走るようになり、「強い東大ヨット部」が復活しつつあることを、嬉しく思っています。東大ヨット部の更なる進化に貢献したく、寄付をさせていただきました。現役の皆さん、応援しています!
<ヨット部>
******** 2012年08月09日 5,000円 ヨットで多くのことを学んでください。
<ヨット部支援基金>
1

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

ヨット部
部長

今年度寄付総額
160,000円
今年度寄付件数
3件
現在の継続寄付会員人数
3人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の特典

「東京大学基金」の特典が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

目指せリーグ優勝!頑張れ洋弓部!!

東京大学運動会洋弓部支援プロジェクト

PJ画像

インカレ1部昇格、国立九大学戦優勝を目指して

スキー部活動支援・留学生スキー講習会支援基金

PJ画像

さらなる競技力向上で世界に翔けB&W

ボディビル アンド ウエイトリフティング部