東京大学基金ホーム > プロジェクトカテゴリ一覧 > 東大スポーツ振興基金 > ラクロス部支援基金

ラクロス部支援基金

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

東大から日本へ貫く感動を巻き起こす集団でありたい

 東日本では1986 年に初めてラクロスが紹介され、それ以来関東の大学を中心にして全国へ急速に広まっていきました。その中で東京大学ラクロス部男子「BLUE BULLETS」 は、1987年の創部以来、全国屈指の強豪としてラク口ス界をリードし続けています。またその部員数も右肩上がりに増加し、これらの努力が認められる形で運動会準加盟1993年、そして正式加盟1997年となり今に至ります。関東一を争う一部リーグに所属しほぼ毎年関東ベスト4に入る結果を残しています。2005年度には関東優勝、全日本選手権準優勝という成績を達成しました。関東制覇、学生王者、そして日本一を目標に頑張っています。女子ラクロス部「Celeste」は二部復帰を果たし、日々練習に取り組んでいます。

BLUE BULLETS01   写真

基金の趣旨

 教養学部第二グラウンドは2010年に人工芝化されており、学部授業、ホッケー部や男女ラクロス部の練習のみならず、ホッケーや女子ラクロスの試合にも使用されています。現在、第二グラウンド横は未整備になっているのでここにサブグラウンドを作り、試合・練習前のアップ・ダウンを行います。また、ラクロスの基礎技術向上の近道は壁打ちだと言われていますので、1・2年生が通う駒場キャンパスに壁打ちボードを設置します。2020年に人工芝張替を予定していますのでその資金と教養学部第二グラウンドのサブグラウンド・壁打ちボードの一体整備を目指し基金を設置します。

BLUE BULLETS013

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧