東京大学基金ホーム > プロジェクトカテゴリ一覧 > 東大スポーツ振興基金 > ラグビー部支援基金

ラグビー部支援基金

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

Bグループ全勝し悲願のAグループ復帰を目指して

 東京大学運動会ラグビー部は、1921年に東京帝国大学ラグビー部として創部(1922年に正式に認可)しました。1928年から始まった関東五大学対抗戦(<現在の関東大学ラグビー対抗戦の前身>早・慶・明・立・東大)に参加した伝統あるチームです。1997年度から2002年度までAグループに所属していましたが、現在はBグループに所属しています。Aグループへの昇格を目指して、日々練習を重ねています。

写真1  写真2

基金の趣旨

 東京大学駒場キャンパスのラグビー場は2006年春に人工芝化されてから6年が経とうとしており、部分的な損傷が目立ち始めています。人工芝を良好な状態で使用し続けるためには、5年目の適切なメンテナンス工事及び10年目の人工芝張替工事が必要とされており、これらの工事に備えて準備、計画しておく必要があります。2012年春にメンテナンス工事を行ったところであるが、5年後の2016年頃には全面張り替えをしなければなりません。これらの駒場ラグビー場における人工芝の中長期的な維持及びその他の施設の整備に充てるため、駒場ラグビー場整備基金を設置しました。

写真3  写真4

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧