東京大学基金ホーム > プロジェクトカテゴリ一覧 > 東大スポーツ振興基金 > 総務部支援基金

総務部支援基金

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

東大生および教職員のためにスポーツの環境を整える

 総務部は東大生のために「スポーツをするための環境を整える」ところといえます。総務部が運動部全体に働きかけ、実際に大会を企画・運営しています。また、運動部はスポーツをするのが役目ですが、時に財政難に陥ったり、他の部・サークルと競合してしまい、練習をする時間が減ったりしてしまいます。そのようなことを未然に防ぐため、総務部は運動部間の関係を円滑にし、部費を適切に配分し、運動部を保護する役目を負っています。総務部の具体的な活動は以下の四項目にあげられます。

【スポーツ大会】
様々なスポーツ大会・講習会を企画運営します。述べ参加人数が3000人を超える総長杯サッカー大会、普通の大学生ではなかなか体験できないグライダー講習会など運動会だからこそできるイベントを立ちあげています。

【スポーティアの運営】
夏休みには、東京大学が保有するスポーティアの運営責任者として総務部員は活動します。運動会各部から派遣されるスタッフとともに3000~4000人の宿泊客への対応をします。もちろん対人業務で、大変な仕事ですが、それ以上に様々な部の人たちと友人になれ別天地での生活を送れることは魅力的です。

【運動部全体の統括】
運動部が自由に活動できるための環境作りをします。予算の配分・運動部と他の団体や大学職員との橋渡しをしています。

【双青戦の運営】
かつて「東大戦」や「京大戦」と呼ばれていた東京大学と京都大学とのスポーツ定期交流戦。2013年度から双青(そうせい)戦と改称することになりました。2009年度から約30競技の定期戦を統合して2013年度には43競技となります。総務部は開会式や閉会式の準備、パンフレット、結果の取りまとめなどを行っています。

【七大戦の運営】
七大戦とは旧帝国七大学の運動部が年に一度行う「国立大学オリンピック」です。運動部の主要な大会のひとつとなっており、他大学との会議を七大学各地で行っています。

※運動会総務部は「第51回全国七大学総合体育大会における総合優勝」で東京大学運動会総長賞受賞を受賞しました。

写真 写真
【七大学委員長会議の様子】             【双青戦開会式の準備】

写真 写真
【六大学野球応援ツアー】              【七大戦優勝トロフィー】

基金の趣旨

 従来、総務部OB会総会開催時に会員から「総務OB会費」という形で資金を集め、総務部現役の活動の支援を行ってきました。スポーツ振興基金の設置を機に、より長期的な支援プログラムとして本支援基金を設置し支援金の増加を図ります。具体的使途は七大戦や京大戦等への遠征旅費などを考えています。

写真

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧