東京大学基金ホーム > プロジェクトカテゴリ一覧 > 東大スポーツ振興基金 > 庭球部支援基金

庭球部支援基金

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

関東大学テニスリーグ三部昇格を目指

 東京大学運動会庭球部は1902年創部、600名を超えるOB・OG組織(赤門テニスクラブ)を持つ伝統ある運動部です。デ杯選手、全日本選手権で活躍した選手を輩出してきました。 現在約40名の部員は、関東大学テニスリーグ第4部にて、第3部以上に昇格という目標を掲げて日々練習に励んでいます。

写真

基金の趣旨

 関東大学テニスリーグの中・上位グループで戦って行くためには、十分な練習・対外試合を良好な施設・設備で行っていくことが必要です。庭球部の本拠である東京大学農学部のテニスコート4面は、2010年に砂入り人工芝(オムニ)化され、2013年には赤門テニスクラブの寄付により第2面、第3面の2面に夜間照明設備が設置されました。オムニコートの寿命は6~7年程度、夜間照明電球の寿命は10年程度とされており、それぞれこの年数が経てば、コート改修・補修、電球交換が必要となりますし、コートを出来るだけ耐用させる為の砂補充等、維持費も相当かかります。 本基金は、東大庭球部のOB・OGをはじめ学内・学外を問わず、ご賛同頂ける皆様からご寄付を募り、農学部テニスコートにおける人工芝、夜間照明設備の中長期的な維持及びその他の施設の整備を中心として、幅広く庭球部を支援していきたいとの趣旨で設立されました。

写真

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧