東京大学基金ホーム > プロジェクトカテゴリ一覧 > 東大スポーツ振興基金 > 準硬式野球部支援基金

準硬式野球部支援基金

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

〜東京六大学リーグ 優勝を目指して〜

 準硬式野球はコルクの芯に糸を巻き付け表面を天然ゴムで覆った硬式ボールと軟式ボールの中間的なボールを用いて行われ、大学野球においては硬式野球に並ぶメジャーな競技として9,500名以上もの学生がプレーしています。
 東京大学運動会準硬式野球部は1946年の創部以来、東京六大学準硬式野球連盟に所属し早稲田慶應、法政、明治、立教の各大学とリーグ戦を戦って来ました。甲子園経験者を多数擁する他校に伍して3位4回、4位4回などの成績を残し首位打者を含む多くのベストナイン選出選手を数えており、リーグ戦優勝に向け部員一同練習に励んでおります。
 

写真 写真

基金の趣旨

 学業との両立を果たしつつ、東京六大学リーグでの優勝を目指すために練習に取り組むには相応の環境が重要ですが、野球場をとりまく環境は劣化が進んでおり整備することが不可欠な状況です。またリーグ戦の登録費用、遠征費などにも毎年大きな資金を必要としています。環境整備や部の強化のための活動経費につきましては、準硬式野球部OB会が相応な支援を行っておりますが、それにも限界があり、現役部員にも大きな負担がかかっています。
 

写真

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧