ホッケー部支援基金

関東1部リーグ定着、1部校相手に勝利する

PJ画像

プロジェクト設置責任者

ホッケー部
部長 下津 克己

今年度寄付総額
20,000円
今年度寄付件数
1件
現在の継続寄付会員人数
0人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ホッケー部支援基金とは

東京大学運動会ホッケー部は1924年創部、500名を超えるOB・OG組織を持つ伝統ある運動部です。

部員は「日本代表クラスの選手が在籍する関東1部リーグに定着し、1部校相手に勝利する」という目標を掲げて日々努力しています。

2010年、この東大ホッケー部に創部以来ともいうべき大きな変化がありました。

OB・OGからの募金と教養学部のご支援を得て、駒場キャンパス第2グラウンドが人工芝に生まれ変わったのです。

これを契機に部員数も着実に増加し、部の強化はもちろんのこと、公認ホッケー場の認可を得て各種公式戦の開催や、地元小・中学生を対象としたジュニア教室を開くなど、「駒場を新たなホッケーの発信地に」との思いで、活動の幅を広げており、東京大学運動会をけん引する存在でもありたいと願っています。

本基金は東大ホッケー部の活躍の場である第2グラウンド周辺の施設整備や、10年に一度必要といわれる人工芝の張り替えを実現するなど、幅広くホッケー部を支援していきたいとの趣旨で設立されました。

学内・学外を問わず、ご賛同いただける皆さまからのご支援を心よりお願い申し上げます。

このプロジェクトに寄付をする

2019年活動報告
-2019年七大戦にて、ホッケー部男子が優勝しました-

2020年12月21日(月)

PJ画像0

[2019年度チーム発足]
・2018年11月に新旧チームの交代がありました。
・ホッケー部男子は、前主将の浅野康一郎が率いたBullions2018から新主将の中村能之が率いるBullions2019に交代し、ホッケー部女子は、前主将の岩切鮎佳が率いたUlysses2018から新主将の増田朱音が率いるUlysses2019へ交代しました。

[公式戦]
・ホッケー部男子(Bullions2019)は前年に続き2年連続で関東学生リーグ1部での勝利を達成しました。春季リーグでは駿河台大に勝利し、2部入替戦で立教大に勝って1部残留を果たしました。しかし、秋季リーグでは勝利を挙げられず2部入替戦で一橋大に惜敗し、残念ながら2部降格となりました。Bullions2020は2年ぶりに2部でスタートしますが、1部昇格、1部での勝利を目指します。
・ホッケー部女子(Ulysses2019)は関東学生リーグ2部で春季リーグでは3勝を挙げましたが4位、秋季リーグは勝利を挙げられず7位で終えることとなりました。Ulysses2020は1部昇格を目指します。

 [七大戦]
・全国の国立七大学が多種の競技で競い合う七大戦が2019年には九州大主管で開催されましたが、ホッケー競技では東大が主管となり8月中旬に東京で行われました。ホッケー部男子は5戦全勝で優勝し、ホッケー部女子は1分け2敗で3位となりました。

[インカレ]
・ホッケー部男子は10月に開かれたインカレに出場し、初戦勝利のあと2回戦で山梨学院大に敗北しました。

[定期交流戦]
・双青戦(京都大)は3月に行われ、ホッケー部男子は勝利、ホッケー部女子は敗北でした。
・東上戦(上智大)はホッケー部女子の定期戦で、3月、7月とも引き分けでした。
・東商戦(一橋大)はホッケー部男子の定期戦で、7月、12月とも敗北でした。

[ジュニアホッケー教室]
・東京都ホッケー協会が主催する、小中学生へホッケーの普及拡大を目的とする教室です。東大駒場第二グラウンドのホッケー場で開催し大勢のホッケー部男子・女子部員が指導補佐として支援し続けてきています。2019年には9回開催されました。

[ジュニアホッケークラブ]
・日本に赴任している外国人からその小中学生の子ども達に日本人の子ども達と一緒にホッケーを学ばせたいという要望を受けてホッケー部女子が主導し発足させたのが「ジュニアホッケークラブ」です。HPの宣伝で新しい参加者を募っていますが参加者が減少傾向で対策を考えている状況です。2019年には練習を2回開催しました。

[シニア&レディスホッケー大会]
・東京都ホッケー協会が主催する、女性と40歳以上のシニアを対象にしたホッケーの普及拡大を目的とする競技大会です。もともとOB交流戦として東大ホッケー部のOBが他大学OBと協力し東大駒場第二グラウンドのホッケー場で開催してきましたが、現在は東京都ホッケー協会主催へ引き継がれ年齢を問わず女性の参加も呼びかける大会に発展し、ホッケー部女子が積極的に参加しサポートしています。2019年には5回開催されました。

[新入部員]
・ホッケー部男子はプレイヤー14人の新入部員を獲得し、ホッケー部女子はプレイヤー6人、マネージャー2人の新入部員を獲得しました。

[2020年度チームへ交代]
・2019年11月に、ホッケー部男子は新主将の中村亘希が率いるBullions2020に、ホッケー部女子は新主将の水谷綾奈が率いるUlysses2020にそれぞれ交代しました。

写真


ご寄付の使途
2019年は、ご寄付の使用は極力抑え人工芝張替え資金の蓄積に注力してまいりました。


みなさまのご支援に厚く感謝いたします。
引き続きよろしくお願いいたします。

下津克己教授、主将からの御礼メッセージをYouTubeにて公開しています。

2020年10月26日(月)

 


YouTubeページはこちら

「新型コロナウイルスと大学スポーツ」特集第3弾にホッケー部が取り上げられました

2020年06月02日(火)

PJ画像2

新型コロナウイルスの流行により、試合や練習が中止になるなど、大学スポーツにも影響が表れています。このイレギュラーな状況下で、東大運動部員たちがどのような思いでどのような活動に取り組んでいるのかをインタビュー形式でまとめた運動会企画「新型コロナウイルスと大学スポーツ」特集の第3弾として、ホッケー部が掲載されています。
ぜひご覧ください!

「新型コロナウイルスと大学スポーツ」特集 第3弾 ホッケー部のページはこちら

http://www.undou-kai.com/2020/06/02/covid19_womenhockey/

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
1

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

ホッケー部
部長 下津 克己

今年度寄付総額
20,000円
今年度寄付件数
1件
現在の継続寄付会員人数
0人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

「東京大学基金」の特典が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

目指せリーグ優勝!頑張れ洋弓部!!

東京大学運動会洋弓部支援プロジェクト

PJ画像

インカレ1部昇格、国立九大学戦優勝を目指して

スキー部活動支援・留学生スキー講習会支援基金

PJ画像

さらなる競技力向上で世界に翔けB&W

ボディビル アンド ウエイトリフティング部