WARRIORS支援基金(アメフト部)

WARRIORSは「未来を切り拓く人材」を輩出します

PJ画像

プロジェクト設置責任者

運動会 アメリカンフットボール部(WARRIORS)のHPはこちら!

今年度寄付総額
1,920,000円
今年度寄付件数
8件
現在の継続寄付会員人数
3人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付のお願い

アメリカンフットボール部「WARRIORS」が運動部である以上、強くなることを目指し、その先に優勝があるわけですが、それと同様に大切なのが部活動を通しての人材育成です。多くのOB/OGがこれまでWARRIORSから力をもらい、それを自分のアイデンティティとして卒業後の人生を送っています。そして、今後も素晴らしい人材を輩出していくWARRIORSでありたいという思いが、OB/OG会やファンクラブ等の活動につながっています。本気で優勝を目指せる一流のチームになったとき、WARRIORSでの経験は学生にとってこれまで以上に素晴らしいものになり、人材育成の場としてもより高いレベルになるはずです。WARRIORSの活動を力強く後押しするために、みなさんの参加とご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

warriors__2.jpg
 

WARRIORS支援基金とは

WARRIORSは創部から50年、部員数120名を超える東大でも最大規模の運動部です。「WARRIORSを通して、多くの後輩たちに充実した大学生活を送ってほしい」といったOB/OGや保護者、その他応援して下さる方々の思いが、この基金に込められています。本基金は、平成20年秋からの1年半におよぶ「クラブハウス建設募金活動」を契機として発足されました。そして現在はWARRIORSの活動を支える皆様が一体となって、学生たちの笑顔のために、引き続き多くの方々からの継続的な支援をお願いしています。
 

WARRIORS支援基金の謝意・記念品

ご支援いただいた方に、WARRIORSがすてきな謝意・記念品をご用意しています
※詳細はこちら(WARRIORSのホームページに移動します)

warriors_.jpg

関連URL

このプロジェクトに寄付をする

2023年活動報告
-チャレンジマッチ勝利でTOP8残留-

2024年02月16日(金)

【2023年度 主なチーム活動】
2月
ファン感謝祭:東京大学御殿下グラウンドにて開催。同イベント内では、アメフト教室・防具の試着会など、アメフトに親近感を持ってもらうためのプログラムも併せて企画。
春合宿:千葉県の検見川総合運動場にて3泊4日で開催。新型コロナウイルスの影響もあり実に4年ぶりの実施となった。厳しい練習を通じて新チームとしてのまとまりも見られるようになり、部員一人ひとりが心身ともに大きく成長できた。

3~4
新歓活動:様々な新入生向けイベントを企画。約85名の新入生が入部した。

5~6
春シーズンオープン戦:地域横断的に他大学や社会人チームとの試合を実施(京都大学・日本大学・富士フイルムミネルヴァAFC・立命館大学・防衛大学校・品川CCブルザイズ)。戦績1勝5敗。秋シーズンに向け、個々人が自らの強みや課題を発見することができた。

8
夏合宿:長野県軽井沢にて4泊5日で実施。部員全員がアメフトと向き合い続け、それぞれの課題を克服し、秋シーズンに向けて英気を養った。

9~12
秋シーズンリーグ戦:TOP8での戦績は0勝6敗と悔しい結果に終わった。チャレンジマッチ(関東一部下位リーグとの入れ替え戦)ではBIG8第2位の駒澤大学に勝利し、TOP8残留を勝ち取る。
新チーム発足:主将主務未定(2024年1月21日現在)。新4年生を中心に、昨年度の反省を活かしたチームづくりに取り組んでいる。

画像
夏合宿
画像
駒澤大学戦


【地域交流活動】

各種体験会・教室:近隣の区立小学校(根津小学校、湯島小学校など)の小学生を対象に、フラッグフットボール教室を開催。また、2028年ロス五輪の種目としても正式に採用されたフラッグフットボールの体験会を女子向けに開催するなど、地域と一体となりスポーツ振興活動を行っている。


【その他交流活動】
合同練習:年間を通して他地域の大学や高校、社会人チームと積極的に合同練習を行った。新たな刺激を多く取り入れ、より良い練習やチームづくりに活かした。高校との合同練習においては、高校生に向けて大学アメフト、大学スポーツの魅力についても伝えることができた。


■ご寄付の使途
いただいたご寄付は以下の目的のために、活用しました。

・チーム統一ウェアの購入
練習時、試合時、イベント時に部員が着用するチーム統一ウェアの購入費用

・防具、練習用具、栄養補助食品の購入
部員が練習前後で摂取する栄誉補助食品、練習時の水分補給用ドリンクや、防具・ボールなどの日々の練習で使用される道具類の購入費用、またそれらの維持管理費用

・合宿の実施
春合宿、夏合宿で発生した宿泊費用や施設利用費用

・映像共有アプリの利用
練習時や試合時に撮影した映像を部員全員に共有するアプリケーションの利用費用、更新費用

温かいご支援を賜り、ありがとうございました。
 

2022年活動報告
-秋季リーグ戦では劇的逆転勝利も!-

2023年04月10日(月)

PJ画像1

【2022年度の主なチーム活動】
3月 新型コロナウイルスの影響により春合宿中止(代替イベントとしてWARRIORS DAYS SPRING2022実施)
4月 新歓活動:約50名の新入生が入部
5〜6月 春シーズンオープン戦(神奈川大学・京都大学・富士フイルムミネルヴァAFC・早稲田大学・関西学院大学・防衛大学校):2勝4敗
8月 夏合宿:福島県いわき市にて4泊5日で実施
9〜11月 秋季リーグ戦:2勝5敗。リーグ初戦の中央大学戦では残り19秒で劇的逆転勝利した。この東京ドームでの中央大学戦後には、試合観戦に来てくれた中高生200名を対象に東京大学本郷キャンパスツアーを実施。関東最上位リーグ10校のリーグ戦において上位6校で構成される上位リーグに進出。関東学生1部上位リーグTOP8 8チーム中6位でシーズン終了。
12月 新チーム(WARRIORS2023)発足:主将 中矢陽斗・主務 志田遊梧

img46.jpg
 
【地域交流活動】
文京区立小学校でのフラッグフットボールの特別授業など文京区と共同で定期的に地域交流活動を行いました。

img5.jpg
 
■ご寄付の使途
いただいたご寄付は以下の目的のために、活用しました。

・部員統一ウェア・シューズの購入
練習時や試合・イベントに伴う移動時に着用する、チーム統一のウェア・シューズの購入、新入部員用ウェアの購入のための費用

・練習用具・サプリメントの購入
練習時に提供するドリンク、補食などのサプリメント類やボールなどの日々の練習で使用される道具類の購入費用

・映像共有アプリの利用
練習や試合時に撮影した映像の共有アプリの更新費用


温かいご支援を賜り、ありがとうございました。

 

2021年活動報告
-統一ウェア・シューズ等の購入をいたしました-

2022年03月22日(火)

●2021年度の主なチーム活動
4月 新歓活動
約70名の新入生が入部
4月〜6月 春シーズンオープン戦5試合(法政大学、駒沢大学、成蹊大学、筑波大学、ディアーズフットボールクラブ)を実施:0勝5敗
8月  夏合宿はコロナウイルス感染拡大防止のため中止(代替イベントとしてWARRIORS DAYS 2021を実施)
9月〜11月 秋季リーグ戦:0勝4敗。
      関東学生1部上位リーグTOP8 10チーム中8位でシーズン終了
12月 新チーム(WARRIORS2020)発足
      主将 屋敷昌堯、主務 真田珠希

●地域交流活動
文京区立小学校でのフラッグフットボールの特別授業など文京区と共同で定期的に地域交流活動を行った。

ご寄付の使途
●部員統一ウェア・シューズの購入
試合やイベントに伴う移動時に着用する、チーム統一のウェア・シューズの購入、新入生用ウェアの購入をしました。

黒い服を着た6人の集合写真.jpg


●練習用具、サプリメントの購入
練習時に提供するドリンク、補食などのサプリメント類、ボールなど、日々の練習で使用される道具類の購入をしました。

アメフトボールアップ.jpg
 
(アメフト)試合の様子.jpg
 

●映像共有アプリの利用
練習や試合時に撮影する映像の共有アプリの更新費用に活用しました。


皆さまのご支援が活動の支えとなっています。あたたかいご支援に心より感謝申し上げます。今後とも何卒よろしくお願いいたします。

活動報告をYouTubeにて公開しています

2021年11月12日(金)

東京大学基金活動報告会2021 第2部オンライン交流会グループDの冒頭にて行いました、プロジェクト活動報告の動画です。


WARRIORS支援基金(アメフト部)は13:50からです。
 
開催日:2021年9月29日
録音・録画はお控えください。
交流部分は非公開としています。

2019年活動報告
-ウェア・シューズ等の購入にご支援を活用いたしました-

2020年12月21日(月)

●2019年度の主なチーム活動
3月           春合宿@東京大学検見川総合運動場
4月     新歓活動 約70名の新入生が入部
4月〜6月   春季オープン戦:2勝5敗
          京都大学、防衛大学校との定期戦のほか、新たに国立大学リーグを発足
8月           夏合宿@福島県いわき市
9月〜11月   秋季リーグ戦:2勝5敗(不戦勝含む)
      関東学生1部上位リーグTOP8 6位でシーズン終了
12月         新チーム(WARRIORS2020)発足 主将 唐松星悦、主務 八柳旭

●地域交流活動
小学生フラッグフットボール教室を毎週開催しました。また、文京区立小学校でのフラッグフットボールの特別授業や、12月のフラッグフットボール体験会の開催など文京区と共同で定期的に地域交流活動を行いました。

●ご寄付の使途
部員統一ウェア・シューズの購入
アメリカンフットボールでは試合の際、移動時にチームで統一のウェア・シューズを着用する必要があります。上級生用シューズの新調と新入生用ウェアの購入時にご寄付を活用させていただきました。

ウェア・シューズ写真


練習用具、メディカル用品、サプリメントの購入
ボール、防具、クーラーボックス、アパレルをはじめとする練習用具、テーピングやホットパックなどの怪我予防のためのメディカル用品、サプリメント類など日々の練習で使用される道具類の購入費用にご寄付を活用させていただきました。

写真
 
写真
 

皆さまのご支援に心より感謝申し上げます。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。
 

#最高の自宅待機をしよう【お家でトレーニング】

2020年06月02日(火)

PJ画像5

 

運動会ではそれぞれの部活が「#最高の自宅待機をしよう」と題して様々な取り組みを行っています。 アメフト部では、公式ツイッターで【お家でトレーニング】を公開しています。
ぜひご覧ください!

#最高の自宅待機をしよう【お家でトレーニング】はこちらから
 

農学部グラウンドの照明を交換!(アメフト部・ア式蹴球部・ラクロス部支援基金)

2017年03月15日(水)

PJ画像6
夜間の練習に励む学生

 アメリカンフットボール部・ア式蹴球部・ラクロス部の3部が連携してご寄附を活用し、2016年6月、農学部グラウンドの照明を改修することができました。部員からの感謝の声をお届けします。

la ac2.jpg

(左から)アメフト部加藤主将、ア式蹴球部沢登主将、ラクロス部菊地主将

学生の声

(左)アメリカンフットボール部 主将 農学部4年  加藤快さん

「この度はスポーツ振興基金より農学部グラウンドの照明を交換して頂き誠にありがとうございます。僕らアメフト部は基本的に毎日17時から21時まで練習しています。以前は農学部グラウンドは御殿下グラウンドに比べてかなり暗く、日が沈むとボールが見えにくい状態でした。この度交換していただいた新しい照明はとても明るく、部員一同練習の環境がとても良くなり感謝しております。これからも変わらぬご支援、ご声援をよろしくお願い致します。」

 

(中央)ア式蹴球部 主将 文学部3年  沢登孝介さん

「日頃よりご声援ありがとうございます。僕たち東大ア式蹴球部は夜に練習をすることが多く、今まで農学部グラウンドの隅の方ではボールがよく見えないこともあったのですが、今回照明を新しくしていただき、夜の練習でも質の高いものができるようになりました。みなさまのご支援に結果という形で応えられるよう、部員一同日々精進してまいります。この度は本当にありがとうございました。今後ともご支援のほどよろしくお願い致します。」

 

(右)ラクロス部 主将 教育学部3年  菊地哲朗さん

「この度はスポーツ振興基金を通じて農学部グラウンドの照明を交換していただき誠にありがとうございます。ラクロス部は日頃から農学部グラウンドを夜間の練習場所として使わせていただいているのですが、今回の照明交換のおかげで、以前多発していた照明の陰に隠れてラクロスボールが見えないという事態がほとんどなくなり、練習の質を非常に上げることができました。ラクロス部を代表してお礼を申し上げたいと思います。感謝を忘れずにこれからも精進していきますのでこれからもご支援よろしくお願いいたします。」

アメフト部支援基金とは

ア式蹴球部支援基金とは

ラクロス部支援基金とは

 

Tシールド・ショルダーを購入!(WARRIORS支援基金(アメフト部) )

2016年10月21日(金)

皆様からのご支援により、アメフト部では2016年3月にTシールド、2016年5月にショルダーを購入することができました。学生からの感謝の声をお届けします。


Tシールド

WARショルダー.jpg
ショルダー

WAR学生.jpg
学生の声 (ランニングバック 経済学部3年 山口貴大さん)

「日頃よりご声援ありがとうごさいます。僕たち東大アメフト部は、激しいコンタクトを伴うスポーツでありながら練習での怪我を減らすためTシールドというクッション性のある道具を利用しています。Tシールドのおかげで安全に練習でき試合にフルメンバーで臨むことができます。この度は皆様のご支援により新たに5個のTシールドを購入できました。リーグ昇格という目標に向かって邁進して行きます。
この度はありがとうございました。今後ともご支援のほどよろしくお願い致します。」

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
******** 2024年04月09日 500,000円 トップ8優勝を目指して頑張って下さい!
<WARRIORS(アメフト部)>
**** 2024年02月16日 1,000円 四恩報謝
来世は国立大学医学部を卒業できる学力と体力を兼ね備えたい
健康第一に明るく元気に楽しく生活しています
<WARRIORS(アメフト部)>
髙﨑 玄太朗 2023年12月27日 500,000円 WARRIORSのOBです。本気で勝利を目指す部活動はその後の社会生活に必要な全ての要素が詰まっています。現役諸君は得がたい貴重な経験をしていると信じて、頑張って下さい。
<WARRIORS(アメフト部)>
大沢 宏至 2023年11月27日 100,000円 日本一を目指して頑張ってください。
<WARRIORS(アメフト部)>
******** 2023年10月11日 20,000円 目黒区民まつりで地域や次世代にアメフトの楽しさを広めるご活動をされていることを知り、感銘を受けました。日本一目指して頑張って下さい!
<WARRIORS(アメフト部)>
******** 2023年09月03日 100,000円 秋シーズン、勝利を!!!!!

我が子の入部以来、開幕直前にこちらに応援コメントを入れることが楽しみでした。4年間我が子がお世話になり本当にありがとうございました。今後の更なるチームのご発展をお祈りしています。
<WARRIORS(アメフト部)>
**** 2023年08月13日 69,384円 「常唱」「立正安国」
三世常住に正しい人生観を持ち希望と幸せに満ちた日々を送っています
人類の救済と全世界の平和の実現の為に
日蓮正宗法華講員
<WARRIORS(アメフト部)>
******** 2022年12月25日 1,000,000円 来年こそ日本一目指して頑張って下さい。
<WARRIORS(アメフト部)>
******** 2022年09月01日 100,000円 秋シーズンの勝利を楽しみにしています!!
<WARRIORS(アメフト部)>
向山 繁 2022年09月01日 100,000円 東大ウォリアーズの皆さん、日本一の夢に向けてファイト!
<WARRIORS(アメフト部)>
******** 2021年09月01日 100,000円 身体に気をつけて頑張ってください。秋シーズンの勝利を祈っています‼
<WARRIORS(アメフト部)>
久保田 寿治 2021年08月02日 500,000円 優勝という目標に向けたその努力から多くが生まれることを期待します。
<WARRIORS(アメフト部)>
******** 2021年06月29日 30,000円 昨年、中大に勝ったように、今年はそれ以上の活躍を期待しています。
<WARRIORS(アメフト部)>
******** 2021年06月18日 100,000円 WARRIORSを全力で応援しています。
<WARRIORS(アメフト部)>
森 弥生 2020年09月22日 100,000円 頑張れWARRIORS!
<WARRIORS(アメフト部)>
向山 繁 2020年09月18日 100,000円 東大ウォリアーズの更なる発展を祈念します。
<WARRIORS(アメフト部)>
******** 2020年09月01日 100,000円 コロナに負けず、頑張ってください!応援しています。
<WARRIORS(アメフト部)>
久保田 寿治 2020年07月31日 500,000円 学生スポーツにとっても厳しい状況が続きますが、このようなときこそ今までできなかったことに挑戦してもらいたいと思います。
<WARRIORS(アメフト部)>
12次へ »

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

運動会
アメリカンフットボール部(WARRIORS)のHPはこちら!

今年度寄付総額
1,920,000円
今年度寄付件数
8件
現在の継続寄付会員人数
3人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の謝意・記念品

「東京大学基金」の謝意・記念品が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

日本が誇る植物園を、世界へ

Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)

PJ画像

― 環境に優しいクリーンな資源 ―

南鳥島レアアース泥を開発して日本の未来を拓く

PJ画像

最先端の物理、天文、数学の連携で宇宙の謎に迫る

日本発アインシュタイン:カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)

PJ画像

三崎から世界へ!奇跡の海の研究を支える

マリン・フロンティア・サイエンス・プロジェクト

PJ画像

三陸の水産業の復興をめざして

沿岸センター活動支援プロジェクト(大気海洋研究所)

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました。

メダカ自然集団の保全事業支援基金

詳細をみる

募集終了

PJ画像

インカレ1部昇格、国立九大学戦優勝を目指して

スキー部活動支援・留学生スキー講習会支援基金

PJ画像

― 人間とは何か、ともに考えるために ―

社会と未来を開くオープンヒューマニティーズ基金

PJ画像

目指せリーグ優勝!頑張れ洋弓部!!

東京大学運動会洋弓部支援プロジェクト

PJ画像

ヒトの知性はどのように生じるか?

ニューロインテリジェンス国際研究機構(IRCN)基金

PJ画像

~生命現象の完全な理解に向けて~

東京大学定量生命科学研究所-カロリンスカ研究所国際活動支援基金

PJ画像

分子科学で未来をつくる。

統合分子構造解析拠点「FS CREATION」における研究と教育の支援基金

PJ画像

さらなる競技力向上で世界に翔けB&W

ボディビル アンド ウエイトリフティング部

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました。

「スーパー酵母2024」プロジェクト

詳細をみる

募集終了

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました

小型模擬人工衛星CanSatプロジェクトへの挑戦基金

詳細をみる

募集終了