東京大学基金ホーム > プロジェクトカテゴリ一覧 > 東大スポーツ振興基金 > 空手部支援基金

空手部支援基金

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

伝統ある東京大学運動会空手部

 東大空手部は大正14年(1925)東京帝国大学唐手研究会として発足されました。以来約90年大学空手部としてはその前年に発足した慶応に次いで長い歴史を有する部です。3代目師範に和道流創始者の大塚博紀先生を迎え以後多くの先輩が他大学の空手部創設にも尽力されました。現在のOB数は約500名です。直近の男子戦績は東京都国公立大会では2006以来7連覇中、国立七大学総合体育大会(七帝戦)では2007以来6連覇中。女子は東京都では2007、2008、2009、2011、2012優勝、七帝は2007、2008、2009、2010優勝(従ってこの期間は男女アベック4連覇)。また全国国公立大学空手道大会でも男子は2006、2007、2008、2011優勝、2009、2010は準優勝、女子は2009優勝、2008、2010は第3位と男女とも常に優勝を目標に掲げて稽古しています。その他2007全日本大学空手道ベスト8(男子)、2008和道会ワールドカップ世界大会優勝(男子体重個人)、2010和道会全国大会第3位(大学の部男子)といった成績をおさめています。

写真  写真

基金の趣旨

 現役部員の活動支援、具体的には以下のような使途を想定して、基金を設立いたしました。
1.各種大会への参加費用
2.部員の遠征費用
3.練習設備・備品の購入及び設備環境に係る支出

写真

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧