硬式野球部支援基金

神宮の杜で優勝を目指す!

PJ画像

プロジェクト設置責任者

運動会 硬式野球部

今年度寄付総額
8,343,000円
今年度寄付件数
383件
現在の継続寄付会員人数
121人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

東京大学野球場人工芝の歴史

東京大学運動会硬式野球部は1919年に創部され、1925年秋の東京六大学野球連盟創設時に加盟し、それ以来大学野球のトップリーグの一員として戦っております。硬式野球部の練習場は、東京都文京区の弥生キャンパスに1937年に造営された球場で、1983年に他大学に先駆けて人工芝化が行われました。それ以降、人工芝の経年劣化に対して、他球場から中古の人工芝を譲り受けて貼り替えるなどの方法で凌いでおりましたが、数年前からそれも限界に達し、人工芝の劣化に起因するケガ人が多数生じるようになってしまいました。そこで東京大学基金プロジェクト「東大球場・芝基金」を立ちあげ広くご支援を呼びかけましたところ、多数の企業や個人の皆様からご寄附を賜り、2012年3月に全面貼り替えを行うことができました。部員が思いきり練習に取り組める環境を再生して頂きましたことに、改めましてご支援頂いた皆様に厚く御礼申し上げます。

img_0152.jpg

基金の趣旨

東京六大学野球連盟の一員として戦って行くためには、相応な施設・設備や活動が必要です。人工芝の寿命は適切なメンテナンスを行っても10年程度とされており、少なくとも10年に1度の更新が必要です。良い人工芝の状態で練習するためには、計画的な資金造成が必要と考えております。また、強化のための硬式野球部の活動経費につきましても、硬式野球部OB会が相応な支援を行っておりますが、それにも限界があり、現役部員に大きな負担がかかっています。以上のような状況から、硬式野球部が東京六大学野球連盟の一員として戦い続けるための継続的な支援をお願い致したく、「硬式野球部基金」を新たに立ちあげさせて頂きました。何卒、状況をご理解いただき温かいご支援を宜しくお願い致します。
 

硬式野球部100周年寄付返礼企画(2019年限定)

皆様の多大なるご支援のおかげで、硬式野球部は2019年で100周年を迎えます。これを機に、2019年限定で、ご寄付に対する返礼企画を実施いたします。本企画では、ご寄付へのお礼として100周年を記念したオリジナルグッズ等をご用意しております。皆様からの寄付金は、2021年のシーズン終了後に予定されている東大球場の人工芝貼替え工事に向けて積み立てさせていただきます。

寄付募集期間

2019年4月〜2019年12月

ご寄付の活用方法

皆様からの寄付金は、(1)人工芝貼替え工事に向けての積み立てを最優先として使わせていただき、1,500万円を超えた分につきましては、(2)球場維持・修理工事に活用させていただきます。

(1)人工芝貼り替え工事に向けての積み立て

 2021年のシーズン終了後に予定されている東大球場の人工芝貼り替え工事に向けて積み立てさせていただきます。
 球場のグラウンド一面を覆う人工芝の状態悪化を防ぐためには、少なくとも内野は10年に1度、全面は20年に1度の更新が必要です。前回の貼り替え時には「東大球場・芝基金」を設置し、多数の方々から多大なご支援を賜り、人工芝貼り替え工事は2012年3月に無事に竣工を迎えました。
 2021年は内野の全面貼り替えを予定しております。それには約1,500万円が必要であり、皆様からのご支援が不可欠と考えます。チームを強くするための練習環境の整備・選手の安全の確保のため、ぜひとも皆様からのご支援をお願いいたします。

1_2012.jpg
2012年貼り替え時の東大球場の人工芝
2.jpg
2019年現在の様子

(2)球場維持・修理工事

 東大球場の維持、補修に使わせていただきます。
 マウンドクレイ、アンツーカの補充、ネットの補修など、恒常的な球場の維持費や修理工事費に充てさせていただきます。これらの費用として年間約200万円が必要です。

3.jpg

アンツーカをふるう部員

ご寄付への感謝

皆様からのご寄付は任意の金額より受け付けております。累計3万円以上ご寄付いただいた個人の方には、右表の通り100周年を記念したオリジナルグッズなどをお届けいたします。

お礼の時期・方法

返礼品のお届けは、以下の時期を予定しております。累計額に応じて以下に紹介する返礼品をお届けいたします。
一次締切:2019年6月30日までのご寄付 → 2019年8月頃のお届け
二次締切:2019年9月30日までのご寄付 → 2019年11月頃のお届け
最終締切:2019年12月31日までのご寄付 → 2020年2月頃のお届け

2019年6月に10万円寄付した場合

2019年9月と12月に5万円ずつ寄付した場合

計10万円の寄付なので、
8月頃:3、5、10万円相当の返礼品全て進呈
計10万円の寄付なので、
11月頃:3、5万円相当の返礼品
2月頃:10万円相当の返礼品を進呈

 なお、クレジットカード決済の場合はご入金確認後の発送となりますため、返礼品のお届けが遅れる場合がございます。予めご了承ください。
 レプリカユニフォーム、記念楯はこの限りではありません。

※法人からのご寄付は返礼対象に含まれません。

ご寄付の方法

  • Webサイトからのご寄付

「支援プロジェクト」欄の「ご支援先の内容を記入する。」にチェックを入れ、「その他」欄に「BBC100」とご記入ください。

photo_4.jpg

  • 振込用紙(払込取扱票)によるご寄付
    「寄付目的」欄の「特定目的」にチェックし、「硬式野球部活動支援のため(BBC100)」とご記入ください。

    photo5.jpg

  • ご寄付申込書によるご寄付
    「寄付目的」欄の「その他」にチェックし、「硬式野球部活動支援のため(BBC100)」とご記入ください。

 ※振込用紙(払込取扱票)のご請求、ご寄付申込書のダウンロードはこちら

 

お問合せ・注意事項

【30万円以上のご寄付の方】

30万円を超えるご入金、またはクレジットカード決済でのお申し込みをしていただいた時点で、東京大学野球部まで下記の通りメールにてご連絡ください。お選びいただけるユニフォーム一覧表とオーダー用紙をお送りいたします。

  連絡先: office@tokyo-bbc.net(※@を半角に直してください)
  内容:お名前、ご住所、電話番号

お送りしたオーダー用紙に必要事項をご記入の上、メール、FAXまたは郵送にてご送付ください。

・ご連絡がない場合、30万円を超えるご入金、またはクレジットカード決済でのお申し込みを野球部側で確認できた段階で、寄付お申し込み時にご入力いただいた連絡先に、希望ユニフォームデザインの確認のための連絡をいたします。

一次締切までの方も二次締切までの方も最終締切までの方も2020年2月15日までにご連絡が取れない場合、 ⑧のデザインのユニフォーム(背番号、背ネームなし)を、寄付お申し込み時にご入力いただいたご住所にお届けいたします。

・他の返礼品よりもお届けが遅れる場合がございます。予めご了承ください。

【50万円以上のご寄付の方】

  • 50万円を超えるご入金、またはクレジットカード決済での申し込みが野球部側で確認できた段階で、寄付お申し込み時にご入力いただいた連絡先に、刻印するお名前の確認の連絡をいたします。

  • お届け時期は2020年2月頃を予定しております。

  • 返礼品のデザイン、お届け時期等は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

 

企画内容に関するお問い合わせ先

東京大学運動会硬式野球部

〒113-0032 東京都文京区弥生1-1-1東大球場

電話:03-3811-5100

FAX:03-3811-5100

E-mail:office@tokyo-bbc.net(※@を半角に直してください)

関連URL

このプロジェクトに寄付をする

2018年 硬式野球部活動報告

PJ画像0

2017年11月に発足したTeam2018は、大分・沖縄でのバッテリー合宿、福岡合宿、春季オープン戦を経て、東京六大学野球春季リーグ戦に臨むも、10戦未勝利に終わりました。
また、国際親善試合を含む夏季オープン戦を戦い、迎えた秋季リーグ戦では明大2回戦で引き分けに持ち込みましたが、勝ち星をあげることはできませんでした。
2018年11月に新体制Team2019へと移行し、リーグ戦での勝ち点獲得、最下位脱出を目標に日々練習に励んでいます。
 

主な活動一覧

2017年11月 新チーム(チーム2018)発足(宇佐美主将、中川主務)
2018年2月 大分・沖縄にて春季バッテリー合宿
2018年2月~3月 福岡にて春季合宿、春季オープン戦、社会人対抗戦
2018年4月 新入部員あわせて100名に
2018年4月~5月 東京六大学野球連盟春季リーグ戦(10敗、6位)
2018年4月~5月 春季フレッシュリーグ(1勝、5位)
2018年6月 東京都国公立大学戦(優勝)
2018年7月 ソウル大定期戦(勝利)、双青戦(京大定期戦)(勝利)、東大球場スポーツデー(NPB、明治大学と)
2018年8月 室蘭にて夏季合宿、札幌にて七大戦(4位)、夏季オープン戦、横浜球場にてカナダ・ブリティッシュコロンビア大学との国際親善試合(引き分け)、南信州にて六大学オールスターゲーム、夏期講習・高校生練習会
2018年9月~10月 東京六大学野球連盟秋季リーグ戦(1分10敗、6位)
2018年10月~11月 秋季フレッシュトーナメント(6位)
2018年11月 新チーム(チーム2019)発足(辻居主将、柳田主務)、秋季オープン戦、文京ベースボールフェスタ

寄付金の使途

2017年11月から2018年10月の基金からの支出の主な使途は、オープン戦・合宿・遠征交通費、チーム統一ウェア・個人道具購入費の補助、プロテイン・スポーツドリンク・試合球・グリップガード・試合用ユニフォーム・アームマシン・ホームベース等、マウンドクレイ・アンツーカ・ピッチャープレート、バッティングゲージ・バックネット補修等でした。

硬式野球1.jpg

硬式野球2.jpg

2018年度も、弊部の活動にご理解いただける企業ならびに個人の皆様の多大なるご支援により、充実した活動をすることができました。一方、東京六大学野球連盟リーグ戦では春秋を通して未勝利に終わり、勝利をもって皆様のご恩に報いることが出来ず、悔しい結果となりました。
2019年弊部は創部100周年を迎えます。この節目の年に結果を残せるよう部員一同精進してまいります。

継続支援のお願い

硬式野球部最大の目標は東京六大学野球のリーグ戦で優勝することです。そのためには毎シーズン安定して勝つ体制を作ることが必要と考えます。練習はもちろんですが、練習環境・施設の整備・充実も非常に重要です。特に大きな事業は、2021年に工事を予定している10年に一度の人工芝の張り替えです。ぜひとも継続支援をお願いいたします。
また、遠征交通費、道具代などは、一部は基金でまかなっておりますが、部員一人当たりの負担額は年約58万円となっており、昔よりも大幅に増加しております。部員の負担軽減にご協力いただける方は、ぜひとも継続支援をお願いいたします。

硬式野球4.jpg

室蘭にて夏季合宿を実施!(硬式野球部支援基金)

2016年10月21日(金)

皆様からのご支援により、硬式野球部では2016年7月末から8月初旬にかけて、北海道室蘭市にて合宿を実施するこができました。学生からの感謝の声をお届けします。

硬式:砂浜.jpg
砂浜での練習風景

硬式:OP戦.jpg
OP戦の様子

硬式:学生の声.jpg
学生の声 (副将 教育学部4年 喜入友浩さん)


「東京大学硬式野球部副将の喜入です。皆さまからの温かいご支援のおかげで恵まれた環境で野球に励むことができております。本当にありがとうございます。おかげさまで暑い夏は涼しい北海道へ、寒い冬は暖かい沖縄へ合宿をすることができ、この春は3勝という結果を残すことができました。硬式野球部は現状に満足せずさらなる高みを目指します。これからも東大野球部をよろしくお願いいたします。」

スピードガンを購入!

PJ画像2
寄付の成果:スピードガン

硬式野球部では、2015年9月、皆様からのご支援によりスピードガンを購入することができました。学生からの感謝の声をお届けします。

学生の声 (東京大学運動会硬式野球部 主将 山本克志さん)

スピードガン2.jpg


「硬式野球部活動支援基金に寄付を頂き誠に有難うございます。この度、硬式野球部では皆様から頂いたご寄付でスピードガンを購入いたしました。投手の球速や野手のスイングスピードを測定し、選手それぞれが具体的な数値を目標にできるようになりました。日々実力の向上に役立てさせて頂いております。ご支援を賜るに相応しいチームとなるよう、練習に励んで参りますので、これからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。」

硬式野球部では他にも、バット、バッティングティ、ヘルメット、グランドシート等、様々な備品をご寄付により購入しています。温かいご支援に、この場を借りて御礼申し上げます。

スピードガン3.jpg
寄付の成果:バット

スピードガン4.jpg
寄付の成果:バッティングティ

スピードガン5.jpg
寄付の成果:ヘルメット

スピードガン6.jpg
寄付の成果:グランドシート

アンツーカー工事を実施し、グラウンド状態改善!

PJ画像3
運動用具・プロテイン

皆様からのご支援により、硬式野球部では2014年6月に運動用具・プロテイン等の購入、2015年3月にアンツーカー工事を実施できました。学生からの感謝の声をお届けします。

アンツーカー2.jpg
アンツーカー工事
 
学生の声 (主将 農学部4年 飯田裕太さん)
アンツーカー3.jpg
「東京大学運動会硬式野球部主将の飯田裕太です。
人工芝の整備やボールの購入など、皆様からのご支援により、幣部は恵まれた環境で練習が出来ております。
東京六大学野球リーグ戦で勝つことを皆様への恩返しにと精一杯努力して参ります。
今後とも東大野球部を何卒宜しくお願い申し上げます。」

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
岩崎 翔平 2019年09月03日 10,000円 少しでも野球部の勝利に貢献できれば嬉しいです。
<硬式野球部>
岩崎 翔平 2019年06月30日 300,000円 野球部頑張れ!
<硬式野球部>
安藤 達夫 2019年05月20日 10,000円 勉学を両立させて神宮球場で健闘する野球部は「神宮の21世紀枠出場校」。しっかり練習して下さい。
<硬式野球部>
伊藤 正徳 2019年05月06日 300,000円 野球部の守備の時間を短くできれば打撃は期待できるので今年の目標達成を宜しく。
<硬式野球部>
岩埼 翔平 2019年04月09日 10,000円 がんばれ野球部!
<硬式野球部>
******** 2019年03月25日 5,000円 硬式野球部をはじめ,運動会各部のますますの活躍と発展をお祈り申し上げます.
<硬式野球部>
阿津坂 慧嗣 2019年02月23日 10,000円 今シーズンの活躍を楽しみにしています。
<硬式野球部>
岩崎 翔平 2018年09月06日 10,000円 野球部の勝利、勝点を期待します。

また、1万円寄附で東京六大学野球野球の特別招待券(通常1500円の特別内野席の年間フリーパス)が1枚貰えるのでお勧めします。
<硬式野球部>
高田 道広 2018年08月21日 3,000円 秋のリーグ戦での活躍を祈念しています。
<硬式野球部>
玉木 武至 2018年08月09日 10,000円 特に無し
<硬式野球部>
高田 道広 2018年04月21日 3,000円 東大野球部の活躍を祈念しています。
<硬式野球部>
須貝 謙司 2018年04月10日 20,000円 東大野球部を応援します。
<硬式野球部>
古垣 吏一 2018年03月24日 18,000円 東大野球部、ガンバレ!
<硬式野球部>
宮台 康平 2018年01月22日 1,000,000円 在学中は大変お世話になりました。是非後輩たちのために役立ててください。
<硬式野球部>
関 康一 2018年01月11日 10,000円 東大野球部の最下位脱出、さらにはAクラス争い・赤門旋風を祈念しております。
<硬式野球部>
沼上 潔 2017年11月20日 5,000円 今回の寄付の趣旨は,東大野球部をこよなく愛しているから,ただそれだけある。在学中現在の濱田監督の現役時代から50を過ぎた今日まで,神宮球場に足繁く通い,通算200勝,94連敗前最後の勝利(対早大戦),連敗ストップ,15年ぶりの勝ち点をこの目で見届けた,球史の生き証人である。
<硬式野球部>
******** 2017年09月09日 3,000円 東大野球部活動支援
<硬式野球部>
森田 和彦 2017年08月25日 300,000円 東大野球部ファン歴50年。是非、東大初優勝を見てからあの世へ逝きたいと思います。10年以内の初優勝をお願いします。
<硬式野球部>
123次へ »

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

運動会
硬式野球部

今年度寄付総額
8,343,000円
今年度寄付件数
383件
現在の継続寄付会員人数
121人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の特典

「東京大学基金」の特典が適用されます。

このプロジェクトの特典(2019年限定)

3万円以上のご寄付

PJ画像0
PJ画像0

・オリジナルボールペン
※インク色:黒、芯の太さ:1.0mm、サイズ:131.5mm×直径7mm

5万円以上のご寄付

PJ画像1
※画像はイメージです
  • オリジナルマグカップ
  • オリジナルボールペン

10万円以上のご寄付

PJ画像2
※サイズ:W36cm×H37cm×D11cm
  • オリジナルトートバッグ
  • オリジナルマグカップ
  • オリジナルボールペン

30万円以上のご寄付

PJ画像3
※1981年から1982年に使用されたユニフォームのレプリカ
PJ画像3
  • レプリカユニフォーム ※
  • オリジナルトートバッグ
  • オリジナルマグカップ
  • オリジナルボールペン

※東大野球部歴代ユニフォームのうち、8種類の中から希望するユニフォームをお選びいただけます。お選びいただけるユニフォームの詳細はこちら(クリックで開きます)。

※希望するユニフォームデザインの連絡方法についてはプロジェクト詳細ページの「お問合せ・注意事項」をご覧ください。

50万円以上のご寄付

PJ画像4
  • 記念楯 ※
  • レプリカユニフォーム
  • オリジナルトートバッグ
  • オリジナルマグカップ
  • オリジナルボールペン

※お名前を刻印したクリスタルの記念楯をお届けいたします。
50万円以上のご寄附:小サイズ(W130mm×H95mm×D30mm)
100万円以上のご寄附:大サイズ(W170mm×H120mm×D30mm)
※お届け時期は2020年2月頃を予定しております。

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

さらなる競技力向上で世界に翔けB&W

ボディビル アンド ウエイトリフティング部

PJ画像

インカレ1部昇格、国立九大学戦優勝を目指して

スキー部活動支援・留学生スキー講習会支援基金