東京大学基金ホーム > プロジェクトカテゴリ一覧 > 東日本大震災からの救援・復興 > 東日本大震災救援復興支援プロジェクト

東日本大震災救援・復興支援プロジェクト

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)


➤English(英語版はこちら)

東日本大震災に関する救援・復興支援プロジェクトについて

 東京大学では、総長メッセージの「生きる。ともに」ということばの下、東日本大震災からの復興に向け、健康・医療、まちづくり、放射線、ボランティアなど様々な分野で救援・復興支援活動を行っています。本学の救援・復興支援活動については、東日本大震災<東京大学の対応について>で随時報告を行っています。

東日本大震災救援・復興支援プロジェクトの活動報告等

 2011年6月1日の寄附募集開始より、2015年1月31日時点で、約2000万円のご支援をいただきました。多くの皆さまからご支援をいただき、ありがとうございます。

 ご支援いただいた寄附については、一部を被災した学生への奨学金ボランティア隊の派遣等に使用させていただいた他、本学が研究を活かして取り組む「東日本大震災救援・復興支援プロジェクト」の登録プロジェクトの活動原資として活用させていただくこととしています。                                               

 ご寄附を活用したプロジェクトの成果については、「寄付の成果」の下記のページをご覧下さい。

 

 また、2016年3月末までプロジェクトの期間を延長し、震災復興を長期的に支援することとしました。今後も、本学の使命の一つとして、救援・復興支援活動を進めてまいりますので、本プロジェクトに対し、ご支援・ご協力をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

写真

  コミュニティケア住宅のケアゾーン                                  2012年作付け前に水田の土壌と刈株を採取している様子

写真

                   放射線の線量調査をする様子                                 学習支援ボランティア活動の様子

東日本大震災に関する救援・復興支援室からのメッセージ

このたびの東日本大震災におきまして、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆さま方に心よりお見舞いを申し上げます。
被災地の状況は深刻であり、救援活動を絶えることなく継続すると同時に、復興活動にもすみやかに着手することによって、被災された皆さま方が希望を持てる生活基盤の確立を一刻も早く図らなければなりません。

また、被災地を出身とする東京大学の学生が経済的に困窮し、大学での勉学に大きな支障が出てきており、これらの学生に対する支援も急務です。

東京大学では、岩手県の遠野市に救援・復興支援の現地拠点(遠野分室)を設け、岩手県の沿岸被災地に関する後方支援拠点としての活動を始めました。東日本大震災の救援・復興に関して、東京大学の使命の一つとして、できる限りの支援をしていきたいと考えています。

皆さまには本学が行うこれらのプロジェクトに対し、暖かいご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。
なお、「東日本大震災に関する救援・復興支援プロジェクト」による支援は被災関連全般を対象にしていますが、東京大学の施設の中で特に甚大な被害を受けた岩手県大槌町にある「大気海洋研究所附属国際沿岸海洋研究センター」の再建と活動支援に向けた環境整備に資するために「国際沿岸海洋研究センター活動支援プロジェクト(大気海洋研究所)」も立ち上げています。併せて、こちらへのご支援もいただきますようよろしくお願いいたします。

2011年6月
救援・復興支援室

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧