東京大学基金ホーム > 寄付の成果 > 支援プロジェクトの成果 > 「陸前高田市消防団員および消防署員への震災後サポートプロジェクト」活動報告

「陸前高田市消防団員および消防署員への震災後サポートプロジェクト」活動報告(東日本大震災救援・復興支援プロジェクト)

「消防団員・消防署員の心のケアサポート 明日のためのつながりを育む」

 医学系研究科公共健康医学専攻川上憲人教授、島津明人准教授、関屋裕希特任研究員、健康科学・看護学専攻宮本有紀講師らを中心とした「陸前高田市消防団員および消防署員への震災後サポート」プロジェクトのチームでは、現地からの要望を受けて、陸前高田市の消防団員消防署員に対し、「健康相談」および「健康教室」の開催を通じた心のケアに取り組んできました。

宮本講師、川上教授、島津准教授 セルフケアプラン作り
写真左:宮本講師、川上教授、島津准教授。写真右:自身の『ちょっと気分が良くなるプラン』を作成している様子(写真中央が関屋特任研究員)。

 本プロジェクトは2012年4月に岩手県立大船渡病院救命救急センターの副センター長から「岩手県の消防団員の心の健康が大変心配だ、支援に協力してくれる組織はないか?」との連絡が宮本講師の先輩を通じて教室に寄せられたことから始まりました。

 陸前高田市消防団団長の強い思いに支えられ、また現地の保健・医療機関のご協力をいただきながら、2012年の6~8月には消防団員の方々を対象に、こころのケアを行う「健康相談」、7~8月には身体を動かすプログラムも含まれた「健康教室」を開催し、同年11月には陸前高田市消防署の依頼を受け、消防署員全員の健康相談を行いました。また、2013年も継続して健康教室を開催しました。

 健康相談では、医師や看護師、臨床心理士などの資格を持つプロジェクトのメンバーが、相談にみえる方に対し、経済的問題など日常生活での悩みから、被災の経験の記憶についてなど幅広く相談を行いました。
 健康教室では、ヨガなどを取り入れたプログラムを行いました。これは、団員の皆様にご自身の健康について考えていただく機会を作ることができればと始めたものです。また、震災後は仮設住宅での生活や、スポーツ環境が失われたことによって、運動不足に陥りがちになるという現状があり、身体を動かす機会を作れればとの狙いもありました。参加者からは、「リフレッシュになった」「またこのような機会がほしい」などの声が寄せられました。また、2012年にご協力いただいた各機関への活動報告を行った際健康教室について「ぜひ継続してほしい」とのご要望があったため、2013年度も継続して開催することになりました。2年目の開催にあたり、プログラム内容を現地と相談しながら決定する中で、団員間の横のつながりを強化できるような取り組みに対する要望があったため、新たにチーム・ビルディングといったアクティビティをプログラムに取り入れました。

チーム・ビルディング 
(写真左)「チーム・ビルディング」と(写真右)「つながるヨガ(2人以上でやるヨガ)」の様子。仲間と組んで行うワークが多く実施された。

島津准教授「2年目の健康教室では、1人で行うヨガではなく、2人でやる、ペアで行うものを取り入れました。これは1人だけで完結するのではなく、他の方とともに行う内容を取り入れることで、仲間や、家族とともに体を動かす機会を作れればと、2年目からプログラムに追加されたものです。」

宮本講師「消防団員の方々の年齢層は、20代から50代ぐらいまでと幅広いのですが、共同で行うグループワークが、違う世代間の団員の交流の機会にもなったようです。」

川上教授「受講した方の反応としては、1年目は少し警戒しながら、緊張した様子が伺えたのですが、2年目はプログラムの内容を理解していただいた実感がありました。多くの団員に参加していただき、フランクでオープンな雰囲気でプログラムを行うことが出来ました。2年目の最後には、副団長さんからこのプログラムにお礼の言葉をいただき、とても感激しました。」

 今後は、現地の方々の意見を伺いながら、ケアサポートの「現地化」への移行の協力をしていく予定です。

川上教授「2年間プログラムを行って思ったのは、主体を消防団の方々に次第に移していかなくてはいけないということです。消防団員自らが、『自分たちは何が必要か』を考えてもらい、そこで専門家として私たちができることがあれば、技術的な協力をするという体制に今後移していければ、と思います。今後も地元の要望に応えながら、ケアの体制の現地化の過程を見守っていきたいと思います。」

※2012年度の活動報告についてはこちらでもご覧いただけます。
『陸前高田市消防団員の心の健康に関する支援活動報告書』

※肩書きはすべて活動報告当時のものです。

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧