iGEM UTokyo

世界に挑戦する学生たちが微生物で社会を変える

PJ画像

プロジェクト設置責任者

大学院総合文化研究科 准教授
若本 祐一

今年度寄付総額
4,665,000円
今年度寄付件数
15件
現在の継続寄付会員人数
0人
今年度目標額
10000000円
達成率

累計寄付総額
5,508,000円

このプロジェクトに寄付をする

iGEM UTokyoとは

 私たちはiGEM(International Genetically Engineered Machine)という国際大会に東京大学を代表して出場するチームです。2021年、東大チームは5年ぶりに出場することになりました。学年は1年生から4年生までの10数名ほどで構成されています。現在、東京大学総合文化研究科の若本研究室のバックアップを受け、全学自由研究ゼミナール「生命の普遍原理に迫る研究体験ゼミ」の授業の一環として活動しています。

iOS の画像 (1).jpg

iGEMとは
 iGEMは、年1回行われる「合成生物学」という分野の世界規模のコンテストです。世界中から名だたる大学が参加し、日本の中でも10ほどの大学のチームが参加しています。毎年11月に行われるコンテストまでに面白い機能や社会課題を解決する能力を持った微生物をデザインし、ウェブサイトやプレゼンテーション資料を作成、本番でのGold評価を得ることが目標です。iGEMで行われる合成生物学では遺伝子を「パーツ」(BioBrickと言います)として捉え、レゴブロックのようにこれらを組み合わせることで、様々な機能を生物に与えます。例えば、「赤色の色素を作る」遺伝子パーツと「農薬を検出する」遺伝子パーツがあった時、この両者を繋ぎ合わせれば「農薬を検出した時に赤色を出す」生物を作ることができるでしょう。過去のiGEMでは「まるばつゲームをする大腸菌」や「輸血の代わりに使える微生物」、「食物の中の有害物質を検知し色で教えてくれる微生物」など面白いアイデアによる生物が発表されています。

iOS の画像.jpg

iGEMを通じて得られる学生の成長
 このような説明を聞くとiGEMは遺伝子実験だけを行う活動だと思われるかもしれませんが、iGEMでは実験以外の活動も大きなウエイトを占めており、それらがコンテストでの非常に大きな評価ポイントになっています。さらに、最終的な提出物であるウェブサイトやポスターのためのウェブデザイン、グラフィックデザインなども必要になります。研究のためにはプログラミング技術も欠かせません。このように、iGEMでは学際的な幅広い活動が求められ、総合的な活動を体験できるのです。

基金の趣旨

 iGEMに参加してGold評価を獲得するためには、学生である私たちだけで負担するのが難しい額の資金が必要です。具体的にはチーム登録費で約60万円、大会出場費で約30万円、研究活動のための試薬購入費や大会の会場への渡航費や宿泊費なども含めると、毎年出場していくためには300万円近くかかる計算になります。特にチーム登録費は年々値上がりしてきていることから、2009年には約18万円だった費用が、2021年は約60万円と3倍以上になっています。10数名で活動をしているメンバーの経済的負担も大きくなってきており、現状ではGoldの獲得どころか出場すらも危ぶまれる状況です。そこで、合成生物学の分野で世界に挑戦する私たちを支援してくださる方を広く募集するため、本基金を立ち上げました。

集合写真resize.jpg

ご支援のお願い
 皆様からのご支援は、iGEMへのチーム登録費や参加費に充てる他、より質の高い研究を行うための試薬や機材の購入など、iGEMでよりよい成績を目指すための活動費用に活用させていただきます。また、より洗練された研究成果を上げることは、大会で結果を残すだけでなく、合成生物学の発展や社会問題の解決に直接的に寄与することにも繋がります。これらの目標の実現をするため、皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

このプロジェクトに寄付をする

2022年活動報告
-酵母にパスワードを掛けるプロジェクトで過去最高の成績を獲得!-

2023年02月02日(木)

PJ画像0

iGEM UTokyoは2022年度のプロジェクトとして、「当てる光の順序で酵母にパスワードをかける」というもの、通称”Optopass”を進めました。昨年Gold Prizeを受賞したのに引き続き、今年はさらに高い成績をiGEMで獲得することを目標に活動に取り組んできました。iGEMが今年度からオンラインではなくパリでの現地開催となったこともあり大変でしたが、より一層充実した活動を行うことができました。

 iGEMの活動は、実験のみに留まらず、数理モデリング、教育活動、専門家・ステークホルダーの方々との交流や、発表用のホームページ作成、プレゼン練習など、非常に多岐にわたります。五月祭における合成生物学を学べるカードゲームの企画、教育用ソフトウェア「Genochemy」の開発、高校への出張授業など、特に教育活動にも力をいれた一年でした。

 実験がうまくいかないことも多かったですが、そのような中でも成果をまとめ、パリにて発表することができました。その結果、Gold Prize、Best foundational advance nominee、Best modeling nomineeという3つの賞を獲得することができました。東大チームとしては現チームの前身であるUT-Tokyoチームの頃も合わせ、過去最高の成績を収めることができました。支援者の皆様からの寄付のおかげもあって、2年目にして成績を伸ばし続けていくことができたと考えており、改めて皆様に深く御礼申し上げます。

 iGEM UTokyoは今後も活動を続け、2023年度はSpecial PrizeやTop10入りといったさらなる高い成績を目標に活動に取り組んで参ります。弊チームの継続的な研究活動、およびiGEM世界大会への出場、さらなる躍進のため、今後ともご支援・ご応援のほど何卒よろしくお願いいたします。

S__57049131.jpg

プロジェクトの成果については、こちら(英語ページ)をご覧ください。

世界大会「iGEM」で東大チームがGold Medalを受賞

2022年12月15日(木)

PJ画像1
大会会場にて集合写真

2022年10月26日から10月28日にかけてフランス・パリにて開催された合成生物学の世界大会であるiGEM(international Genetically Engeneered Machine competition)において、iGEM UTokyoがGold Medalの受賞、Best foundational advance projectとBest modelのノミネートという成績を収めました。東大チームとしては過去最高の成績となりました。

会場の様子.jpg
iGEM本大会会場の様子


iGEMにはオンラインも含めて世界45カ国から350以上のチームが参加しました。各チームは合成生物学の技術を用いて社会課題を解決するプロジェクトを進め、その技術面や社会実装の可能性などで競い合います。

ピース.jpg
iGEM UTokyoメンバー集合写真
凱旋門.jpg
開催地はフランスパリ


今年のiGEM UTokyoのプロジェクトでは「光の順番を使った生物のパスコードシステム」に取り組みました。
詳しくはこちらをご覧ください(英語):https://2022.igem.wiki/utokyo/

 

【配信企画】成田修造が東大に寄付した理由とは!?~細胞プログラミングで世界に挑む東大生~

2022年10月18日(火)

PJ画像2

東京大学ホームカミングデイ2022にて 「慶應卒の成田修造が東大に寄付した理由とは!? ~成田弟大注目!細胞プログラミングで世界に挑む東大生~」をオンライン配信しました。
株式会社クラウドワークス取締役 成田修造様をお迎えし、iGEM UTokyoの現役・OB各メンバーと対談を行いました。
ぜひご覧ください!


東大基金活動報告会2022においてiGEMの活動を報告しました!

2022年08月30日(火)

PJ画像3

7月25日に安田講堂で開かれた東京大学基金の活動報告会において、教養学部2年の星野が、iGEM UTokyoを代表して登壇させていただきました。寄付者の皆様への感謝をお伝えするとともに、社会実装にも力を入れているiGEMという大会への理解を深めていただける貴重な機会となりました。
 
iGEM UTokyoは、現在、10月下旬にパリで開催されるiGEM Jamboree(大会)にむけて、実験や数理モデリング、審査用のWebページ作成といった活動を本格化させています。日本における合成生物学のパイオニアとして胸を張れるよう、今後もより一層の努力をしてまいりたいと存じます。
 
改めまして、皆様の温かいご支援に深く感謝いたします。
引き続きご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

フードテックニュース専門メディアのFoovoさんにiGEM UTokyoをご紹介いただきました!

2022年07月06日(水)

培養肉から次世代自販機、ロボットまで海外の最新のフードテックニュースを毎日提供されているフードテック専門メディアのFoovo(@FoodTechJapan )さんに、『微生物で世界に挑戦|合成生物学の世界大会iGEM参加のため、東大チームが1000万円の寄付募集を目指す』というタイトルで、iGEMや本プロジェクトの概要についてご紹介していただきました。

経済産業省の「未来人材ビジョン」にもふれ、国際競争力の強化や人材育成の必要性にまで言及がされており、寄付募集のニュースというだけでなく、読み物としても非常に面白い内容になっておりますので是非ご一読ください。
 
記事はこちら(Foovo)
https://foodtech-japan.com/2022/07/05/igem/

2021年活動報告
-Gold評価を獲得しました-

2022年01月20日(木)

PJ画像5

iGEM UTokyoは2021年、「酵母菌を用いた傷口の状態をモニターしてくれる創傷被覆材(絆創膏)」の作成をプロジェクトテーマとして、実験・研究活動に取り組んできました。iGEMに出場するのは5年ぶりであり、経験のあるメンバーがいない中での活動は全てにおいて手探りの連続でした。さらにコロナ禍の状況下で、実験以外の活動はほぼ全てオンラインで行われたことにより、チームとして一体感を持つことや全体での情報共有が難しく、道程をより一層厳しくさせました。

Dry班.jpg

そのような中でも、メンバー一人一人が各自の仕事をきちんとやり抜いたことで、大会本番までに必要なリサーチや実験を完了させることができました。その結果、11月に行われたiGEM本大会において、UTokyoチームは目標としていたGold評価を獲得することができました。これは東大チームとして、前身であるiGEM UT-Tokyo時代を含めて2回目のGold受賞となりました。チーム活動において様々な困難があった中、実質的に初年度でGoldという目標を達成できたことは、2022年以降の活動に向けた大きな励みになるものでした。この結果はご寄付いただいた皆様の支援がなくては成し得なかったものであり、改めて御礼申し上げます。

yeast_tubes_1.jpg

iGEM UTokyoは2年目となる2022年以降も、初年度の反省を踏まえてチームを発展させ、よりクオリティの高い研究ができるような体制を整えていく予定です。また大会ではGold評価のみならず、各部門でのトップとなる部門賞やSpecial Prizeの受賞を目指していきます。iGEM UTokyoチームの継続的な研究活動およびiGEM本大会への出場、そしてさらなる活躍のため、今後ともご支援いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

集合写真.JPG

(プロジェクトの詳細については、大会に成果物として提出したWikiが公開されていますのでそちらをご覧ください:https://2021.igem.org/Team:UTokyo )

合成生物学の国際大会2021 iGEM Giant JamboreeでGold評価を獲得しました!

2021年12月02日(木)

 今年度の国際大会である 2021 iGEM Giant Jamboreeが11/4-14にオンラインで開催されました。iGEM UTokyoも出場し、1年間の研究成果を発表しました。
その結果、UTokyoチームはGold評価を得ることができ、今年の目標を達成することができました。iGEM UTokyoとしては初出場でのGold獲得となり、前身のiGEM UT-Tokyo時代を含めても2014年以来2回目の受賞となりました。

 今年のプロジェクトについてはこちら:https://igem-utokyo.studio.site/project

 iGEM UTokyoは東大のiGEMチームとしては5年ぶりに活動し、大会に出場するという、実質的には初年度のチームでした。そのため、コロナ禍での対面活動の制限も合わさって、活動の大部分を手探りで進めてきました。その中でGold評価という目標を達成できたことは大きな喜びであり、今後の活動の励みになる結果となりました。
この結果は皆様からいただいたご寄付がなくては成し得なかったものであり、改めてお礼申し上げます。
 iGEM UTokyoは来年以降もiGEMに出場し、Gold評価のみならず、各部門でのトップとなる部門賞など、よりよい研究成果を目指して活動してまいります。しかし、iGEMへの継続的な出場には多額の資金が必要になり、そのため皆様のご支援、ご協力が大変重要となってきます。iGEM UTokyoの今後の活動とさらなる活躍のため、ご支援いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。


 

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
増野 順一 2023年01月02日 30,000円 昭和58年に農学部を卒業したころの「植物の細胞は全能化できるが動物細胞はできない」と言われていたのが遠い昔になりました。合成生物学という新しいキーワードを聞いて応援したくなりました。
<iGEM UTokyo>
******** 2022年12月29日 10,000円 グローバルでのご活躍を応援しています。
<iGEM UTokyo>
増野 順一 2022年12月23日 30,000円 自分が農学部農業生物学科にいたときにできなかったテーマに取り組んでいる皆様を応援したいと思います。
<iGEM UTokyo>
チャン ジコン 2022年11月26日 10,000円 私はNPO法人OpenPETaseを立ち上げて酵素でプラスチックごみ問題に挑戦中。合成生物学は独学だが、BioBuilder著者のNatalie Kuldellとも交流ある。iGEM大会で優勝してほしい。
<iGEM UTokyo>
那須田 桂 2022年05月24日 100,000円 のびのびと研究してください
<iGEM UTokyo>
加藤 洋人 2022年04月17日 10,000円 合成生物学を楽しんで下さい。応援してます。
<iGEM UTokyo>
石川 俊平 2022年03月20日 300,000円 東大チームの健闘を祈ります!自由な発想で夢のある生物を設計してください。
<iGEM UTokyo>
石川 俊平 2021年09月15日 100,000円 東大チームの健闘を祈ります!
<iGEM UTokyo>
清水 雅士 2021年08月25日 50,000円 合成バイオ技術で社会貢献出来るよう頑張ってください。
<iGEM UTokyo>
******** 2021年07月17日 10,000円 腎不全で愛猫を見送ったことがありますがその苦しむ様子はとても忘れる事ができません。
一日も早くこの薬が実用化されることを心から願っています。
<iGEM UTokyo>
ELLINGER JAMES 2021年06月24日 10,000円 I look forward to the results of your project!
<iGEM UTokyo>
1

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

大学院総合文化研究科
准教授
若本 祐一

今年度寄付総額
4,665,000円
今年度寄付件数
15件
現在の継続寄付会員人数
0人
今年度目標額
10,000,000円
達成率

累計寄付総額
5,508,000円

このプロジェクトに寄付をする

ご寄付の特典

「東京大学基金」の特典が適用されます。

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

― 環境に優しいクリーンな資源 ―

南鳥島レアアース泥を開発して日本の未来を拓く

PJ画像

最先端の物理、天文、数学の連携で宇宙の謎に迫る

日本発アインシュタイン:カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)

PJ画像

三陸の水産業の復興をめざして

沿岸センター活動支援プロジェクト(大気海洋研究所)

PJ画像

三崎から世界へ!奇跡の海の研究を支える

マリン・フロンティア・サイエンス・プロジェクト

PJ画像

日本と世界の変革を駆動する未来の人材育成へご支援を

変革を駆動する先端物理・数学プログラム(FoPM)支援基金

PJ画像

ヒトの知性はどのように生じるか?

ニューロインテリジェンス国際研究機構(IRCN)基金

PJ画像

分子の仕事人が世界を変える

統合分子構造解析拠点「FS CREATION」における研究と教育の支援基金

PJ画像

新しい「生命の概念」をつくる

UT7(次世代生命概念創出研究グループ)基金