東京大学フォーミュラファクトリー支援基金

創造的思考を洗練させ、唯一無二のクルマを創る

PJ画像

プロジェクト設置責任者

新領域創成科学研究科・人間環境学専攻 教授
山﨑 由大

今年度寄付総額
1,300,000円
今年度寄付件数
2件
現在の継続寄付会員人数
0人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

東京大学フォーミュラファクトリー(UTFF)とは

東京大学フォーミュラファクトリー(The University of Tokyo Formula Factory=UTFF)は、ひとり乗りフォーミュラレーシングカーを自作している東大生のものづくりサークルで、学生フォーミュラ日本大会で優勝することを目標のひとつとして活動しています。

そして、UTFFの活動は教養学部の全学自由研究ゼミナールや工学部の創造的ものづくりプロジェクトの一環でもあります。近年では、学生が機械要素的なものづくりだけではなく、EV参戦(電気駆動フォーミュラカーの製作)を通じて電気分野に関する知識も深めています。


エンジン車両時代のPV動画

画像
2023年度車両設計図


UTFFでは学生が主体となり、自ら機械工学や電気工学の知識を学習し設計を実施するとともに、鉄鋼やアルミ合金などの金属加工、近年発達している3Dプリントなどの付加加工、溶接などの接合、電子回路や配線などの作成を実施してマシン製作を進めております。抵抗からICチップなどの電子部品、ボルト/ナットからベアリング・オイルシールなどの機械部品の選定も自らの手で実施しています。

必要に応じて学外の技術指導を受けるなど、活動が学内に留まることのない実践的な教育・研究の場です。さらに、プロジェクト運営に必要な費用類の確保、ご支援くださる企業様等への説明、日程や工数の管理といった社会性なども身に付けられる場となっています。


2023年大会 全種目完走

大会への参加や日々の活動を通じて、工学的な知識・技術の獲得だけではなく、製作・試験といった実際の経験や、チームとしての広報、協力会社様との渉外などのマネジメントも含めた総合的な学びを得られます。UTFFの経験者は卒業後、自動車産業だけではなく、様々な業種で活躍しています。

 

UTFFご支援のお願い

マシン製作に必要な材料や部品の価格、大会参加中の滞在費等が年々高騰しているとともに、EV化に付随して様々なICチップや高電圧対応の特殊な部品を用意する必要があることから、現状の財源だけではチームとしての活動が制限されている状態です。また、大学構内や近郊にテスト走行が実施できる場所がないため、テストの度に移動時間と交通費がかかってしまい、マシンの評価についてはマシンの性能を評価するためのデータも、すべてをチェックすることができず、事前にかなりのチェック項目の取捨選択を迫られる状態となっています。

コストを抑えるために、解体した車体のパーツの再利用やテスト走行の実施項目を絞ることや、テスト走行にあたってマシンや道具を運搬する乗用車は自分たちで整備し、陸運局にて車検を通すなど様々な工夫に努めていますが、これらの取り組みも貴重な経験である一方、限られた活動時間の多くを占めることとなり、結果的に技術レベルを向上させるための時間が失われてしまっています。
また、大会は静岡県にて6日間開催され、準備や滞在も含めると学生の個人負担が非常に大きくなってしまうことから、大会への参加や活動自体を制限せざるを得ない学生も出てきます。

学生フォーミュラ大会優勝を目指すだけのパーツや活動環境を整えるためには皆様からのご支援が必要です。
どうか温かいご寄付を賜りますようお願い申し上げます。 



2009年大会 総合優勝時 マシン名:UTFF10
 

ご寄付の使途

いただいたご寄付は
マシン製作費 / 試験走行費 / 大会参加費 / 遠征の宿泊費
などに活用させていただきます。
 

● UTFFの主な取り組み
-マシン設計・製作
・ CAD・CAEによるデジタルを活用した設計・事前評価
・溶接・金属切削といった本格的な機械加工
・ツインモータ、リジッドアクスルなど独自性に富んだ設計の試み
・授業では実施されない、NC機械を用いたコンピュータ制御の機械加工
・ CAN通信プロトコルを用いてのモータ・インバータ・バッテリ制御
 ・低電圧(~48V)回路設計、製作(安全装置から測定道具まで)
・高電圧(~400V)のバッテリの作成、モータ・インバータの制御
・高電圧/低電圧混在の安全装置用の回路設計・製作
-プロジェクト運営
・テスト走行による車両の運動性能の評価
・プロジェクト管理ソフトウェアを使った課題管理・リスク予測
・学生によるチームメンバーの教育・人材育成
-その他チームとしての取り組み
・アマチュアサンデーレーサー市場を対象とした製品戦略の構築 (大会審査項目の一環)
 ・五月祭・駒場祭でのマシン展示と、ものづくり体験イベントとしてもモックカー作成イベント実施
・支援企業様を対象とした説明および活動報告

UTFFでできることの可能性は無限大です。 応援をお願いします!
 

【UTFFミニギャラリー】



 

このプロジェクトに寄付をする

UTFF がApple の広告「学生にMac」へ出演!

2024年03月01日(金)

PJ画像0

この度、UTFF がEV フォーミュラ・カーを製作する過程が「学生にMac」の広告で取り上げられました。Apple のMacBook 広告への出演は、UTFF の技術力とイノベーションが広く認知されるきっかけになると同時に、未来の技術革新に向けた大きな一歩へ繋がりました。たくさんの学生がこの「学生にMac」広告で夢の実現の為に努力する勇気をもらえるのではないでしょうか。

動画は以下からご覧いただけます。


今後もUTFF は、新しい技術や持続可能なソリューションに挑戦し続けます。
皆様のご支援が、未来のエンジニアたちによるイノベーションを後押ししてくれます。

これからもUTFF は、技術と情熱を結集し、未来を切り開いていく所存ですので、ぜひ、ご応援をよろしくお願いいたします。
 

2023年活動報告
-学生フォーミュラ日本大会2023にてEV部門3位を獲得しました!-

2024年03月01日(金)

PJ画像1

東京大学フォーミュラファクトリー(UTFF)は「学生がクルマをつくる」をテーマに自らの手でフォーミュラカーを設計・製作・走行し、毎年9月に行われる学生フォーミュラ日本大会の上位成績を目指しています。過去20年間はエンジン車を製作しICV部門への出場をしていましたが、今年度より新たなチャレンジとしてEVを製作・EV部門として大会に参加いたしました。

【学生フォーミュラ日本大会とは】
学生フォーミュラ日本大会は全国の学生が設計・製作したフォーミュラカーを用いて様々な競技を競う大会です。競技にはプレゼンなどを行う静的審査と、実際にマシンを走らせる動的審査の二種類あります。
今年度は静的審査が8月中旬に、動的審査が8/28~9/2にかけて開催されました。

【静的審査】
静的審査はコスト・プレゼン・デザインの3つの部門に分かれ、それぞれの題に対して資料を提出したりプレゼンを行ったりします。
今年は全種目がオンラインでの開催となりました。
・コスト:マシンパーツの図面とFCAを提出し、その正確さを競います。
・プレゼン:「実際にマシンを売るなら」というテーマの元、ビジネスプランをプレゼンします。
・デザイン:マシン設計・製作の意図や工夫を説明します。

【動的審査】
動的審査はアクセラレーション・スキッドパッド・オートクロス・エンデュランスの4競技に分かれ、それぞれの記録が点数になります。今年は静岡県のエコパスタジアム9,10駐車場で開催されました。
・アクセラレーション:直線75メートルを停止時から走り抜け、加速性能を競います。
・スキッドパッド:8の字のコースを走り、旋回性能を競います。
・オートクロス:作成されたコースを1周走ります。
・エンデュランス:作成されたコースを20周走ります。10週ごとにドライバーが交代します。

【UTFF01 Faraday】
今年度はUTFF史上初のEVを設計・製作し、学生フォーミュラ日本大会に臨みました。
命名番号を一度リセットし、電磁気学の父の一人「マイケル・ファラデー」の名前を愛称として命名しました。
このマシンの特徴としては
・ツインモータ
・トルクベクタリング
・リジッドアクスル
が挙げられます。

まず、ツインモータですが、これはモータを2つ積み、それぞれを各駆動輪に直接接続する手法です。それぞれの駆動輪を独立に制御できるのが特徴です。そして、この特性を活かしたのがトルクベクタリングです。左右の駆動輪に異なる駆動力を与えることで、旋回性能の向上や運転の快適化を果たしました。
また、UTFFの伝統の一つであるリジッドアクスルを搭載しています。これは大会開催地であるエコパスタジアムが非常に平であることから、両輪が車軸でつながっているこの手法を取り、より安定感を発揮しました。

02_2023年度マシン写真.png

【大会結果】
各部門における結果は以下の通りです。
コスト:39位(リアルケースシナリオ:2位)
プレゼンテーション:15位
デザイン:38位
アクセラレーション:30位
スキッドパッド:21位
オートクロス:28位
エンデュランス:21位
効率:1位

大会出場時に駆動系統に信頼性の問題を抱えていたため、十分な出力が出せないまま臨んだ大会となりましたが、数々のトラブルを乗り越え、EV参戦初年度にして全種目完走を成し遂げました。特にエンデュランスを完走したEVチームは2チームしかおらず、その中で時間・電費効率共にトップの成績を獲得しました。

大会の総合結果ならびに獲得した賞は以下の通りです。
総合順位:25位
EV部門内順位:3位
省エネ賞:1位
ベスト車検賞:2位
日本自動車工業会長賞:受賞

【来年度大会に向けて】
UTFFは今年得た教訓を元に来年度の大会ではより良い成績を取れるよう既に新車両の設計・製作を始めております。
具体的には、駆動に信頼性の問題があったことやまだマシンの限界性能を試せなかったことから出力を控え目にせざる負えなかったことを反省し、来年度車両のコンセプトを「Power」として信頼性と出力の向上を目指します。
来年度は力強い走行を皆様にお見せできるようメンバー一同一生懸命取り組んでいきます。
今後ともご支援・ご声援のほどをよろしくお願いいたします。

03_チームリーダーお気に入り写真.png

 

2023年度の活動報告会を実施しました!

2023年12月26日(火)

UTFF(The University of Tokyo Formula Factory)は日々ご支援いただいているスポンサーの皆様に対し、2023年度の活動報告会を実施しました。



報告会は以下のプログラムで実施いたしました。
① 2023年度の活動報告
② 2024年度大会に向けた活動紹介

1.2023年度の活動報告
2023年度UTFF のチームリーダーを務めた本澤より2023年度の活動報告を行いました。
UTFFは昨年度までエンジン車を製作しており、2023年度はEV転向の初年度でした。わからないことだらけでしたが、電気回路の勉強会を開いたり、CQ 出版様のカートレースに参加したりし、徐々にEV への理解を深めていきました。秋から設計、冬から製作を開始し、UTFF初のEV「UTFF01 Faraday」を完成させました。
しかし、メカ・電装共にトラブルを抱え、大会まで苦難続きでした。それでもメンバーはめげずに一つ一つトラブルを解決し、大会に臨むことができました。
大会結果はEV 初年度にして全種目完走、EV 3位と大躍進しました。他にもベスト車検賞2位、省エネ賞1位をいただきましたが、総合順位 25位でした。

2.2024年度大会に向けた活動紹介
2024年度UTFF のチームリーダーを務める嶋より2024 年度の方針を発表いたしました。
2023年度は駆動軸のトラブルやBMSの不調ゆえにモータの出力を控えめにして大会に臨むことになりました。その反省を踏まえ、2024年度はマシンコンセプトを「Power」とし、マシンのフルポテンシャルを発揮できる設計を目指します。そして、来年度のマシン名を「UTFF02 Faraday Model S」とし、2024年度大会の総合10位を目標に挑みます。
 

UTFF02 Faraday Model S


UTFF の活動は皆様のご支援によって成り立っております。あらためて感謝申し上げます。
学生フォーミュラ大会で優勝するためには、必要なパーツ購入や活動環境整備のために皆様からのご支援が不可欠です。一緒に目標を達成し、学生フォーミュラ大会での輝かしい成功を共に喜びましょう。
来年度も更なる高みを目指して精進して参りますので、ぜひ2024年度も応援をよろしくお願いいたします。

 

「2023年度 学生フォーミュラ日本大会」で素晴らしい成績を収めました

2023年10月26日(木)

PJ画像3

UTFF(The University of Tokyo Formula Factory)は、「2023年度 学生フォーミュラ日本大会」で素晴らしい成績を収めました。この大会には総計77チームが参加し、UTFFは総合ランキングで25位に位置し、EVクラスでは堂々の3位を獲得しました。

成果の中で特筆すべきは、UTFFがEVクラスの「エンデュランス」競技で1位に輝き、また「効率」競技では全クラスを通じて1位となったことです。加えて、省エネ賞1位、ベスト車検賞2位、および日本自動車工業会会長賞を受賞いたしました。

初めてEVクラスに挑戦したUTFFは、多くの試練に立ち向かいましたが、これらの素晴らしい成績を達成すると同時に、最も大切な目標であった「全種目完走」も成し遂げました。

今後、UTFFは制御プログラムの改善やマシンのレイアウト変更を通じて、さらなる成長を目指し、将来の大会での成功に向けて取り組んでいきます。
UTFFはこれからも努力し続け、成長を続けていきますので、これからも応援お願いいたします。



 

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
福村 友博 2024年03月19日 50,000円 日本を支える自動車産業で活躍する人材になって下さい
<東京大学フォーミュラファクトリー支援基金>
1

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

新領域創成科学研究科・人間環境学専攻
教授
山﨑 由大

今年度寄付総額
1,300,000円
今年度寄付件数
2件
現在の継続寄付会員人数
0人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の特典

「東京大学基金」の特典が適用されます。

このプロジェクトの特典

◆すべてのご寄付

PJ画像0

・年間活動報告書(PDF)の送付

◆一括5万円以上

・月刊活動報告書(PDF)の送付

◆一括10万円以上

・年間活動報告書(冊子)のご送付
・HPや、大会にて掲示するスポンサーボードへのお名前掲載
・オリジナルチームシャツ1枚 (在庫数に限りがあるため、発送が遅れることがございます。)

・マシンカウルへのお名前掲載(※法人様は企業ロゴとなります。)
※マシンの大きさが決まっており掲載できる場所と面積に限りがある都合上、サイズやデザインに制限が出る可能性がある事をご了承ください。
また、掲載準備に時間がかかる都合上、8月~9月の大会前後期間のご寄付分の掲載は次年度大会になりうることをご了承ください。

◆一括100万円以上

・お名前/ロゴ掲載時、特別な枠としてお扱いさせていただきます。

関連プロジェクト

PJ画像

日本が誇る植物園を、世界へ

Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)

PJ画像

― 環境に優しいクリーンな資源 ―

南鳥島レアアース泥を開発して日本の未来を拓く

PJ画像

最先端の物理、天文、数学の連携で宇宙の謎に迫る

日本発アインシュタイン:カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)

PJ画像

三崎から世界へ!奇跡の海の研究を支える

マリン・フロンティア・サイエンス・プロジェクト

PJ画像

三陸の水産業の復興をめざして

沿岸センター活動支援プロジェクト(大気海洋研究所)

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました。

メダカ自然集団の保全事業支援基金

詳細をみる

募集終了

PJ画像

― 人間とは何か、ともに考えるために ―

社会と未来を開くオープンヒューマニティーズ基金

PJ画像

ヒトの知性はどのように生じるか?

ニューロインテリジェンス国際研究機構(IRCN)基金

PJ画像

目指せリーグ優勝!頑張れ洋弓部!!

東京大学運動会洋弓部支援プロジェクト

PJ画像

分子科学で未来をつくる。

統合分子構造解析拠点「FS CREATION」における研究と教育の支援基金

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました。

「スーパー酵母2024」プロジェクト

詳細をみる

募集終了

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました

小型模擬人工衛星CanSatプロジェクトへの挑戦基金

詳細をみる

募集終了