体験活動支援基金(FLY Program他)

体験型活動を通じた次世代の人材育成

PJ画像

プロジェクト設置責任者

東京大学 学生支援課
課長

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

体験型活動について

体験型活動とは、授業だけでなく実社会での体験を通じて、多様な考え方や文化、価値観を学び、自らの新しいアイディアや発想力を生み出す力を身につけ、次世代を担う人材を育成するために、本学で行っている教育プログラムです。

体験型活動には、以下の3つのプログラムがあります。

  • 体験活動プログラム
  • フィールドスタディ型政策政策協働プログラム(FS)
  • FLY Program(初年次長期自主活動プログラム)

皆様からのご支援は、この3つのプログラムにおける学生の活動のために活用されます。
学生たちの意欲をご理解いただき、温かいお力添えをお願いいたします。

体験活動プログラム

1.概要
体験活動プログラムとは、東京大学の学部学生が今までの生活と異なる文化・価値観に触れるプログラムです。
プログラムを通じて新しい考え方や生活様式を学び、「知のプロフェッショナル」に必要な基礎力である、自ら新しいアイディアや発想力を生み出す力を身に付けます。
東京大学独自のプログラムとして平成24(2012)年度から国内外問わず実施され、ボランティアなど社会貢献活動、国際交流、農林水産業や地域体験、学内研究室体験など、多様なプログラムで構成されています。

2.対象者
学部学生

3.参加人数
428名(平成30年度実績)

4.活動期間
数週間~数ヶ月(各プログラムにより異なる)

5.活動例

01_.jpg

【体験活動】ベンチャー企業での社長の講義(アメリカ・ボストン)

02_.jpg

【体験活動】レール車両基地見学(イギリス・ロンドン)

03_.jpg

【体験活動】サンゴ礁調査(沖縄県石垣島)

フィールドスタディ型政策政策協働プログラム(FS)

1.概要
社会が大きな転換期にある今、多様な関係者と協働しながら、政策を立案・実行できる人材の育成は、日本社会の喫緊の課題です。本プログラムを通じ、東京大学は、社会的課題に果敢にチャレンジするリーダー人材を育成します。
本プログラムは、FSにご協力いただける県から学生の皆さんへ、地域における課題を提示していただくことから始まります。チームを組み、投げかけられた課題に対して事前調査や活動計画の立案等を行った後、地域の現場に入ります。現状について身をもって体験・把握して大学へ戻り、課題解決に向け、自ら考え、または知見を有する学内の教職員等の協力を得て、その糸口を探ります。これらの事前調査、現地活動、事後調査を通じて、1年をかけて課題解決への道筋提案を行います。

2.対象者
学部学生・大学院学生

3.参加人数
49名(平成30年度実績)

4.活動期間
約1年間

5.活動例
(1)地方創生・社会の仕組み作り
(2)伝統工芸・特産品を活かした地域振興策
(3)地域ブランド発信

このプロジェクトに寄付をする

FLY Program(初年次長期自主活動プログラム)

1.概要
FLY Programは、入学した直後の学部学生が、自ら申請して1年間の特別休学期間を取得したうえで、自らの選択に基づき、東京大学以外の場において、ボランティア活動や就業体験活動、国際交流活動など、長期間にわたる社会体験活動を行い、そのことを通じて自らを成長させる、自己教育のための仕組みです。「プログラム」といっても、大学が学習メニューをつくって提供するものではなく、その内容は学生自身の主体的な判断によって決定されます。
欧米の大学では、入学前などの時期に、こうした「寄り道」を認める「ギャップイヤー」と呼ばれる仕組みが普及・定着しています。東京大学の取組は、これに準じた、日本での先導的な試みの一つとなります。「よりグローバルに、よりタフに」学生を育成しようとする東京大学の教育改革の一環として、FLY Programは重要な意義を持つものであり、後援くださる企業・団体をはじめ、各界から大きな期待が寄せられています。

2.対象者
新たに教養学部前期課程に入学する学生

3.参加人数
毎年10名前後

4.活動期間等
1年間

5.活動例

04_flyprogram.jpg

【FLY Program】グランドキャニオン訪問(アメリカ・アリゾナ)

05_flyprogram.jpg

【FLY Program】ドイツでの学生生活

ご寄付のお申込み方法

体験活動支援基金(FLY Program他)へのご寄付については、入力画面の寄付目的に「その他」が選択されていることをご確認のうえ、「その他」の欄に「体験活動支援基金(FLY Program他)」とご入力ください。

関連URL

このプロジェクトに寄付をする

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

東京大学
学生支援課
課長

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の特典

「東京大学基金」の特典が適用されます。

このプロジェクトの特典

活動報告書のご送付&活動報告会へご招待

PJ画像0
FLY Program活動報告会の様子

本プロジェクトにご支援いただいたすべての方には活動報告書を送付し、本学主催の「活動報告会」へご招待いたします。各種体験活動を経て成長した本学学生からの発表により、学生の成長をじかにご覧いただければ幸いです。

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

最先端の物理、天文、数学の連携で宇宙の謎に迫る

日本発アインシュタイン:カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)

PJ画像

イノベーションを産む奇跡の海

マリン・フロンティア・サイエンス・プロジェクト

PJ画像

卓越性、多様性、包摂性を大切にした教育学研究をリードし、社会に貢献する

教育学部・教育学研究科教育研究創発基金「教育学部創立70周年記念基金」

PJ画像

我が国の新たな医学・医療のパラダイムシフトを発信

東京大学医科学研究所創立125周年・改組50周年記念事業「IMSUT One to Gogo基金」

PJ画像

教育から社会をかえる ~100年後の地球のために~

One Earth Guardians(地球医)育成プログラム支援基金

PJ画像

動物にも人にもやさしい世界一の動物病院を目指して

東京大学動物医療センター140周年記念基金(東大VMC基金)

PJ画像

東京大学のシンクタンク ~大学と社会を結ぶ新しい回路

未来ビジョン研究センター(※2019年4月1日をもちまして、政策ビジョン研究センター(PARI)は未来ビジョン研究センター(IFI)に組織統合いたしました。)

PJ画像

誰も知らない未開拓領域に臨み、知の最前線を拓く冒険

東京大学大学院新領域創成科学研究科 「新領域創立20周年記念基金」