教育格差問題研究基金

格差と分断に挑む「架橋する教育学」研究拠点の構築をめざして 

PJ画像

プロジェクト設置責任者

大学院教育学研究科・教育学部 研究科長・学部長 
勝野 正章

今年度寄付総額
0円
今年度寄付件数
0件
現在の継続寄付会員人数
2人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご支援のお願い

 日本社会における格差と貧困の問題は日々深刻さを増し、特に新型コロナウイルスの感染拡大はこうした深刻さに拍車をかけ、社会の分断や多様性の阻害をもたらしかねない状況です。このような状況を克服し、格差や貧困問題の本質的な解決を図る教育の重要性が増しています。
 
 教育学研究科では、グローカルな共生社会の実現に向けた格差と分断に挑む「架橋する教育学」研究拠点の構築をめざします。SDGsの視点も踏まえ、誰一人取り残さない教育と社会の実現に寄与するため、『教育格差問題研究基金』を設置しました。

 皆様より寄せられるご厚志により、教育の現場である学校や自治体、貧困家庭の子どもたちを支援するNPO法人と連携し、量的・質的調査を行います。また、「現場」での取り組みの分析・評価を進め、学術的に体系化することをめざして活動してまいります。

 くわえて、シンポジウムや報告書を通じて、「架橋する教育学」を東大から社会そして世界へ発信し、教育格差問題の解決に貢献する所存です。一人でも多くの皆様から力強いご支援を賜りますよう、何卒お願い申し上げます。

大学院教育学研究科・教育学部
研究科長・学部長
勝野 正章

具体的な活動

●自治体・学校との連携
 多様性の包摂を重視する自治体と大学の両者が、地域の学校をインクルーシブな空間に再編成するための研究とその担い手の育成事業に共同で取り組むことを通して、インクルーシブ社会の実現に 寄与することをめざしています。

▶吹田市との教育・研究交流の例
https://www.p.u-tokyo.ac.jp/archives/4768


2自治体学校との連携.png


●NPO法人との連携
 子どもの貧困や社会的格差解消に取り組むNPO法人と提携し、学術研究と社会変革を両輪とする本プロジェクトを進めています。NPOの実践フィールドへの参加を通して、「架橋する教育学」を実践する次世代の研究者を育成します。

▶NPO法人 Learning for All との連携の例
https://www.p.u-tokyo.ac.jp/archives/4715


3NPO法人との連携.JPG



●国際機関・海外の教育・研究機関との連携
 SDGsに示されているように社会的格差解消や多様性を尊重 するインクルーシブ社会の実現は、今や世界共通の課題です。本プロジェクトでは、ユネスコなどの国際機関や海外の教育・研究機関と連携して、グローカルな視点から、課題解決をめざします。

▶ストックホルム大学との国際学術研究交流の例
https://www.p.u-tokyo.ac.jp/archives/4808


4国際関係.jpg


●当事者、実践者、研究者の協働によるワークショップ
 吹田市や大阪市立大空小学校でのインクルーシブ教育の実践、NPO法人Learning for All が展開する「地域協働型子ども包括支援」などの事例をもとに、当事者と実践者と研究者が協働して、多様性が尊重されるインクルーシブな学校、地域、社会の実現をめざす有効な手立てについて意見を交わし、考え、可能なものから積極的に実行に移していきます。

●新たな価値を創出し、発信するシンポジウム
 多様性が尊重されるインクルーシブな学校、地域、社会という新しい価値についての確かな共通言語を作りだし、広く社会に向けて発信するシンポジウムを開催して、国や自治体の政策・制度にもインパクトを与えることをめざします。社会的格差と分断の悪循環を断ち切ることをめざして行われている現在の様々な取り組みの価値基盤や効果についての質的・量的調査を実施して、その結果の報告・分析も行います。

 

教育格差と私たちのめざすもの

 ごく最近まで日本は格差の小さい、平等な国だと思われていました。しかし、現実には所得格差が拡大しているだけでなく、ジェンダーや障害・能力、外国とのつながりなどによる差別や不平等が私たちの身近に満ち溢れています。子どもに目を向けると、子どもの貧困率は13.5%、とりわけ一人親世帯の子どもの貧困率は48.1%であり、いわゆる先進国の中で最高水準となっています(厚生労働省、2019年国民生活基礎調査)。この不利な条件が学校教育を通じて学力格差を生み、教育を受ける機会を制約することで、多くの子どもたちの可能性が閉ざされています。さらに、学校や地域でも多様性が尊重されず、排除される傾向が強いのが日本社会の特徴です。
 本プロジェクトは、現在の教育が学力格差を生み出し、子どもの自尊心を損なうことで社会的格差と分断の再生産に寄与している事実を冷静に分析するだけでなく、その悪循環を断ち切るのに必要な新たな価値と効果的な実践や政策・制度を当事者、実践者と協働して創出していくことをめざしています。

 

期待される成果

 すべての子どもが家庭経済的背景や、ジェンダー、障害・能力、外国とのつながりなどによる不利を被らず、豊かな深い学びと自分らしく成長する機会と空間が保障される学校、そして社会的格差と分断が解消され、多様性が尊重されるインクルーシブ社会の実現。それが、本プロジェクトに期待されるものです。そのために、自治体・学校、NPO法人、国際機関、海外の教育・研究機関と連携して、様々な取り組み事例、政策・制度を検証するとともに、新たな価値と実践を創造し、社会に向けて発信していきます。
 ぜひ多くの皆様に本プロジェクトをともに支えていただけるようお願い致します。

 

ご寄付の活用

■ 若手研究者の育成
■ フィールドワークの実施
■ 新しい実践開発や政策提言のための調査研究
■ シンポジウムやワークショップの開催
■ 報告書の作成等

 

このプロジェクトに寄付をする

2022年活動報告

2023年01月25日(水)

日本社会における格差と貧困の問題は深刻さを増し、特に新型コロナウィルスの感染拡大はそうした深刻さに拍車をかけ、社会の分断や多様性の阻害をもたらしかねない状況です。そうした状況を克服し、格差や貧困問題の本質的な解決を図る教育の重要性が増しています。

そのような背景のなか、グローカルな共生社会の実現に向けた、格差と分断に挑む「架橋する教育学」研究拠点の構築をめざす東京大学教育学部・大学院教育学研究科の活動支援のために、基金へのご寄付をお願い申し上げています。

広くご寄附のお願いをするために、2022年6月より東京大学のホームページに基金のページを開設、12月に開催された「UTokyo GIVING CAMPAIGN」にも参加しまして、貴重なご寄付やご声援を頂いております。

画像
 
画像

温かいご支援を賜り、ありがとうございました。

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
******** 2023年10月23日 10,000円 教育研究は試行錯誤だと思います。成果も何となくぼんやりしていますが、研究者が面白がることが大事だと思います。
<教育格差問題研究基金>
山本 学 2023年10月05日 100,000円 教育格差の原因は必ずしも子供の問題ではなく、親の問題だと思います。金銭的な問題だけでなく、親自身が低学歴ゆえ子供の素質・潜在能力を発見・育成できないことが大問題でしょう。教育格差問題研究基金が、親の問題をどう解決するか、具体的な提案まで進まれることを期待しております。
<教育格差問題研究基金>
******** 2023年04月07日 1,000円 メディアや政界にいる露悪的で公共性すら忘れた東大卒や金持ちにしばしば全否定され失望の下で屈辱に耐えながらどうにか生を生きる貧困層を代表してわずかばかりの寄付をする。私も大学に行きたかった。
<教育格差問題研究基金>
衞藤 隆 2023年02月11日 6,000円 教育の根幹にかかわるプロジェクトと認識し、支援します。
<教育格差問題研究基金>
山本 学 2022年12月23日 100,000円 日本の平均所得440万円未満の家庭で育った東大生は、9%しかいないと聞いています。私はその最下層9%から東大へ進学し、漕艇部先輩の援助のおかげで米国大学院へも留学できました。年収440万円以下の家庭で育った皆さん、先輩から後輩への恩送りにより逆転の人生を実現しましょう!
<教育格差問題研究基金>
******** 2022年12月07日 10,000円 いわゆる「階層の再生産」による恩恵を受けてきた身として、自戒を込めて応援します。格差を完全に取り払うことは難しいでしょうが(それが真に正しいことなのかも悩みますが)、少なくとも現状の格差は大きすぎるし、皆で意識して取り組むべき重要な課題だと考えます。よろしくお願いします。
<教育格差問題研究基金>
岡田 幸村 2022年11月11日 10,000円 寄付致します。
(東京銀杏会・岡田幸村)
<教育格差問題研究基金>
山本 学 2022年10月30日 100,000円 母子家庭で育った私は東大在学中、日本育英会奨学金、授業料免除のおかげで大学を卒業できました。貧困家庭でもポテンシャルのある子供は一定の確率でいるはずです。しかし親がダメなんですよねえ、子供の才能に気づかない。プロ野球選手ならぬ、プロの〝勉強選手〟の卵を発掘スカウトしてください。
<教育格差問題研究基金>
******** 2022年08月16日 10,000円 日本における教育格差の広がりを憂慮し、アメリカのようになる前に、実態把握と原因分析を行い、実効性のある政策につながるような研究成果を期待しています。家庭の経済力の差によって機会の不平等が生じない社会にしなければ将来に希望が持てず社会秩序や治安が保てなくなることが危惧されます。
<教育格差問題研究基金>
******** 2022年07月01日 10,000円 教育の格差を強く感じています。教育を求める者には、受ける権利は、平等であることが望ましい。
<教育格差問題研究基金>
******** 2022年07月01日 100,000円 格差。大人になってそうだったんだと思っても人生は戻らない。全ての子供達への高度な教育は未来への先行投資だと考え、支援致します。
<教育格差問題研究基金>
標葉 隆馬 2022年06月15日 30,000円 めちゃくちゃ大事なテーマだと思います。応援いたします。
<教育格差問題研究基金>
1

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

大学院教育学研究科・教育学部
研究科長・学部長 
勝野 正章

今年度寄付総額
0円
今年度寄付件数
0件
現在の継続寄付会員人数
2人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の特典

「東京大学基金」の特典が適用されます。

このプロジェクトの特典

各種シンポジウムや報告会、懇親会のご案内をお送りします。

「東京大学基金」の特典が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

日本が誇る植物園を、世界へ

Life in Green プロジェクト(小石川&日光植物園)

PJ画像

― 環境に優しいクリーンな資源 ―

南鳥島レアアース泥を開発して日本の未来を拓く

PJ画像

三崎から世界へ!奇跡の海の研究を支える

マリン・フロンティア・サイエンス・プロジェクト

PJ画像

三陸の水産業の復興をめざして

沿岸センター活動支援プロジェクト(大気海洋研究所)

PJ画像

教育から社会をかえる ~100年後の地球のために~

One Earth Guardians(地球医)育成プログラム支援基金

PJ画像

日本と世界の変革を駆動する未来の人材育成へご支援を

変革を駆動する先端物理・数学プログラム(FoPM)支援基金

PJ画像

―「捕雷役電」 受け継ぎ育み、飛躍する―

東大電気系教育発信交流支援基金 ー捕雷役電150ー

PJ画像

― 人間とは何か、ともに考えるために ―

社会と未来を開くオープンヒューマニティーズ基金

PJ画像

ヒトの知性はどのように生じるか?

ニューロインテリジェンス国際研究機構(IRCN)基金

PJ画像

最先端の物理、天文、数学の連携で宇宙の謎に迫る

日本発アインシュタイン:カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)

PJ画像

分子の仕事人が世界を変える

統合分子構造解析拠点「FS CREATION」における研究と教育の支援基金

PJ画像

目指せリーグ優勝!頑張れ洋弓部!!

東京大学運動会洋弓部支援プロジェクト

PJ画像

~遊ぶように学ぶ プレイフル社会の実現に向けて~

プレイフル社会の理論構築と社会実装プロジェクト基金

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました。

新社会を創造する化学人材育成基金

詳細をみる

募集終了

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました

小型模擬人工衛星CanSatプロジェクトへの挑戦基金

詳細をみる

募集終了

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました。

メダカ自然集団の保全事業支援基金

詳細をみる

募集終了

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました。

異才発掘プロジェクトROCKET基金

詳細をみる

募集終了

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました。

「スーパー酵母2024」プロジェクト

詳細をみる

募集終了

PJ画像

このプロジェクトは寄付募集を終了しました。

教育学部・教育学研究科教育研究創発基金「教育学部創立70周年記念基金」

詳細をみる

募集終了