未来ビジョン研究センター(※2019年4月1日をもちまして、政策ビジョン研究センター(PARI)は未来ビジョン研究センター(IFI)に組織統合いたしました。)

東京大学のシンクタンク ~大学と社会を結ぶ新しい回路

PJ画像

プロジェクト設置責任者

センター長
藤原 帰一

今年度寄付総額
100,000円
今年度寄付件数
1件
現在の継続寄付会員人数
2人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

未来ビジョン研究センターについて

※2019年4月1日をもちまして、政策ビジョン研究センター(PARI)は未来ビジョン研究センター(IFI)に組織統合いたしました。以下は(旧)政策ビジョン研究センター(PARI)の内容です。

現代では、社会で発生する諸問題を解決するために、最先端の研究成果を活用した政策の形成が求められています。東京大学の知的リソースを提供し、政策の選択肢を提示するために総長室の下に、シンクタンク機能を果たす政策ビジョン研究センター(Policy Alternatives Research Institute)を設置しました。

missionchart1.jpg

センター長からのメッセージ

 政策ビジョン研究センターは、東京大学の中に設けられたシンクタンク、政策発信を行う機関です。何をするところなのか、大学のほかの機関とどのように異なるのか、申し上げたいと思います。

 大学の第一の役割は研究です。これまでの研究を塗り替える卓越した学術研究があってこそ大学という組織の存在意義があることは申し上げるまでもないでしょう。そして学術研究の第一の受け手は、研究者。これまでの研究とどう違うのか、どこが新たな貢献になるのかを最初に理解し共有するのがその分野の研究者である以上、当然のことでしょう。
 ただ、研究者の外の世界に新たな学術貢献がどう関わるのかについては、研究者の関心は薄く、極端に言えば二次的な目的に過ぎないといってもいいくらいです。そして、学術研究を研究者のみによって展開する場合、そこから生まれた成果が研究者の世界に留まり、ひろく社会と共有する機会を失ってしまう可能性があります。

 研究と並ぶ大学の役割が教育です。新しい世代が新たな研究を展開するために最新の研究成果を新しい世代に伝える必要があることは明らかでしょう。もちろん研究者の養成ばかりではありません。大学教育によって習得した学術研究の成果が、卒業生によって社会に活かされてゆく。教育は、大学と社会との間につくられた最も重要な回路です。
 とはいえ、教育だけが大学と社会の回路であってよいとはいえません。大学を卒業してから十年、二十年と過ぎれば、キャンパスで教わった知識も古くなってしまいます。ここに、学部・大学院の教育のほかにも、大学と社会を結びつける必要が生まれます。

 このように、研究と教育を主な任務とする大学ですが、それだけでは社会との結びつきを十分に果たすことができない。そこで政策ビジョン研究センターは、学術研究を社会に活かしてゆくために、大学と社会を結ぶ新たな回路として生まれました。いわばシンクタンクですが、社会に広く見られるシンクタンクとは異なって、政策構想の基礎に、大学で蓄積された学術研究、その先端的な知がある。そのままなら研究者だけの間で共有され、消費されてしまう研究成果を、政策発信という形によって社会に結びつけてゆくわけです。
 ここで注意しなければならないのは、研究の社会的意義、レレバンスです。学術研究の世界ではそれまでにない発見を行うことがそのまま研究にレレバンスを与えますが、新しい発見が社会にとって持つ意味があるとは限りません。何が求められているのか、どのような問い、そしてどのような答えが期待されているか、そのような研究のレレバンスは研究そのものではなく、その成果の受け手との間の相互作用によって生まれることになる。単に成果をより広い世界に披露するだけでは社会への発信になりません。研究者のつくる世界の外に視点を置いて、何が成果として意味があるのかを捉える必要があります。

 その焦点は、これまでにない選択を示すことでしょう。このセンターの名称は日本語では政策ビジョン、英語ではPolicy Alternatives。つまりこれまでに見られる選択とは異なる視点と選択を提供することが目的です。発足から十年を迎えるのを機会に、このセンターが目指す目的を改めて確かめながら進んでゆきたいと思います。

 これほど大きな課題を一つのセンターで実現することはできません。学術知識を活かした課題解決への貢献、社会への新たな政策の発信、さらに課題解決を先導する人材育成の必要性を感じておられる教員、これらすべての方にご支援をいただくことではじめて私たちの抱える課題に答えることができます。さらに、経済的な基盤も必要となります。本センターのこのような活動に関心を持たれている方々からの一層のご支援、ご協力を期待しております。

センター長 藤原 帰一

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
******** 2012年08月01日 1,000円 法務省筋経由の流動資金を模索中。テロの輸出・非合法武器の輸出で一部の革命家エリートのみの独裁国家を建設しようという意見には、不賛成です。かかる意見実現のため、共産党席では死のパン屋たりうる皇太子・司組長のラテンアメリカからの資金・食料移入にも反対。
<政策ビジョン研究センター>
1

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

センター長
藤原 帰一

今年度寄付総額
100,000円
今年度寄付件数
1件
現在の継続寄付会員人数
2人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の特典

「東京大学基金」の特典が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

最先端の物理、天文、数学の連携で宇宙の謎に迫る

日本発アインシュタイン:カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)

PJ画像

イノベーションを産む奇跡の海

マリン・フロンティア・サイエンス・プロジェクト

PJ画像

教育から社会をかえる ~100年後の地球のために~

One Earth Guardians(地球医)育成プログラム支援基金

PJ画像

我が国の新たな医学・医療のパラダイムシフトを発信

東京大学医科学研究所創立125周年・改組50周年記念事業「IMSUT One to Gogo基金」

PJ画像

卓越性、多様性、包摂性を大切にした教育学研究をリードし、社会に貢献する

教育学部・教育学研究科教育研究創発基金「教育学部創立70周年記念基金」

PJ画像

誰も知らない未開拓領域に臨み、知の最前線を拓く冒険

東京大学大学院新領域創成科学研究科 「新領域創立20周年記念基金」