歴史家ワークショップ支援基金

若手歴史研究者を育成し「歴史的思考法」をひろく日本社会と共有したい

PJ画像

プロジェクト設置責任者

経済学研究科マネジメント専攻 准教授
山本 浩司

今年度寄付総額
173,000円
今年度寄付件数
19件
現在の継続寄付会員人数
5人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。


山本浩司准教授からのメッセージ
 

「歴史的思考」 ― 社会を活性化させるための基本ツール

世界的な感染拡大や金融危機に、想定を超える巨大災害。未曽有に感じられる出来事に直面する時、現在の危機を理解し乗り越える手がかりを求めて、私たちは過去と向き合い歴史を紐解きます。歴史に遡って考えることは、現在を理解し、未来を構想するための足がかりとなるはずです。

目指すべき未来社会の設計やイノベーションにおいても、工学や医学をはじめとする諸分野の学問と並んで、歴史を振り返る視点が果たす役割は小さくありません。「温故知新」という故事成語が表すように、過去を振り返り現状を的確に把握する作業が、新たな発想や将来構想には不可欠だからです。ビジネスにおいても科学技術開発においても、そして政治や政策立案においても、これは共通しています。

歴史を学ぶ意義はそれにとどまりません。

歴史研究が培ってきた「背景への想像力」は、実はメディア・リテラシーそのものでもあります。過去の事実を理解・認識しようとする時、歴史研究者は当時の人々が遺した手紙や記録を読み解き、過去を再構築します。その過程では内容そのものを鵜呑みにせず、まずそれらの史料が生み出され、受け継がれてきた背景にも目を凝らします。情報が生み出される現場を理解し、その信憑性を評価することは、あらゆるメディアをつうじて情報が飛び込んでくる現代社会において、必須の情報リテラシーと言えるでしょう。

さらには、過去を生きた人々がおかれた境遇をエビデンスに即して誠実に理解しようとすることは、現在の私たちが、物事の背景を想像し、他者に共感し、現在の「あたりまえ」から距離をとって自分たちのあり方を反省することにもつながります。歴史的思考を身につけた人が増えることは、社会をより豊かに、より公正に、より活力あるものとするための基本条件なのです。

こうした社会の活性化に必須である思考の方法を実践し、実際の研究成果を発信し、そこで培われたスキルを書物や授業を通して社会と共有するための「ベースキャンプ」となるのが歴史研究です。

 

■歴史家ワークショップパンフレット
(画像をクリックして拡大。PDF版はこちら
HW_leaflet_PDF版_2022_page-0001.jpg

HW_leaflet_PDF版_2022_page-0002.jpg

 

「歴史家ワークショップ」 ― 活性化のための仕組み

社会と経済の活性化のために不可欠であるはずの歴史的思考は、先細りしつつあります。長らく文系学問が軽視されてきた現在の日本では、歴史学や歴史的思考を担う若手研究者の育成に十分な資源が投じられず、研究者の数は減り孤立しがちです。その知見や研究成果の社会還元は個々の研究者に委ねられており、教員の待遇と労働環境が悪化する中で、社会への知識の発信は滞り、財源とロールモデルの減少によって若手研究者も減り続けるという負のサイクルが起こっています。社会を活性化するために過去から学ぶ、という活動の基盤が失われつつあるのです。

こうした現状を改善し、歴史研究を盛り上げ、歴史的思考法とその成果を社会に還元するために、私たちは2016年から「歴史家ワークショップ」という事業を行ってきました。当ワークショップは東京大学経済学研究科を拠点とし、日本各地と国内外の歴史研究者有志によって運営されています。設立から5年間、私たちは大学院生を中心とする全国の歴史系研究者を対象に、初めての英語発表から英文原稿の推敲と査読のノウハウ、一流国際誌への投稿、一般向け講演の技術と実践まで、国内外で最高水準の研究者に期待される成果発信の工程をシームレスに支援し、学術成果を社会と共有する場を提供してきました。

歴史系の研究者は、文学部に在籍する日本史や西洋史研究者に限らず、医学の歴史ならば医学部に、法と政治の歴史であれば法学部に、理系・文系の諸分野をまたがる多くの学部に点在しています。こうした様々な学問領域において活躍する歴史研究者が有志として集い、専門分化した学会・研究室や個別研究者単位の努力を補完する活動を行なっています。全国の若手研究者を支える私たちのこれまでの活動の成果は、オックスフォード大学出版局の発行する歴史学分野のトップジャーナル Past & Present誌への日本人研究者として40 年ぶりの掲載決定(2022年刊行予定)という形でも現れています。

専門的研究を支援するだけでなく、歴史研究を広く内外に発信し、世代を超えた知識の継承を可能にするために、100年続く学問の基盤を形成したい。過去の出来事やその意義を多様な史料を手掛かりに誠実に解き明かそうとするあらゆる人や組織と協働し、歴史的に思考することの価値や楽しさを社会と共有したい。歴史学分野のみならず、人文社会科学分野全体の活性化に寄与することも、私たちは企図しています。過去を振り返り、良い前例に学び過ちを繰り返さないよう思考し行動することの価値と必要性が、実感を伴って受け継がれていく社会。歴史的背景を考えることが汎用性の高いスキルの一つとして認知され、奨励され活用される社会。そのような社会の実現を、私たちは目指しています。

組織と活動の詳細はこちらをご覧ください。

歴史家ワークショップHPはこちら

図1

 

社会発信

一般参加者に「研究者の問題関心」を知ってもらうとともに最新の歴史研究の知見を社会に還元するため、参加型ワークショップや連続講座などを企画・開催しています。英米圏のアカデミアで重視されつつあるパブリック・エンゲージメントを若手研究者が企画・実践する、ボトムアップの取り組みです。

2018~19年には、国立西洋美術館で開催中の美術展に合わせた講演会シリーズ「『ミケランジェロ展』を3倍楽しむ。」「『ルーベンス展』を3倍楽しむ。」「『ハプスブルク展』を4倍楽しむ。」を行いました。それぞれの芸術が生まれた時代背景を新進気鋭の研究者が解説し、好評を博しました。

図2.png

2019~20年に2回開催した「史料読解ワークショップ」では、専門家による解説の後、事前配付された資料を用いて参加者同士が議論するグループワークを行い、過去の史料を読み解く楽しさと難しさを共有しました。

図2-2.png

 

図2-3.png

 

 

2020~21年に開催した連続講座「伝記の読み方を考える」では、歴史上の偉人のイメージの形成に伝記が果たしてきた役割について考えました。講演動画はYouTubeで配信され、講演録の書籍化も予定されています。

図3.png

 

ご支援のお願い

「歴史家ワークショップ」は卓越した研究者を輩出し、世界最高水準の研究成果を広く社会に還元することを目標に、事業の組織化と拡充を進めています。日本の歴史研究を活性化させ、その知見に基づいた未来社会像の構築を加速させる諸活動は、東京大学の重要なパブリック・エンゲージメントです。当事業の継続とさらなる発展のために、この度「歴史家ワークショップ支援基金」を設立し、皆さまからのご支援をお願いすることとしました。当基金を通じていただくご支援は大学発の社会貢献事業に活かされ、より良い未来社会の構築につながるでしょう。皆さまの温かなご理解・ご協力、そしてご支援を心よりお願い申し上げます。

このプロジェクトに寄付をする

新シリーズ「困難の時代に歴史を学ぶ・歴史から学ぶ アカデミア×ビジネス」始動

2022年11月07日(月)

PJ画像0

日頃から歴史家ワークショップをご支援いただき、誠にありがとうございます。

歴史家ワークショップでは今年度より、Warm Heart Cool Head(代表:山崎大祐さん)と共同で、「困難の時代に歴史を学ぶ・歴史から学ぶ アカデミア×ビジネス」と題する新たなイベントを対面及びオンラインで開催しております。

本イベントは、「歴史的思考」の面白さの共有を念頭に具体的なテーマを設定し、歴史研究者によるレクチャー(話題提供)の後、途上国の素材と職人の手仕事から生まれたバッグ、ジュエリー、アパレルで知られる株式会社マザーハウスの代表取締役副社長でもある山崎さんをファシリテーターとして座談会および交流会を行うものです。

初回となった10月12日(水)のテーマは「ビジネスは社会課題を解決できるのか」。ゲストスピーカーには、鎌倉投信株式会社 代表取締役社長の鎌田恭幸氏、Forbes JAPAN執行役員Web編集長の谷本有香氏をお迎えしました。

会場の小島ホールに集ったおよそ40名に加え、オンラインでも80名近い皆様がご参加くださいました。参加者の皆様には、ビジネスとアカデミアの枠を超えた熱い議論を堪能していただけたことと思います。

なお、講義のなかで紹介のあった文献は以下の4冊です。

●キース・ライトソン(著) 中野忠、山本浩司(翻訳)、山本浩司(解説)『イギリス社会史 1580-1680 ――経済・社会秩序・文化』ちくま学芸文庫(2022)
●ジョオン・サースク (著)、三好洋子 (翻訳)、山本浩司(解説)『消費社会の誕生 ――近世イギリスの新規プロジェクト』 ちくま学芸文庫(2021)
●三宅秀道(著)『新しい市場のつくりかた』(東洋経済新報社 2012)
●安西洋之、中林鉄太郎(著)『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか? 』日経BP(2011)

開催後のアンケートには、「時間が短い」「盛り込みすぎ」「テンポが速すぎる」といったご意見も複数いただきました。じっくり議論し、思考を深める時間も確保できるよう工夫していきたいと考えております。

次回以降の「困難の時代に歴史を学ぶ・歴史から学ぶ アカデミア×ビジネス」にもご期待ください。

困難の時代に歴史を学ぶ・歴史から学ぶ アカデミア×ビジネス
https://historiansworkshop.org/category/public_history/academia_business/

〈参加者の声〉
アンケートにご記入いただいたコメントの一部は以下の通りです。ご協力くださった皆様に心より感謝いたします。

「20年以上ビジネスの世界で生きていて、歴史からビジネスを見たこと、考えたことが一度もなかったので、新しい見方、切り口を持つきっかけをいただき大変感謝している」

匿名希望 様(社会人)

「資本主義の仕組みの歴史を踏まえた議論がかなり面白かった」

東京大学工学部機械情報工学科 ドゥルーヴ アイヤ 様

「社会課題をビジネスで解決することを志し、自分も起業したが、今はそのような形のビジネスがある種「流行」となっているように感じる。この「流行」が終わったらどうなるのか、歴史という観点、過去の事例から学びがあり、少し心が軽くなった」

匿名希望 様(社会人)

「(本シリーズが)これから面白くなりそうな予感をすごく感じた」

ソニー株式会社 村中 沙織 様

「オンライン参加だったが、登壇者の熱気が伝わってきた。次回を楽しみにしている」

匿名希望 様(社会人)

「ビジネスは単に私益を追求する合理的な経済・金融の論理だけで動いているのではなく、当該社会の文化や人々の認識や描く社会像によって変化し得る。歴史学は単に過去を見るだけでなく、現代社会がもつ思考枠組みをあぶり出し、人々に希望を与えることができるのだと改めて実感できた」

匿名希望 様(学生)

歴史家ワークショップ ウェブサイト
https://historiansworkshop.org/

講演の様子
 
ご参加いただいた方々
 
 
イベントポスター

歴史家ワークショップのリーフレットを作成しました

2022年10月27日(木)

日頃から歴史家ワークショップをご支援いただき、誠にありがとうございます。

歴史家ワークショップでは今年度、ロゴマークを新たに作成するとともに、公式ウェブサイトを全面的に刷新しました。組織全体の見取り図や、これから開催されるイベントがこれまでより把握しやすくなっています。引き続き多彩なイベントを開催して参りますので、ぜひ一度ご覧ください。

歴史家ワークショップ ウェブサイト
https://historiansworkshop.org/

同時に、代表メールアドレス(お問い合わせ先窓口)を変更しました。
info@historiansworkshop.org

さらに、歴史家ワークショップの取り組みをより多くの皆さまに知ってもらうための試みとして、以下のようなリーフレットを作成しました。今後の主催イベントで来場者の皆様に配布するほか、東京大学本郷キャンパスのUTCC(東京大学コミュニケーションセンター)等にも配架します。
以下をご覧いただけましたら幸いです。

(画像をクリックして閲覧できます。PDF版はこちら
HW_leaflet_PDF版_2022_page-0001.jpg

HW_leaflet_PDF版_2022_page-0002.jpg

このような広報活動が展開できておりますのも、日頃の皆さまのご支援のおかげです。
今後とも歴史家ワークショップにご注目いただけますよう、何卒よろしくお願いします。

多言語論文執筆セミナー、第12回「フロントランナー・シリーズ」を開催しました

2022年07月26日(火)

日頃から歴史家ワークショップをご支援いただき、誠にありがとうございます。

2022年7月5日(火)、講師に神戸学院大学教授・松田ヒロ子さんをお迎えし、若手研究者の国際発信力強化を目的とする多言語論文執筆セミナー、第12回「フロントランナー・シリーズ」を開催いたしました。

フロントランナー・シリーズは、ノンネイティブの若手研究者が直面する「外国語での論文執筆における壁」を認識し、乗り越えることを目指し、2020年度にスタートしたセミナーです。

参加者は論文の執筆術だけでなく、異なるフォーマットの学術アウトプット(博士論文・単著・編著の一章分担当など)の書き分け方・書き換え方といった応用技術まで、具体的な体験談を聞きながら理解を深め、実践のための知恵を蓄積することができます。

歴史家ワークショップ初のハイブリッド(対面およびオンライン)開催となった第12回にはおよそ40名の歴史研究者が集い、ユーモアに満ちた松田教授の歯切れよいお話に、質疑応答も盛り上がりました。

松田先生はオーストラリア国立大学で博士号を取得されたのち、以下の通り英語と日本語の両方で単著を出版されています。

◆『沖縄の植民地的近代ーー台湾へ渡った人びとの帝国主義的キャリア』(世界思想社 2021)
https://sekaishisosha.jp/book/b570406.html

◆Liminality of the Japanese Empire: Border Crossings from Okinawa to Colonial Taiwan (University of Hawaii Press 2019)
https://uhpress.hawaii.edu/title/liminality-of-the-japanese-empire-border-crossings-from-okinawa-to-colonial-taiwan/

開催後のアンケートには、「学会発表の意義や英文ジャーナルに投稿する意味など、見失いかけていた大切なことを教えていただいた」、「失敗談と成功談のバランスが絶妙に良かった」といったご意見が寄せられました。


左:講師の松田ヒロ子先生/右:松田先生の著作

歴史家ワークショップは、所属機関や専門領域の垣根を超えたコミュニティ形成とスキル共有のため、若手研究者自身によるイベントの企画運営を支援しています。上記のイベントは、京都大学大学院に所属する2名がファシリテーションを担当しました。

なお、歴史家ワークショップでは2022年7月27・28日に同じく若手研究者の国際発信力強化を目的とする第15回「リサーチ・ショウケース」を開催するなど、今後も様々な企画が目白押しです。

詳しくは歴史家ワークショップのウェブサイトをご覧ください。

「史料読解ワークショップ」を開催しました

2022年05月26日(木)

PJ画像3

日頃から歴史家ワークショップをご支援いただき、誠にありがとうございます。

2021年の史料読解ワークショップ:議事録編に続き、2022年2月19日(土)と3月12日(土)、講師に速水淑子氏(横浜市立大学)と中島浩貴氏(東京電機大学)をお招きし、史料読解ワークショップ:言説編「書き手と読み手を読む」をオンライン(Zoom)開催いたしました。今回は大学院生や大学教員に加え、中学・高校の教員や官公庁の職員も含む延べ50名の皆さまがご参加くださいました。

開催報告は以下に掲載しております。

●史料読解ワークショップ:言説編「書き手と読み手を読む」開催報告書
企画者である峯沙智也さん(東京大学博士課程)による報告です。
 


●史料読解ワークショップ:言説編「書き手と読み手を読む」参加レポート
参加者のおひとり、宇野真佑子さん(東京大学博士課程)によるレポートです。
 

 

3人の写真

左から、講師の速水淑子先生、企画・司会進行の峯沙智也さん、講師の中島浩貴先生


グループワークでは、事前に講師から配付された資料を題材に参加者同士が闊達に議論しました。また、海外に史料調査に行くことができないコロナ禍の状況のため、オンライン公開されているデジタルアーカイブを活用して歴史研究を進める手法も学びました。参加者からは、「文学作品を歴史資料として扱うことについて考える機会となってとても良かった」「研究テーマの新たな視点を得ることができた」「自身が高校教育に関わっていることもあって、大学の方々の意見を聞けて良かった」といった声が寄せられました。

ーーーーーーーーーー
この他以下のようなイベントを開催いたしました。

1)国際発信力強化
◆リサーチ・ショウケース
 ・第1回日本語リサーチ・ショウケース(2022年2月21・22日、発表者13名/参加者25名)
◆フロントランナー・シリーズ:多言語論文執筆セミナー
 ・フロントランナー・シリーズ11(2022年3月17日、参加者39名)
◆国際シンポジウム
 ・海外の日本中世史研究:「日本史」・自国史・外国史の交差(2022年3月8日、発表者・コメンテーター6名/参加者98名)

2)知識共有・ピアサポート
◆コーヒータイム・シリーズ
 ・Coffee Time Series 7「研究と多様なキャリアプラン」(2022年1月28日、参加者27名)
 ・Coffee Time Series 8「当事者ミーティング」(2022年2月28日、参加者10名)
◆パブリック・エンゲージメント
 ・史料読解ワークショップ:言説編「書き手と読み手を読む」(2022年2月19日、参加者37名/3月12日、参加者13名)

----
歴史家ワークショップは、所属機関や専門領域の垣根を超えたコミュニティ形成とスキル共有のため、若手研究者自身による企画を支援しています。上記のイベントは、東京大学総合文化研究科・博士課程に在籍する院生が企画及び当日の司会進行を担当しました。今後も高度な研究成果を広く社会と共有するイベントを展開していく予定です。

 

2021年活動報告
-オンラインで数多くのプログラムを実施!-

2022年01月25日(火)

PJ画像4

歴史家ワークショップはユニークでシームレスな支援を通じて歴史学研究者の研究能力と発信力を高め、国際的にも評価される高度な研究成果を社会に還元することを目指し、
1)国際発信力強化
2)知識共有・ピアサポート
3)社会との成果共有
を3つの柱として、数多くのプログラムを実施しています。2021年4月から12月にかけて、いずれもオンラインで行われた事業は以下のとおりです。

1)国際発信力強化
◆リサーチ・ショウケース
・第13回リサーチ・ショウケース (2021年7月28・29日、発表者15名/参加者30名)
・第14回リサーチ・ショウケース (2021年11月9・10日、発表者13名/参加者25名)

◆フロントランナー・シリーズ:多言語論文執筆セミナー
・フロントランナー・シリーズ7(2021年5月20日、参加者45名)
・フロントランナー・シリーズ8(2021年7月15日、参加者35名)
・フロントランナー・シリーズ9(2021年9月8日、参加者63名)
・フロントランナー・シリーズ10(2021年11月17日、参加者20名)

◆英文校閲ワークショップ
・第4期英文校閲ワークショップ(2021年4月8日~8月19日、全9回、参加者各回9~60名/のべ179名)
・原稿検討会(2021年6月7日~8月9日、全8回、参加者各回約6名)

 歴史家ワークショップ支援基金_画像1.jpg
英文校閲ワークショップ参加者の論文が国際的トップジャーナルに掲載されました


◆国際シンポジウム
・Health, Body, and the Profit Motive: Medicine as a Business in History(2021年11月19-20日、発表者14名/参加者40名)

2)知識共有・ピアサポート
◆コーヒータイム・シリーズ
・Coffee Time Series 5「あなたの研究を3分で」(2021年7月23日、発表者8名/参加者37名)
・Coffee Time Series 6「研究者のライフプラン:留学・博論・育児」(2021年9月24日、参加者38名)

◆スキル・ワークショップ
・「スライド道場 リターンズ!」(2021年10月25日、発表者2名/録画再生回数約200回)
・「歴史地図を描く:研究発表に使える作画法」(2021年7月27日、発表者1名/参加者95名)

歴史家ワークショップ支援基金_画像2.png
「歴史地図を描く:研究発表に使える作画法」で作画を実践する講師


◆特別ワークショップ
・特別ワークショップ「日本の大学で西洋史学を教える:教室での実践から」(2021年5月15日、於武蔵大学、第71回西洋史学会と共催、参加者240名)

◆Tokyo Digital History
・Tokyo Digital History第2回研究会(2021年6月30日、参加者17名)
・Tokyo Digital History第3回研究会(2021年7月29日、参加者17名)

3)社会との成果共有
◆パブリック・エンゲージメント
・「配信時代のアウトリーチ」(2021年9月25日、録画再生回数約2,000回)

(修正)歴史家ワークショップ支援基金_画像3.png
「配信時代のアウトリーチ」では気鋭の研究者かつ人気ユーチューバーのお二人を講師に迎えました

各プログラムの詳細は、歴史家ワークショップウェブサイトをご参照ください。

皆さまからいただきましたご厚志は、これから実施される同様のプログラムに、大切に使わせていただきます。引き続き、温かいご支援をよろしくお願いいたします。

 

本会参加者の論文がPast & Present誌に掲載されました

2021年12月14日(火)

PJ画像5

歴史家ワークショップへの温かなご支援をありがとうございます。

この度、本会運営委員でもある安平弦司さん(日本学術振興会・武蔵大学・ユトレヒト大学)が執筆した論文、’Transforming the Urban Space: Catholic Survival Through Spatial Practices in Post-Reformation Utrecht’が、英歴史学雑誌Past & Presentオンライン版(advance access)に2021年12月13日(日本時間)に掲載されました。
 
1952年創刊のPast & Present誌は、英語圏でもっとも著名な総合歴史雑誌の一つとして知られ、本誌から論文を出版することに成功した若手研究者は、その分野の新たなリーダーとしてひろく認知されます。安平さんの論文はオープンアクセス化されており、末尾のリンクから全文を無料で閲覧・ダウンロードできます。紙媒体としては255号(2022年5月)に掲載予定です。

この度安平さんが公表された論文は、2019年10月から2020年3月にかけて開催されていた第2期英文校閲ワークショップや、2019年11月開催の原稿検討会にて検討したものです。歴史家ワークショップ一同、日本に拠点を持つ西洋史研究者としては前例のない安平さんの快挙を祝い、今後ますますのご活躍を期待しています。

論文要旨(和文)はこちらからご覧いただけます:https://historiansworkshop.org/2021/12/13/yasuhira_pp/
論文・論文要旨(英文)はこちらから:https://doi.org/10.1093/pastj/gtab014
 

活動報告をYouTubeにて公開しています

2021年11月12日(金)

東京大学基金活動報告会2021 第2部オンライン交流会冒頭にて行いました、プロジェクト活動報告の動画です。

開催日:2021年9月29日
録音・録画はお控えください。
交流部分は非公開としています。

スキル・ワークショップ「歴史地図を描く」を開催しました

2021年09月14日(火)


歴史家ワークショップYouTubeチャンネルはこちら


歴史家ワークショップへのご支援をありがとうございます。2021年7月27日(火)に開催され、好評を博したスキル・ワークショップ「歴史地図を描く」の開催報告および録画動画をご覧いただけます。
 

開催報告はこちら

講師の衣笠太郎先生がお話される様子
企画・司会進行の吉田瞳さんがお話しされる様子

白地図に境界線を書き込む様子1

拡大した白地図にマウスで境界線を丁寧に描いていきます…

白地図に境界線を書き込む様子2

「液タブ」だと描線も少し楽だそうです

歴史家ワークショップは高度な学問的訓練を持続可能な形で行うため、所属機関や専門分野を超えたコミュニティ形成とスキル共有のための若手研究者自身による企画を支援しています。京都大学博士課程に在籍する大学院生の企画・司会進行による上記イベントは、学生や研究者だけでなく出版編集者や高校教員など幅広い参加者約100名を集め、悩める人々の地図作成スキル向上に寄与しました。

*同じ企画者による「配信時代のアウトリーチ」(9月25日(土)21:00~23:00)では、YouTubeやSNSを駆使して研究成果の発信を行う気鋭の歴史家2名(藤村シシンさん、ヒロ・ヒライさん)をお招きします。歴史家ワークショップ公式YouTubeチャンネルで生配信しますので、ぜひご覧ください。

詳細はこちら

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
******** 2022年11月01日 10,000円 歴史的思考は社会にとって、とても大切だと思っています。応援しています。
<歴史家ワークショップ支援基金>
齊藤 太一 2022年10月13日 3,000円 歴史業界の活性化、持続性の向上を歴史ビジネスで目指しています!歴史家ワークショップさんの活動が、さらに盛り上がることを信じています。
<歴史家ワークショップ支援基金>
武末 朝生 2022年03月29日 50,000円 『「歴史的思考法」をひろく日本社会と共有したい』という山本浩司先生のメッセージに感銘致しました。「歴史家ワークショップ」を通じた社会貢献に賛同しております。

日本が誇る気鋭の歴史学者、山本浩司先生の利他的・献身的な社会貢献を微力ながら支援させていただくことができれば幸甚に存じます。
<歴史家ワークショップ支援基金>
八十川 紀夫 2022年02月27日 300,000円 津波、噴火、洪水など自然災害の歴史を視覚化し政策に反映させることがようやく始まりました。噴火による寒冷化がフランス革命や田沼意次の失脚を引き起こし、松平定信や二宮尊徳のように事前準備と手際よい対策で危機を救った人物も現れる。歴史の教訓を政策立案に活かせるか?歴史は面白い。
<歴史家ワークショップ支援基金>
******** 2021年12月31日 10,000円 歴史的思考は社会を活性化させるための基本ツールというキャッチフレーズにハッとしました。情報がこれだけ溢れている現代において、歴史を学ぶフレームワークを教えていただきたい。是非とも100年、いや、もっと長く続く「歴史研究」という学問の基盤を作ってください。応援しています。
<歴史家ワークショップ支援基金>
******** 2021年12月29日 35,000円 博論執筆中、歴史家ワークショップのイベントにお世話になりました。現在はIT企業で専門技術職として勤めていますが、このような活動が100年単位で続いていくことを願っています。わずかな額ですがお役立てください。
<歴史家ワークショップ支援基金>
八十川 紀夫 2021年09月28日 300,000円 今年の新入社員20数名に「ヒトラー」を知っているか?
と聞くと、一名を除き「名前も知らない」ということでした。50歳台の管理職たちも「学徒動員」は聞いたこともないということでした。
右派左派で分裂した歴史観のため近代史を教えてこなかった現状は恐ろしい状態と思います。
歴史家ガンバレ。
******** 2021年09月11日 5,000円 知の根幹は人文系にありますが、近年、東大の技術・工学重視、人文系軽視の傾向が顕著であり、大変憂慮しています。私自身は数学と法学を学んだ者ですが、数学は理系、法学は社会科学とするのは誤りであり、いずれも人文系と言うべきです。僅かな金額ではありますが、お力になりましたら幸いです。
<歴史家ワークショップ支援基金>
島村 光子 2021年07月30日 10,000円 とても良い事業だと思います。僅少ですが、若手研究者を応援する機会をいただき感謝しています。
<歴史家ワークショップ支援基金>
金城 亜紀 2021年07月06日 30,000円 若手歴史研究者が活躍できる社会の構築を願います。
<歴史家ワークショップ支援基金>
******** 2021年06月29日 10,000円 様々な研究成果を楽しいにしています。微力にて恐縮ですが支援させて頂きます。
<歴史家ワークショップ支援基金>
島田 仁 2021年06月26日 100,000円 戦後成長を最高の目標としてきた日本では、歴史は軽んじられ、きちんとした記録を残そうとしても上司から遊びは止めろと言われた。成長が止まって20年以上も経つのに、成長が最大の目標と考えるのが主流のように見える。その中で、歴史家養成プロジェクトが基金の中に出てきたのは本当に嬉しい。
<歴史家ワークショップ支援基金>
田村 正人 2021年06月26日 100,000円 私は法学部に進学しましたが、中高生のときは史学を強く志望していました。山本准教授のコメントを読み、当時のことを思い出しました。少しでも若い歴史家の助けになれば幸いです。
<歴史家ワークショップ支援基金>
******** 2021年06月20日 10,000円 ここから続々と面白い研究が出てきますように!
<歴史家ワークショップ支援基金>
1

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

経済学研究科マネジメント専攻
准教授
山本 浩司

今年度寄付総額
173,000円
今年度寄付件数
19件
現在の継続寄付会員人数
5人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の特典

「東京大学基金」の特典が適用されます。

このプロジェクトの特典

  • 歴史家ワークショップ主催の各種イベントをご案内いたします(原則としてメールでお知らせいたします)
  • 個人/企業の方々向けの限定イベントや研修プログラムを検討中です

「東京大学基金」の特典が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

最先端の物理、天文、数学の連携で宇宙の謎に迫る

日本発アインシュタイン:カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)

PJ画像

~動物にも人にもやさしい世界一の動物病院を目指して~

東京大学附属動物医療センター未来基金(東大VMC基金)

PJ画像

難治性がんの克服を目指して

スキルス胃癌、膵癌、大腸癌に対する腹腔内化学療法の研究開発

PJ画像

三崎から世界へ!奇跡の海の研究を支える

マリン・フロンティア・サイエンス・プロジェクト

PJ画像

教育から社会をかえる ~100年後の地球のために~

One Earth Guardians(地球医)育成プログラム支援基金

PJ画像

ヒトの知性はどのように生じるか?

ニューロインテリジェンス国際研究機構(IRCN)基金

PJ画像

日本と世界の変革を駆動する未来の人材育成へご支援を

変革を駆動する先端物理・数学プログラム(FoPM)支援基金

PJ画像

変革を駆動する大学へ

未来構想ビヨンド2020プロジェクト

PJ画像

分子の仕事人が世界を変える

統合分子構造解析拠点「FS CREATION」における研究と教育の支援基金

PJ画像

国際舞台で活躍する優秀な人材を社会へ輩出

PEAK奨学金制度(東京大学総合文化研究科・教養学部基金)

PJ画像

東京大学から世界へ 飛び立つ学生を応援する

Go Global 奨学基金(東京大学在学学生留学支援・海外派遣事業)

PJ画像

卓越性、多様性、包摂性を大切にした教育学研究をリードし、社会に貢献する

教育学部・教育学研究科教育研究創発基金「教育学部創立70周年記念基金」