がん予防プロジェクト

積極的ながん予防法の確立に向けて

PJ画像

プロジェクト設置責任者

医学部附属病院 泌尿器科 教授
久米 春喜

このプロジェクトに寄付をする

がんの予防効果が期待される薬、ナフトピジル

 ナフトピジルという主に前立腺肥大症に伴う排尿障害の治療に用いられている薬には、あらゆるがん種においてがん細胞を抑制する効果が期待されています。既に動物実験では効果が確認され、人間においても過去の症例を調べる研究(後ろ向き研究)ではナフトピジルを服用した症例において前立腺がんの発生頻度が約50%減少したという研究結果が報告(参考文献は最下部をご覧ください)されています。

グラフ.jpg

 私たちは、ナフトピジルが本当にあらゆるがん種への抑制効果を持つのかを検証するため、まず前立腺がんに焦点を当て、将来にわたる服用の効果を測定するための臨床研究(前向き研究)を2016年より開始しました。日本では近年、前立腺がんの罹患数・死亡数ともに増加傾向にあり、毎年約9万人が罹患し、それにより毎年約1万2千人が亡くなっています(出典:国立がん研究センターがん情報サービス)。この研究が証明されれば、日本で年間4万5千人、世界で年間66万人の前立腺癌患者を減らすことができます。同様に、前立腺癌の死亡を日本で年間6千人、世界で年間20万人減らすことができると期待されます。

 前立腺がんで効果が実証されれば、その後はあらゆるがん種に対しての臨床研究へ進みたいと考えております。しかし、あらゆるがん種への応用へ進むためにも、まずは前立腺がんの予防効果についてしっかりと臨床研究を進め、実証していく必要があります。

がん予防研究の現状とこのプロジェクトの意義

 世界的に見ても、がん予防の研究はなかなか進んでいません。現状での予防法は禁煙する、過度な飲酒を避ける、野菜をとるなど、生活習慣の改善によって異常な細胞ができるだけ出来ないようにする消極的なものが一般的です。これらは勿論重要なのですが、細胞は毎日分裂を繰り返しており、いくらリスクを減らしても、いつか異常な細胞の発生が起きるのは避けられません。また、紫外線のように日常生活では避けようがない原因と考えられているものも多数あります。

 しかし、実際に異常な細胞が発生してしまった場合でもそれを修復する様々な力を人は持っています。その中の一つにアポトーシス(細胞の自殺)があります。アポトーシスがあることで、異常な細胞は複製されずに死滅するようにプログラムされるのです。いま私たちが予防効果を検証しているナフトピジルはがん細胞のアポトーシス死を促進します。下の画像の青い斑点はがん細胞で、赤い斑点はアポトーシスを起こしている細胞です。これにより、がん細胞の増殖を抑制します。

ナフトピジルなし.jpg

青:すべてのがん細胞 赤:アポトーシスを起こしている細胞

ナフトピジルあり.jpg

ナフトピジルがん細胞増殖抑制効果水色.png

 ナフトピジルのがん予防効果が実証されれば、生活習慣の改善によってがん細胞の発生確率を抑える従来の予防法ではなく、薬の服用によって積極的にがん細胞の増殖を抑える未来の予防法が実現するのです。 

 さらに、予防だけでなく治療の観点へも応用の可能性があります。ナフトピジルが従来の抗がん剤治療と大きく異なる点は、がんでない正常な細胞のへの影響が異なることです。抗がん剤は正常な細胞も異常な細胞も傷害します。これは、正常な細胞は何とか耐えられるけれども、がん細胞のような異常な細胞は耐えられない具合の量で投与していくことでがん細胞を死滅させていく薬なのです。これに対しナフトピジルは、正常な細胞を長生きさせながら、がん細胞は死滅させることができるのです。

がん患者さんの非がん部(アポトーシス死が少ない).JPG

がん患者さんの正常な細胞の様子。画像の多くを占める茶色の部分はアポトーシス死が起こっていないことを示しており、正常な細胞を長生きさせていることがわかる。

がん患者さんのがん部(アポトーシス死が多い).JPG

がん患者さんのがん細胞の様子。上の画像と比較すると茶色の部分がほとんどなく、がん細胞は死滅が進んでいることがわかる。

ご支援のお願い

 2016年に開始した研究は、2020年4月現在、科学的に必要な症例数に対して既に7割以上の登録数を達成し、研究途中で行われた解析でも予想通りの数値が確認されるなど、順調に進んでいます。そして、目標の登録数に到達後は3年の経過観察を経てから前立腺がんの発生頻度を測定する予定となっています。しかし、2021年度で受託研究の契約が終了するため、2022年度以降、残り2年間の観察期間を継続するための資金を新たに調達しなければ、臨床研究を続けることができません

 私たちが実施しているような前向きの発がん調査研究では、大変多くの症例を長年にわたり経過観察する事が要求されます。しかし、莫大な費用がかかる一方で、出資者に対する直接的な経済的リターンが少なく、このような研究において資金提供先を探すことは困難です。この研究では、研究の実施方法を工夫することで必要な症例数や費用を低く抑えることに成功していますが、ナフトピジルは既に専売特許も終了し、20社以上の企業によって製造・販売されていることから、効果が実証されても各企業が得る利益は大きくなく、支援に繋がりにくいのが現状です。この研究の社会的インパクトに賛同していただける皆様からのご支援がどうしても必要なのです。 

 いただいたご寄付につきましては、臨床研究の経過観察・最終解析・最終報告書作成にかかる費用に使わせていただきます。臨床研究では、多くの施設から収集したデータをマネジメントし、また、それらを実際に施設へ訪問して照合するモニタリングをおこなうことで、効果の検証をより確実なものとします。この臨床研究をしっかりと前に進め、がん予防の未来を切り開くため、皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

研究代表者
東京大学医学部附属病院
泌尿器科学教室
山田 大介

yamadasensei.png
 

参考文献

(1) Kanno T, Tanaka A, Shimizu T, Nakano T, Nishizaki T: 1-[2-(2-Methoxyphenylamino)ethylamino]-3-(naphthalene-1-yloxy)propan-2-ol as a Potential Anticancer drug. Pharmacology 2013.
(2) Iwamoto Y, Ishii K, Sasaki T, Kato Y, Kanda H, Yamada Y, Arima K, Shiraishi K, and Sugimura Y: Oral Naftopidil Suppresses Human Renal-Cell Carcinoma by Inducing G1 Cell-Cycle Arrest in Tumor and Vascular Endothelial Cells. Cancer Prevention Research 2013.
(3)Yamada D,Nishimatsu H, Kumano S, Hirano Y, Suzuki M, Fujimura T, Fukuhara H, Enomoto Y, Kume H and Homma Y: Reduction of prostate cancer incidence by naftopidil, an α1-adrenoceptor antagonist and transforming growth factor-β signaling inhibitor. International journal of Urology 2013.

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
八十川 紀夫 2020年09月02日 500,000円 アスコルビン酸や鉄分などビタミン・ミネラルやたんぱく質の十分な補給がベースになりますが、副作用の心配が少ない予防薬ができれば安心感が飛躍的に向上すると思います。
成功をお祈りします。
<がん予防プロジェクト>
鬼塚 磐雄 2020年08月30日 20,000円 ささやかですが、支援させていただきます。是非、成果を上げてください。
<がん予防プロジェクト>
木谷 謙介 2020年08月28日 100,000円 研究の成功をお祈り申し上げます。
<がん予防プロジェクト>
1

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

医学部附属病院
泌尿器科 教授
久米 春喜

このプロジェクトに寄付をする

10万円以上のご寄附

本研究の責任者による解説付きのがん予防に関する論文を進呈いたします。
また、最先端のがん予防の学術的知見に関する特別セミナーにご招待いたします。

100万円以上のご寄附

本研究の成果報告の論文に謝辞を掲載いたします。

関連プロジェクト

PJ画像

最先端の物理、天文、数学の連携で宇宙の謎に迫る

日本発アインシュタイン:カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)

PJ画像

難治性がんの克服を目指して

スキルス胃癌、膵癌、大腸癌に対する腹腔内化学療法の研究開発

PJ画像

動物にも人にもやさしい世界一の動物病院を目指して

東京大学動物医療センター140周年記念基金(東大VMC基金)

PJ画像

イノベーションを産む奇跡の海

マリン・フロンティア・サイエンス・プロジェクト

PJ画像

教育から社会をかえる ~100年後の地球のために~

One Earth Guardians(地球医)育成プログラム支援基金

PJ画像

東京大学のシンクタンク ~大学と社会を結ぶ新しい回路

未来ビジョン研究センター(※2019年4月1日をもちまして、政策ビジョン研究センター(PARI)は未来ビジョン研究センター(IFI)に組織統合いたしました。)

PJ画像

ヒトの知性はどのように生じるか?

ニューロインテリジェンス国際研究機構(IRCN)基金

PJ画像

卓越性、多様性、包摂性を大切にした教育学研究をリードし、社会に貢献する

教育学部・教育学研究科教育研究創発基金「教育学部創立70周年記念基金」