東京大学基金ホーム > プロジェクトカテゴリ一覧 > 教育・研究の支援 > One Earth Guardians(地球医)育成プログラム支援基金

One Earth Guardians(地球医)育成プログラム支援基金

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

このプログラムが目指すこと

image

人類は誕生以来、微生物、植物や動物、鉱物など、地球上のあらゆる「もの」を利用して生きてきました。しかしまた、経済価値を優先した産業開発は、私たちの「唯一かけがえのない地球(One Earth)」に大きなダメージを与えてきています。持続可能で環境調和型の科学技術の確立は、「農学」という学問領域においても喫緊の課題となっています。

One Earth Guardians育成プログラムは、「私たちは、生物として100年後の地球に何ができるか」という課題に正対する研究・教育プログラムです。
ヒトを含めた生物の共存共生と利用を目指す「実学」としての「農学」の原点に立ち返り、これまでヒトが地球上の資源を利用することで起こしてきた問題を俯瞰的に洗い出し、解決法を研究、実践していくような科学者の集団=One Earth Guardians(地球医)を育成し、この分野の研究『One Earthology(ワン・アーソロジー)』を推進していくことが、このプログラムの目的です。
ジェネラリストや専門家の域を超えて、現場や、全体を俯瞰した問題設定をする能力と、各専門分野でのトップの実力を持つ科学者を育成し、そのネットワークを形成させます。


image

プログラムの概要

このプログラムは、実学に立脚し、大学の既存の教育の枠にとらわれず、社会の意見を聞きながら双方向でつくられます。現場の知見を取り入れたアクティブラーニングやインターンシップを通して、参加者全員が教育・研究の対象となり、学生や教員に加えて、企業や省庁の方々が集まる場を創ります。そして、共に問題を探し、解決法を研究し、これを社会実装していくような活動を実践します。

SDGsへの貢献

国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs=Sustainable Development Goals)に貢献します。


SDGs

このプログラムの特徴

教育からスタートして社会を変えていくプログラムであり、効果が確認できるまでは時間がかかります。したがって、今、始めなければならないプログラムです。

100年にわたる継続的な活動により、研究科、大学、国の枠を越える学問領域の形成を目指します。

100年後の地球で、人類が他の生物と共存共生できるように、One Earth Guardians(地球医)育成プログラム支援基金にご協力をお願いします。


image
ヒトは
すべての生物の健康に
生存を支えられている
最も弱い生物です
  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

お問合せ先
〈ご寄付に関するお問い合わせ〉 〈プログラム内容に関するお問い合わせ〉
東京大学基金事務局 東京大学 大学院農学生命科学研究科
〒113-8654 東京都文京区本郷7-3-1 One Earth Guardians育成機構/One Earth Guardiansオフィス
電話:03-5841-1217 〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1
Email:kikin.adm★gs.mail.u-tokyo.ac.jp Email:one_earth_g★ofc.a.u-tokyo.ac.jp
(※電子メール送信の際はどちらも★をアットマークに直してください)
  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧