経済学部資料室支援プロジェクト
〜貴重な資料を次世代に〜

かけがえのない文化遺産を未来に残したい
経済学部資料室にご支援を

PJ画像

プロジェクト設置責任者

経済学図書館長・経済学部資料室長 教授
石原 俊時

今年度寄付総額
1,150,000円
今年度寄付件数
26件
現在の継続寄付会員人数
0人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

初めまして、経済学図書館長の石原俊時です。経済学部資料室では100年以上にわたって、日本の歴史を語る上で欠かすことのできない資料の収集・保存に努めてきました。経済分野においては質・量ともに国内有数の本資料室所蔵資料は、まさに日本が誇る文化遺産といえます。これを後世に残さなくてはいけないという思いから、本基金を立ち上げました。そのための第一歩として、デジタルアーカイブ化や歴史資料の収集・保管を担う専門職であるアーキビストを育成したいと考えております。皆様の温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。
 

資料室には貴重な資料が大量に眠っています

歴史資料というと公文書をイメージされる方が多いかもしれませんが、公の歴史に関わる資料だけでなく、民間の歴史に関わる資料にも着目しなければ、この国の歴史、特に近現代史を語る上では不十分です。経済学部資料室では大正時代から、官公庁や各種団体の資料にとどまらず、企業資料を収集し、現在では数十万点に及ぶ資料を所蔵しています。
 

02_資料.jpg


経済学部資料室では特に、産業に関わる一次資料を、経営者(「企業」)、労働者(「労働」)、統制者(「国家」)の三方向から満遍なく収集しています。特に企業など民間の資料については、公的保存機関が無い上に、その維持管理は資料の生成主体の浮沈と密接に関係するため、そもそも長期的に保存されること自体が稀なものです。資料室では各種ルートを通じてこうした保存困難な資料の収集に努めており、その所蔵数は日本でも屈指の量を誇ります。
 

新渡戸稲造から寄贈されたアダム・スミス文庫

当資料室では産業資料に加えて古今東西の社会科学関係の古典籍も収集しており、われわれが所蔵する最も有名なコレクションに「アダム・スミス文庫」があります。1920年、当時東京大学の教授で国際連盟の理事も兼ねていた新渡戸稲造がイギリス滞在中に、「経済学の父」とも称されるアダム・スミスの旧蔵書のうち約300冊を古書店で購入し、経済学部の独立を記念して寄贈しました。

03_スミス文庫.jpg
 

アダム・スミスは、生前に原稿を全て焼却処分してしまったために、著作以外の活動についてわからない点が非常に多いとされています。スミスの蔵書分析を通じて、これまで謎とされていたスミスの知的世界の理解が大きく進むという点でこの文庫は極めて貴重です。

過去を未来に伝えるデジタルアーカイブ

こうした歴史資料は、デジタルアーカイブを活用することによって、資料の破損・劣化防止はもちろんのこと「特定の場所に行かないと見ることができない」といった時間的、地理的な制約はなくなり、世界中のより多くの人がデータを共有でき、多くの研究に役立てることができます。

しかしながら、経済学部資料室が所蔵する数十万点におよぶ資料群のうち、媒体変換が必要な資料のデジタル化を完了するには、技術者の雇用・育成、撮影機材の拡充がまだまだ足りていないという現状があります。

デジタル化を含む資料保存には、1ページあたり約100円の経費が必要です。皆様からのワンコインのご寄付が歴史資料の保存・修復・デジタル化への第一歩につながります。

04_デジタルアーカイブ.jpg



このプロジェクトに寄付をする
 

 

まだまだ知られていないアーキビストの存在

「アーキビスト」という職業をご存知でしょうか。アーキビストは文書の管理・保存の専門家です。図書館司書、博物館学芸員とともに日本の歴史資料の保存を担う専門職の一つで、資料にとってみれば総合的な判断を下せる医師(ホームドクター)のような存在でもあります。貴重な資料を次の世代に繋げるには、デジタルアーカイブのほかにも、文書管理・保存のプロフェッショナル「アーキビスト」の存在が欠かせません。

05_資料修復.jpg

しかしながら、日本ではまだ認知度が低く、また、学芸員や司書は国家資格であるのに対し、アーキビストには資格もありません。資料の収集・保存を専門の知識を持たない一般の職員が行っているケースが非常に多いという実情を踏まえ、公文書や行政資料に関する制度は整えられつつあるのですが、企業など民間の資料に関する制度の整備はまだまだ遅れています。このような状態が長く続けば、後世に残していくべき貴重な資料が失われていくことになります。企業資料を多く所蔵する当資料室だからこそ、その欠落部分を補うことができると考えています。
 

アーキビストを育成し、その社会的役割を知ってもらいたい

貴重な文化遺産を未来に残すためには、アーキビストを育成し、その役割をもっと知ってもらうことが必要です。
経済学部資料室では、企業史料協議会をはじめとする各種関連団体と協働し、アーキビスト育成プログラムの確立に貢献していきたいと考えております。 また、学部学生や院生に対して全学体験ゼミナールなどを通じてアーキビストの営みに直接触れる機会を設けると同時に、公開講演会等の開催によりアーキビストの社会的役割をなるべくたくさんの方に知っていただく活動をさらに展開してまいります。

皆様の温かいご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

このプロジェクトに寄付をする

東大活動報告会2022において経済学部資料室見学ツアーを実施しました

2022年09月07日(水)

常日頃からの当資料室の活動へのご理解ご支援、改めて感謝いたします。

さて、去る7月25日(月)、3年ぶりの東大基金活動報告会においてプロジェクト体験ツアーを執り行い、経済学部資料室も寄付者の方々にご見学いただきました。

今回は経済学部図書館にて実施、図書館ロビーに並べられたアダムスミス文庫から選定した資料及び『国富論』『資本論』『人口論』など経済学の古典の初版本についての解説の後、撮影室へ移動、資料室長代理の小島からの説明に続いて、貴重な資料を子々孫々に至るまで受け継ぐための撮影とデータ化の作業の様子をご覧いただきました。質疑応答では活発な質問も行き交い、我々としても大変嬉しく思いました。足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

今回は経済学図書館でのご案内となりましたが、当基金への寄付者の方への特典ツアーは小島ホールにある経済学部資料室にて開催し、当資料室にて保管している貴重な資料を更にご覧いただくと共に、資料保存の裏側についても様々にご案内することを計画しております。

是非ともご検討ください。

このプロジェクトに寄付をする

寄付目的・支援先を指定できます
お名前 日付 金額 コメント
土井 宗之 2022年05月21日 100,000円 ノーベル経済学賞勝ち取っていただきたいです
<経済学部資料室支援プロジェクト~貴重な資料を次世代に~>
上田 智延 2022年04月21日 30,000円 プロジェクトの趣旨に賛同します。
また、経済学図書館・経済学部資料室の蔵書に関心があります。
<経済学部資料室支援プロジェクト~貴重な資料を次世代に~>
八十川 紀夫 2022年04月14日 300,000円 近過去の歴史的事実を多くの国民が知ることがまともな民主主義の基盤。
ねつ造された事実も、ねつ造を暴く文書もありのままにさらけ出すのが良いように思います。
ただ整備するだけでなく、複眼思考の人が増えるようアクティブな情報発信を期待します。
<経済学部資料室支援プロジェクト~貴重な資料を次世代に~>
1

このプロジェクトに寄付をする

PJ画像

プロジェクト設置責任者

経済学図書館長・経済学部資料室長
教授
石原 俊時

今年度寄付総額
1,150,000円
今年度寄付件数
26件
現在の継続寄付会員人数
0人

このプロジェクトに寄付をする

東京大学へのご寄付には税法上の優遇措置が適用されます。

ご寄付の特典

「東京大学基金」の特典が適用されます。

このプロジェクトの特典

※ご支援に対し感謝の気持ちを込めて、寄付者のお名前を東京大学経済学図書館・経済学部資料室のWebサイトに掲示させていただきます。なお、お申し込みの際、東京大学基金芳名録へお名前の掲載を希望されなかった方は、東京大学経済学図書館・経済学部資料室Webサイトへのお名前の掲載も控えさせていただきます。
07_特典.JPG

一括5千円以上のご寄付

経済学図書館・経済学部資料室オリジナル絵葉書3枚セット(写真の中からランダムに3枚選ばせていただきます)

一括1万円以上のご寄付

経済学図書館・経済学部資料室オリジナル絵葉書5枚セット

一括3万円以上のご寄付

経済学図書館・経済学部資料室入館証
経済学図書館・経済学部資料室オリジナル絵葉書5枚セット

一括10万円以上のご寄付

経済学図書館・経済学部資料室見学会へのご招待
経済学図書館・経済学部資料室入館証
経済学図書館・経済学部資料室オリジナル絵葉書5枚セット

「東京大学基金」の特典が適用されます。

関連プロジェクト

PJ画像

最先端の物理、天文、数学の連携で宇宙の謎に迫る

日本発アインシュタイン:カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)

PJ画像

動物にも人にもやさしい世界一の動物病院を目指して

東京大学動物医療センター140周年記念基金(東大VMC基金)

PJ画像

難治性がんの克服を目指して

スキルス胃癌、膵癌、大腸癌に対する腹腔内化学療法の研究開発

PJ画像

イノベーションを産む奇跡の海

マリン・フロンティア・サイエンス・プロジェクト

PJ画像

教育から社会をかえる ~100年後の地球のために~

One Earth Guardians(地球医)育成プログラム支援基金

PJ画像

ヒトの知性はどのように生じるか?

ニューロインテリジェンス国際研究機構(IRCN)基金

PJ画像

変革を駆動する大学へ

未来構想ビヨンド2020プロジェクト

PJ画像

卓越性、多様性、包摂性を大切にした教育学研究をリードし、社会に貢献する

教育学部・教育学研究科教育研究創発基金「教育学部創立70周年記念基金」

PJ画像

東京大学創設140周年記念

中央食堂リニューアル事業

詳細をみる

募集終了

PJ画像

東京大学創設140周年記念

山上会館リノベーション事業

詳細をみる

募集終了