東京大学基金ホーム > プロジェクトカテゴリ一覧 > 教育・研究の支援 > 未来社会協創(FSI)基金

未来社会協創(FSI)基金

東京大学の新たなミッション

写真:東京大学総長 五神 真
東京大学総長
五神 真

東京大学は1877年の創設以来、人材育成および学術研究の面で日本の近代化に貢献してまいりました。昨今では、大学の使命の根幹である教育と研究に加えて、益々複雑化する社会的課題の解決も重要な使命となってきました。


個を活かしつつ、調和的に発展する社会をどのように創っていくか、この喫緊の課題に正面から向き合うことが東京大学の新たなミッションと認識し、未来社会協創(FSI)推進本部を2017年に立ち上げました。


未来社会協創事業が目指す方向性は、国連が2030年に向けて採択したSDGs(持続可能な開発目標)の理念と合致します。東京大学が文理を越えて有する「知」を集積し、SDGsを媒介に学内外の連携を深め、皆様と一緒により良いインクルーシブな未来社会を協創していきます。


人類社会に貢献する「未来社会協創事業」にご賛同いただき、力強いご支援を賜りたくお願い申し上げます。



FSI:Future Society Initiative = 未来社会協創
SDGs : Sustainable Development Goals = 持続可能な開発目標

未来社会協創(FSI)基金 ご支援のお願い

未来社会協創推進本部が主導する未来社会協創事業(FSI事業)の取り組みを支え、その目標を実現するための基金として「未来社会協創(FSI)基金」を設立しました。


未来社会協創事業 Future Society Initiative

東京大学の学術研究は多岐にわたりますが、その全てが必ずしも最初から注目されるわけではありません。ノーベル賞を受賞する研究も、20年、30年とコツコツと積み上げた結果です。


現在、注目度の高い研究のみにご寄附が集中しますと、未来社会は偏ったものになってしまいます。基礎的な研究や地味な研究のなかにも、未来社会を協創するために重要な研究が多く含まれています。


活動例1


また、これらの研究を支えていくのが優秀な若手人材です。奨学金制度や留学プログラムを充実させて育成するとともに、若手研究者の安定したポストを増やしていくことが、より良い未来社会を持続的に創っていくためには必須です。


活動例2


FSI基金は、より良い未来につながる様々な研究やプロジェクトに活用させていただきます。



皆様のご支援を心よりお願い申し上げます

ご寄付の方法

未来社会協創(FSI)基金へのご寄付については、入力画面の寄付目的に「その他」が選択されていることをご確認のうえ、「その他」の欄に「未来社会協創(FSI)基金」とご入力ください。


ご寄付のお申込みはこちらから↓(寄付目的はすでに選択されていますので変更不要です)


ありがとうございます。ピンバッジ

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧