東京大学基金ホーム > プロジェクトカテゴリ一覧 > 教育・研究の支援 > マリン・フロンティア・サイエンス・プロジェクト

マリン・フロンティア・サイエンス・プロジェクト

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)


➤English(英語版はこちら)

世界一生物種が多いエリアに作られた研究施設

東京大学三崎臨海実験所は、1886年(明治19年)に現在の三崎の町に我が国最初の、世界でも最も歴史の古い臨海実験所の一つとして設立されました。1897年(明治30年)より、生物相の豊かな油壺に移転し、2012年で創立126周年を迎えました。設立以来、多数の国内外の研究者・学生に利用され、その数は年間延べ3万人にもなります。我が国における生物学の発展に大いに貢献をしており、世界的にも、ウッズホール海洋生物学研究所(米)・ナポリ臨海実験所(伊)・プリマス臨海実験所(英)と共に海産動物研究の歴史に大きな足跡を残しています。

三崎が研究に最適な理由

三崎周辺は世界一豊かな生物相を持っています。この一帯は、相模湾の深海生物と黒潮の潮流に乗った生物が多く生息しており、そこへ東京湾からプランクトンを豊富に含んだ海水が流れ込むという環境にあります。そのため、海の生物にとって非常に生息しやすいエリアとなっているのです。東大の初代動物学教授として就任していたE. モースも、この豊富な生物相に着目し、東京大学に臨海実験所を設立するよう進言したのです。

●第1期計画(2012年4月~2017年3月完了 目標1億円)
三崎に海洋生物の研究者を集め、情報と成果を凝縮することで、ビジネスと産業を創出、三崎から、日本と世界に貢献するプロジェクトです。

  1. 若手研究者の活動支援、国際交流のための拠点
    日本国内だけではなく、世界からさまざまな分野の若手研究者たちを招きたいと考えています。多様な専門家が集まることで、研究成果はより多彩に、より深化していくからです。そのための寄宿舎や、交流のための施設を作りたいと考えています。
  2. 研究成果の特許取得、ビジネス・産業への応用
    当研究所が行っている研究は、医学に波及します。そのため、研究成果は特許やビジネスへと結びつきやすく、収益化しやすいものと考えています。利益の一部は再度研究に投下され、循環されていく…そんなモデルを構築します。
  3. 産業の創出、三浦市から日本へ、世界へ
    海外では、大学や研究機関が企業・行政と協力体制を敷き、研究成果で産業を興こすというケースが多く見受けられます。三崎の自然環境から得られる海洋生物研究を元に、地元に還元できる新たなる産業を創り出したいのです。
  4. 次世代の研究者を育てるための海洋教育の中心地に
    三浦市の各小中学校を中心に臨海実習など、海洋教育を実施していきます。また、そのための施設や人員の拡充を図ることで、次世代を担う子供たち、若者たちへの海洋教育の中心地にしていきたいのです。

所長からのメッセージ

写真:赤坂 甲治

海が拓く、先端生命科学
海洋生物からバイオ・医学・産業へ

三崎は「宝の海」です。相模湾の深海と黒潮に乗った生物が多く生息し、そこへ東京湾のプランクトンを豊富に含んだ海流が流れ込みます。東大の初代動物学教授として就任していたモースも注目した、世界一生物相の豊かな海なのです。

そして、この海には大きな可能性を秘めた研究課題も眠っています。海洋生物の基礎研究をバイオや医学に推し進めることで、産業を創出することが可能です。三崎から「メイド・イン・ジャパン」の新しい技術が生まれる…。ちょっとワクワクしてきませんか。

アメリカのウッズホールや、イタリアのナポリ、イギリスのプリマスなど著名な海洋生物研究所があります。三崎臨海実験所は、これらの世界的な研究所とひけをとらない立ち位置にいます。ただ、大きく異なるのは、研究予算の規模なのです。

日本では国立大学の予算の範囲内で研究が行われており、成果も限定的にならざるを得ません。そのため、欧米に先を越され特許を独占されてしまう、という事態も少なくないのです。

研究成果は特許の取得につながり、富をもたらします。三崎が「宝の海」だというのは、そういう意味も込めてのことです。低迷する日本経済を立て直す新しい産業を三崎の海から立ち上げたいのです。

「マリン・フロンティア・サイエンス・プロジェクト」に、ぜひご協力ください。

東京大学
三崎臨海実験所
所長 赤坂 甲治

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

    • この記事をブログやSNSで紹介してください。
      オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

    プロジェクト一覧