東京大学基金ホーム > プロジェクトカテゴリ一覧 > 学部・研究科・研究所・センター支援 > 宇宙線研究所若手支援基金

宇宙線研究所若手支援基金

  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

人類への貢献を目指す若い人が活躍できる社会であってほしい

ご支援のお願い

梶田 隆章

 2015年ノーベル物理学賞の受賞につながった研究成果は、多くの研究者の情熱の賜物です。実験装置「スーパーカミオカンデ」は100 人に満たない研究者が、約1年間で完成させました。その裏では、情熱を持った若手研究者が大きく貢献しました。

 私はありがたいことに、比較的早くに安定したポジションに就くことができ、将来のキャリアに心配することなく研究に専念できました。しかし、現在の若手研究者は厳しい状況が続いています。例えば、東京大学に在籍する研究者全体に対する任期付き教員の割合は、2006年には43% でしたが、2012年には60% を超えました。

 私は、人類への貢献を目指す若い人が、できるだけ多く活躍できる社会であってほしいと願っています。そのための人材の育成は大学に課せられた使命です。「宇宙線研究所若手支援基金」は、若手研究者・研究スタッフの安定した雇用・育成のために設立されました。

 宇宙線研究所は、宇宙からやってくる宇宙線やニュートリノ、重力波などを観測し、最も大きい宇宙と最も小さな素粒子の神秘に迫ります。宇宙線研究所若手支援基金を活用し、優秀な研究スタッフを育成し、長期間安定的に雇用できる体制を整えます。国民の皆さまからのご支援を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

東京大学宇宙線研究所長 梶田 隆章

基金の使途

人材の雇用・育成  優秀な研究者・研究支援スタッフを確保し、長期間安定的に雇用すること

宇宙線研究所の活動

宇宙ニュートリノ研究部門 高エネルギー宇宙線研究部門 宇宙基礎物理学研究部門
Super-Kamiokande Cherenkov Telescope Array KAGRA
ニュートリノの性質を探る 高エネルギー宇宙線の
  発生メカニズムや起源を探る
重力波を直接検出する
陽子崩壊を探索する 暗黒物質の対消滅により発生
  するガンマ線を観測する
宇宙初期の銀河形成過程を探る
暗黒物質を直接検出する 大統一理論や超対称性理論を
  理論的に探る
  • このプロジェクトに寄付をする
  • 個人の方
  • 卒業生の方
  • 教職員の方
  • 法人の方
  • English

※給与からの一部控除はこちら(教職員の方のみ)

  • この記事をブログやSNSで紹介してください。
    オンマウスで表示されるアイコンから伝えたいメディアを選べます。

プロジェクト一覧